神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

IMG_5324
自宅にトラックが突っ込んだ、元任侠山口組総本部長補佐・四代目絆連合会長で、現在は六代目山口組三代目弘道会傘下野内組舎弟・二代目北村組組長の西川純史

2019年02月07日未明、元任侠山口組『四代目絆連合』会長で、現在は六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』舎弟である西川純史の、大阪市生野区にある自宅に軽トラックが突っ込む事件が発生した。玄関付近が破損したが、ケガ人は無かった。

西川純史は10年以上も任侠山口組の織田絆誠代表とともに歩んできたが、2018年09月に任侠山口組を離脱して六代目山口組へ移籍していた。続きを読む

IMG_5046

2018年12月01日、六代目山口組『四代目誠友会』傘下『藤弘組』組長ら2人が、恐喝の疑いで逮捕された。逮捕容疑は北海道網走市の飲食店経営者から、みかじめ料として現金3万円を脅し取ったというもの。藤弘組はオホーツク管内にある唯一の暴力団だとされる。

2019年01月31日、六代目山口組『四代目誠友会』傘下『藤弘組』組長は網走署に解散届を提出し、藤弘組は解散した。これで北海道のオホーツク管内にあった暴力団はすべて消滅したとみられている。続きを読む

IMG_5322

2019年02月15日、六代目山口組系組員ら2人が、常習賭博の疑いで逮捕された。逮捕容疑は新潟市中央区の雑居ビルの1室で、スロット台を設置して客に賭博をさせたというもの。 続きを読む

IMG_5200

2019年01月25日、六代目山口組系組員やクリニック開業医など、計5人が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は生活保護者を診療したように装い、福岡市から不正に診療報酬をだまし取ったというもの。

2019年02月15日までに、六代目山口組系組員やクリニック開業医ら計5人が再逮捕され、新たに患者役の生活保護者2人が逮捕された。続きを読む

Roku

2019年02月12日、六代目山口組『四代目誠友会』組員が、証人威迫の疑いで逮捕された。逮捕容疑は北海道札幌市にある留置施設で、裁判の証人である男と面会した際、共犯の男が裁判で不利にならないよう威迫したというもの。 続きを読む

IMG_5318

2018年11月23日までに、住吉会『幸平一家十三代目』幹部の『堺組』組長や、関東連合OBの『堺組』幹部など4人が、東京都暴排条例違反などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は条例で禁止されている中学校の近くに組事務所を開設したというもの。組事務所はスポーツジムとして登記されていたが、ジムとしての運営実態は無かったという。

2019年02月13日、新たに住吉会『幸平一家十三代目』傘下『堺組』組員で関東連合OBの松嶋クロスら2人が逮捕された。この事務所は、元関東連合メンバーの実家のお好み焼き屋を改装して作ったとみられ、松嶋らは応接セットを購入したり、改装工事に関与していたという。続きを読む

IMG_4866

2018年01月10日、同じ組織の幹部を射殺していたとして国際指名手配されていた五代目山口組『弘道会』傘下『十代目伊勢紙谷一家』元組員が、潜伏先のタイのロッブリー県で逮捕された。地元住民が元組員の画像をフェイスブックにアップしたことから居場所が判明し、逮捕に繋がった。

2018年02月02日、逮捕されていた十代目伊勢紙谷一家元組員が日本に強制送還された。02月22日、十代目伊勢紙谷一家元組員は殺人と銃刀法違反の罪で起訴された。10月05日、十代目伊勢紙谷一家元組員の論告求刑公判で、検察は懲役18年を求刑した。

2018年10月18日、十代目伊勢紙谷一家元組員の判決公判で、裁判長は懲役13年の判決を下した。2019年02月13日、十代目伊勢紙谷一家元組員の二審の判決公判で、裁判長は一審の判決を支持した。続きを読む

IMG_5249

2019年02月12日、神戸山口組総本部長で『正木組』組長の正木年男が、総本部長を辞任して舎弟に直っていたことが分かった。正木組長は神戸山口組の井上組長から、組織運営をめぐって叱責されたとみられていて、納得いかない正木組長は総本部長の辞任を申し出たという。続きを読む

IMG_5247

2019年02月05日、写真週刊誌のFLASHは、俳優の哀川翔と神戸山口組『五代目山健組』系組長が2人で写っている写真を掲載した。この写真は鹿児島のイベントの際に楽屋で撮影されたとみられているが、哀川はFLASHの取材に対し「写っているこの人とは全然面識がない。僕はそういう方(反社会勢力)とは付き合いがない」として交際を否定している。 続きを読む

image
有罪判決を受けた二代目輝侠会元会長

2018年04月頃、任侠山口組直参の『二代目輝侠会』会長が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は暴力団であることを隠して生活保護を受給していたというもので、逮捕後に二代目輝侠会会長は任侠山口組から脱退した。

この二代目輝侠会元会長は若い頃に暴力団員として活動した後に引退し、整体師として関西圏や海外に事業を展開して成功していたが破綻状態に陥り、任侠山口組に加入したが、会費も生活保護費で支払う状況だったという。 続きを読む

↑このページのトップヘ