suwa2

2021年03月03日未明、兵庫県西宮市にある運送会社の社員寮に、拳銃が発砲されたとみられる事件が発生した。1階の駐車場のシャッターに弾痕とみられる傷が複数確認されたが、ケガ人はいなかった。

この建物は以前まで神戸山口組『侠友会』傘下『諏訪一家』の組事務所だったが、すでに撤退していて、間違えて発砲した抗争事件の可能性があるとみられている。

2022年02月10日までに、この事件の犯人とみられる六代目山口組『二代目兼一会』幹部ら5人が建造物損壊などの疑いで逮捕された。

2023年05月29日、指示役だとみられた六代目山口組『二代目兼一会』幹部の判決公判で、懲役8年が言い渡された。10月20日には実行役の幹部ら2人にそれぞれ懲役5~7年の判決の下った。


スポンサーリンク


シャッターに銃弾痕? 会社社員寮 西宮市
2021.03.03 11:59

(読売テレビ) https://www.ytv.co.jp/press/kansai/88275.html

西宮発砲事件 抗争との関連捜査
2021年03月03日 12時05分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210303/2000042003.html

西宮市の社員寮に弾痕のような傷 発砲事件か
2021年03月03日(水曜日) 12:12



(サンテレビ) https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2021/03/03/35456/

発砲事件か…運送会社社員寮に“銃弾が撃ち込まれたような痕”が4か所 兵庫・西宮市
2021/03/03 12:20

(毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210303/GE00037261.shtml

銃声か?「パーンと大きな音が4回くらいした」 運送会社の社員寮に銃弾のあとのような痕跡 警察が捜査
2021年03月03日 12:58

(関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/e4b60144_8c48_4bc1_ad04_f17e0b070ae1.html

社員寮で発砲事件 4カ所に“弾痕”、かつて組事務所
2021/3/3 23:29

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202103/0014120883.shtml




西宮の発砲事件で山口組系組員ら4人逮捕
2022年02月09日(水曜日) 16:59

(サンテレビ) https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2022/02/09/48714/

西宮の社員寮に発砲 銃刀法違反などの罪で暴力団員ら2人起訴
2022年02月09日 18時02分

gibo1

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20220209/2020017109.html

社員寮発砲、組員ら逮捕 玄関シャッター損壊―兵庫県警
2022年02月09日19時12分

(時事通信) https://www.jiji.com/jc/article?k=2022020901105

西宮発砲事件で山口組直系組織の幹部逮捕 兵庫県警
2022/2/10 21:02

(産経新聞) https://www.sankei.com/article/20220210-4QXWPXNIOROITB5RQNIFSNZEEY/

西宮社員寮発砲事件 山口組系幹部の男逮捕 本人が出頭、指示役か
2022/2/10 20:50

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202202/0015053204.shtml

西宮社員寮発砲事件 車ナンバーを盗んで付け替えか 容疑で組員ら再逮捕
2022/2/15 20:10

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202202/0015065920.shtml

山口組分裂抗争“再燃”のシグナル!西宮・元俠友会系事務所発砲で組員ら起訴
2022.02.20

(週刊実話) https://weekly-jitsuwa.jp/summary/archives/50065

西宮社員寮発砲事件 虚偽の内容でレンタカー契約、暴力団組員の男を再逮捕
2022/3/1 20:10

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202203/0015101407.shtml

社員寮への発砲事件、山口組系幹部の男が無罪主張 実行役との共謀否定 神戸地裁初公判
2023/5/17 17:50

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202305/0016361834.shtml

暴力団同士の抗争背景、「実行の見届け役」認定 西宮・社員寮発砲事件で組幹部の男に懲役8年判決
2023/5/29 19:50

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202305/0016411460.shtml

西宮・元組事務所建物に発砲 実行役疑いの男2人、指示役との共謀は黙秘や否定 初公判
2023/9/26 19:55

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202309/0016853951.shtml

西宮の社員寮に銃弾発砲、実行犯の組員ら男2人に有罪判決 指示役との共謀認定 神戸地裁
2023/10/20 21:07

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/society/202310/0016940011.shtml


このニュースのまとめ

  • 2021年03月03日02時10分頃、兵庫県西宮市久保町にある運送会社の社員寮で、「パーンという銃声のような大きな音が4回くらい聞こえた」と近隣住民が110番通報した。
  • 警察が現場に駆け付けると、2階建て建物の1階の金属製シャッターに銃弾の痕のようなへこみが4箇所あり、周辺から銃弾とみられる鉛のような金属製の破片が複数発見された。
  • また、建物の1階の車庫から焦げた新聞紙が中に詰められている空き瓶も発見され、火炎瓶が投げ込まれた可能性もあるとみられている。
  • 建物の2階の居住スペースには数人が居たが、ケガ人はなかった。現場は阪神電鉄『西宮駅』から南に約1kmの場所にある住宅街。
  • この建物は10数年前まで神戸山口組『侠友会』傘下『諏訪一家』の組事務所だったが、すでに撤退していた。警察は、建造物損壊の疑いと山口組の分裂対立抗争をめぐる発砲事件の可能性があるとみて捜査している。
  • 2022年01月20日、六代目山口組『二代目兼一会』幹部の儀保幸徳(52・大阪市東淀川区)、無職の山本勝美(52・大阪市東淀川区)など計4人が、建造物損壊の疑いで逮捕された。
  • 2022年02月09日、神戸地検は逮捕されていた儀保幸徳と山本勝美の計2人を、銃刀法違反(加重所持、発射)と建造物損壊の罪で起訴した。他の2人は処分保留になっている。
  • 2022年02月10日、新たに六代目山口組『二代目兼一会』幹部の名倉教文(55・東京都台東区)が建造物損壊の疑いで逮捕された。名倉は事件の指示役だとみられていて、警察が行方を追っていたところ、本人が警察署に出頭してきたという。
  • 2022年02月15日、逮捕されていた六代目山口組『二代目兼一会』幹部の儀保幸徳と無職の山本勝美の計2人が、窃盗の疑いで再逮捕された。
  • 再逮捕容疑は2021年03月02日23時55分頃、大阪府摂津市にある駐車場に止まっていた車のナンバープレート2枚を盗んだ疑い。事件で使用されたとみられるレンタカーに盗んだナンバープレートを取り付けていたという。
  • 2022年03月01日までに、逮捕されていた六代目山口組『二代目兼一会』幹部の儀保幸徳が、詐欺の疑いで再逮捕された。
  • 再逮捕容疑は2021年03月02日、知人女性と共謀し、別の組員が使用するつもりのレンタカーを、女性の名義で借りた疑い。このレンタカーは発砲事件の翌日に返却されていて、事件に使用されたとみられている
  • 2023年05月17日、逮捕され建造物損壊などの罪で起訴されていた、六代目山口組『二代目兼一会』幹部の名倉教文の初公判が神戸地裁で開かれた。
  • 起訴状などによると、名倉は他に逮捕されていた儀保幸徳と山本勝美と共謀し、兵庫県西宮市にある運送会社の社員寮に向けて拳銃を4発発射し、シャッターを損壊した疑い。
  • 名倉は『共謀した事実は一切ありません』と起訴内容を否認。検察側は『事件前に幹部の男は建物周辺を車で走行して下見をし、幹部の男の車が先導する形で、実行役らが乗った軽乗用車に逃走経路を教え、建物から約740m離れた場所で待機していた』という旨を述べた。弁護側は『幹部の男が事件現場付近にいたが、実行役の男が発砲するとは知らなかった』という旨を述べた。
  • 2023年05月29日、六代目山口組『二代目兼一会』幹部の名倉教文の判決公判が神戸地裁で開かれ、裁判長は懲役8年(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
  • 裁判長は『犯行現場の状況や逃走経路の下見・教示、犯行の見届け役を担っていた。(実行役の2人とは)ほぼ同等の立場と認めるのが相当。暴力団同士の抗争を背景とし、社会にも影響を与えた点で結果は重大』などと述べ、共謀を認定した。
  • 2023年09月26日、逮捕され建造物損壊などの罪で起訴されていた、六代目山口組『二代目兼一会』幹部の儀保幸徳、無職の山本勝美の計2人の初公判が神戸地裁で開かれた。
  • 起訴状などによると、儀保と山本は実行役とみられ、他に逮捕されていた指示役とみられる名倉と共謀して、兵庫県西宮市にある運送会社の社員寮に向けて拳銃を4発発射し、シャッターを損壊した疑い。儀保は事件で使用された車に取り付けていた偽装用のナンバープレートを盗んだ疑いももたれている。
  • 山本は拳銃を発砲したことを認めたが、名倉とは面識がないとした。儀保は山本との共謀を認めたが、それ以外は黙秘するとした。検察側は冒頭陳述で、『犯行直前に両被告が指示役の車に先導され、逃走経路を下見していた。強固な犯意に基づく危険な犯行』などの旨を述べた。弁護側は『起訴内容の一部を黙秘する組員の男について、黙秘権の行使を不利益に扱ってはならない』などの旨を裁判員らに訴えた。
  • 2023年10月20日、六代目山口組『二代目兼一会』幹部の儀保幸徳、無職の山本勝美の計2人の判決公判が神戸地裁で開かれ、裁判長は儀保に懲役7年(求刑懲役9年)、山本に懲役5年(求刑懲役8年)の判決を言い渡した。
  • 裁判長は指示役の名倉との共謀を認め、「互いに協力して一緒にやるという意思を通じ合っていた。人の生命身体に重大な危害を生じさせかねない」などと述べた。





発砲された旧諏訪一家の建物




 ⇒ 関連記事 















スポンサーリンク