fujiken3

2020年12月03日朝、岡山県倉敷市にある神戸山口組『三代目熊本組』傘下『三代目藤健興業』の組事務所で、拳銃が発砲される事件が発生した。事件後すぐに六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員ら2人が警察署に出頭し、銃刀法違反の疑いで逮捕された。

この事件の後、三代目藤健興業の組事務所は使用禁止の仮処分が命令され、2021年01月には事件の影響で特定抗争指定暴力団の警戒区域に倉敷市が追加された。2021年02月に三代目藤健興業は神戸山口組『三代目熊本組』を離脱し、組織名を改称して六代目山口組『二代目若林組』へ移籍した。

上部団体の三代目熊本組は、2021年05月に藤原健治組長の自宅が六代目山口組系組員に銃撃され、06月に藤原組長は引退。三代目熊本組は解散している。

2022年12月08日、逮捕され起訴された六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員の裁判でで、懲役8年の判決が言い渡された。


スポンサーリンク


倉敷・児島の暴力団事務所で発砲か 男2人が出頭、けが人なし
2020年12月03日 11時06分

(山陽新聞) https://www.sanyonews.jp/article/1077504

暴力団事務所で発砲事件 男2人が出頭
2020.12.03 11:57

fujiken2

(西日本放送) https://www.rnc.co.jp/nnn/news1119oi1u0i60oftmjdf.html

倉敷市の暴力団事務所で発砲事件
2020年12月03日 12:10

(山陽放送) https://www.rsk.co.jp/news/rsk20201203_4.html

倉敷市の暴力団事務所で発砲 銃刀法違反の疑いで暴力団幹部ら2人を逮捕 岡山 
2020/12/3 16:30

(瀬戸内海放送) https://news.ksb.co.jp/article/13984689

倉敷市で発砲事件 暴力団組員2人を逮捕
2020.12.03 19:07

(西日本放送) http://www.rnc.co.jp/nnn/news11168jwo85vvz4a3rbb.html

倉敷市発砲事件 暴力団組員2人を送検
2020.12.04 12:18

(西日本放送) http://www.rnc.co.jp/nnn/news111iaojwvxoszdg8r53.html

児島の組事務所発砲で2人再逮捕 殺人未遂と銃刀法違反容疑で県警
2020年12月23日 21時52分

(山陽新聞) https://www.sanyonews.jp/article/1084274

倉敷市の暴力団事務所発砲事件…暴力団組員の男2人を殺人未遂などの疑いで再逮捕 組同士の抗争とみて岡山県警が捜査
2020/12/24 13:58

(瀬戸内海放送) https://news.ksb.co.jp/article/14056028

暴力団事務所に向かって拳銃を発砲…暴力団組員の男を銃刀法違反などの罪で起訴 岡山地検
2021/1/13 16:58

(瀬戸内海放送) https://news.ksb.co.jp/article/14103582

暴力団事務所で起きた発砲事件 組員を不起訴処分 岡山地方検察庁
2021/3/26 17:35

(瀬戸内海放送) https://news.ksb.co.jp/article/14305463

「発砲は組事務所内」弘道会系組員、一部無罪を主張
2022/7/19 16:35

(産経新聞) https://www.sankei.com/article/20220719-OPRLS6QYB5NKNBD3CHW5UMW7UA/

倉敷の暴力団事務所に発砲の被告に懲役10年を求刑
2022年09月26日 16時10分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20220926/4020014187.html

倉敷の暴力団事務所に発砲 山口組系暴力団員に懲役8年の判決
2022年12月08日 14時33分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20221208/4020015006.html



このニュースのまとめ

  • 2020年12月03日08時40分頃、岡山県倉敷市児島味野1にある神戸山口組『三代目熊本組』傘下『三代目藤健興業』の事務所で、拳銃が複数回発砲される事件が発生した。
  • 2020年12月03日08時47分頃、現場の近くの警察署に、犯人とみられる六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員の近藤輝雄(50)、『野内組』傘下『二代目北村組』幹部の林雄司(48)の計2人が車で出頭した。
  • 近藤は「事務所に乗り込み拳銃を5発撃ち込んだ」と話し、林は「何も言いたくありません」と黙秘しているという。車の中からは犯行に使用されたとみられる拳銃1丁と実弾3発が発見されたため、2人は銃刀法違反(所持)の疑いで逮捕された。
  • 警察が現場を調べたところ、事務所1階の天井や壁などに複数の弾痕が確認された。事務所内には組員が居たが、ケガなどは無かった。
  • 現場は、JR児島駅から北西に約1kmの場所にある商店街の付近。
  • 2020年12月23日、逮捕されていた近藤輝雄と林雄司が、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで再逮捕された。近藤ら2人は三代目藤健興業の事務所に侵入し、事務所に居た幹部(58)に向けて拳銃を複数回発砲し、殺害しようとしたという。弾丸は幹部に当たらなかった。
  • 2021年01月13日までに、岡山地検は逮捕されていた六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員の近藤輝雄を、銃刀法違反や建造物損壊などの罪で起訴した。
  • 2021年03月26日までに、岡山地検は逮捕されていた六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』傘下『二代目北村組』幹部の林雄司を、不起訴処分とした。
  • 2022年07月19日、逮捕され銃刀法違反(加重所持、発射)、暴力行為等処罰法違反、建造物損壊の罪で起訴された、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員の近藤輝雄の初公判が岡山地裁で開かれた。
  • 起訴状などによると、近藤は2020年12月、倉敷市児島味野にある神戸山口組『三代目熊本組』傘下『三代目藤健興業』(当時)の組事務所前から組事務所内に向けて拳銃を5発発砲し、天井や壁を破壊し、組事務所内にいた組員に発砲音を聞かせ、凶器を示して脅迫したというもの。
  • 近藤は起訴内容を大筋で認めたが、『玄関前ではなく事務所内で発砲した』と一部を否認。冒頭陳述で弁護側は『拳銃を撃った場所が組事務所の中だったとして、発射が規制される場所に当たらず無罪』だと主張。検察側は『撃った場所は事務所の玄関先で周辺に小中学校や公民館などがあり、多くの車両や歩行者が通行している場所で、多数の者に供される場所での発射を禁じる銃刀法違反罪の要件を満たす。また、2020年11月中旬から事務所付近の下見を繰り返していた』となどの旨を述べた。
  • 2022年09月26日、逮捕され銃刀法違反などの罪で起訴された、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員の近藤輝雄の論告求刑公判が岡山地裁で開かれ、検察側は懲役10年を求刑した。
  • 2022年12月08日、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』組員の近藤輝雄の判決公判が岡山地裁で開かれ、裁判長は懲役8年の判決を言い渡した。
  • 裁判長は「通行量が多く通学路でもある市道に面した事務所の玄関付近で中に向けて発砲した。近隣住民や一般社会に対して、大きな不安や恐怖心を与えた危険で悪質な犯行。事前に時間をかけて下見を繰り返し、抗争を背景とした暴力団ならではの計画的な反社会的犯行で、強く非難されなければならない」などと述べた。



fujiken1
発砲された神戸山口組『三代目熊本組』傘下『三代目藤健興業』の組事務所



 ⇒ 関連記事 



















スポンサーリンク