taniguchi7

2020年02月02日昼、三重県桑名市にある六代目山口組の高山清司若頭の自宅に、銃弾が撃ち込まれる事件が発生した。高山若頭は不在で、けが人はなかった。

高山若頭は恐喝事件で約5年4箇月のあいだ服役し、2019年10月に出所。高山若頭の出所前から六代目山口組と神戸山口組の分裂抗争が再燃し、2020年01月に両山口組は特定抗争指定暴力団に指定されていた。

警戒にあたっていた警察官が逃走する犯人を取り押さえ、元中野会系組員の76歳の男が現行犯逮捕された。

2020年09月16日、元中野会系組員の初公判が開かれ、組員は起訴内容を認めた。09月17日には懲役8年を求刑され、09月24日に懲役7年の判決が言い渡された。


スポンサーリンク


山口組のナンバー2高山清司若頭の自宅に銃弾数発 三重・桑名市
2020/02/02 17:30

takayama11

(CBCテレビ) https://hicbc.com/news/article/?id=0004CDED

山口組No.2宅に銃弾 70歳ぐらいの男逮捕...抗争事件か
2020年2月2日 日曜 午後6:12

(FNN) https://www.fnn.jp/posts/00431411CX/

山口組のナンバー2の自宅に銃弾 男を逮捕 三重 桑名
2020年2月2日 18時21分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269531000.html

元暴力団組員の男逮捕 山口組ナンバー2宅に銃弾
2020/02/03 01:03

(テレ朝news) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000175256.html

逮捕の男「大阪から電車」 山口組ナンバー2宅銃撃
2020.2.4 09:17

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/200204/wst2002040010-n1.html

山口組ナンバー2宅 銃弾発射容疑で男再逮捕
2020.2.25 18:50

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/200225/wst2002250018-n1.html

桑名 拳銃発砲疑いで男を再逮捕
2020年02月25日 19時51分

taniguchi3

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20200225/3070002947.html

山口組幹部宅に発砲の男を再逮捕 銃刀法違反と建造物損壊の疑い
2020年2月25日 22時39分 

(中日新聞) https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020022590223901.html

「76歳でもやれると見せたかった」 桑名の山口組幹部宅発砲初公判
2020年9月16日 20時02分

(中日新聞) https://www.chunichi.co.jp/article/122074

山口組別宅に発砲の男の初公判
2020年09月16日 20時19分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20200916/3070004104.html

元組員「名残したかった」 若頭宅に銃撃認める 津地裁初公判 三重
2020-09-17

(伊勢新聞) https://www.isenp.co.jp/2020/09/17/50137/

「暴力団の抗争を助長させる可能性」 山口組幹部宅の銃撃事件で懲役8年を求刑 津地裁
2020年9月17日 11:46



(メ~テレ 名古屋テレビ) https://www.nagoyatv.com/rj/news/?id=002688

山口組若頭宅に銃弾を撃ち込んだ被告に懲役8年求刑 津地裁
2020/9/17(木) 16:56配信 中京テレビ

taniguchi6

(Yahoo!ニュース) https://news.yahoo.co.jp/articles/28e034edb236c42fbad6bc62c740c201f1033d37


(追記)

山口組の高山清司若頭の住宅に銃弾4発を撃ち込んだ男に懲役7年の判決 津地裁
2020年9月24日 18:57



(メ~テレ 名古屋テレビ) https://www.nagoyatv.com/rj/news/?id=002793

銃弾打ち込んだ男に懲役7年
2020年09月24日 19時32分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20200924/3070004139.html




このニュースのまとめ

  • 2020年02月02日13時30分頃、三重県桑名市長島町福吉にある、六代目山口組若頭の高山清司(72)の自宅に、何者かが拳銃で発砲する事件が発生した。
  • 付近で警戒にあたっていた警察官が犯行を目撃し、走って逃走する犯人を取り押さえた。カバンの中から回転式拳銃1丁が発見され、銃刀法違反の現行犯逮捕された。
  • 逮捕されたのは元中野会系組員の谷口勇二(76)で、警察の取り調べに対し「3~4発発砲した。(高山若頭に)組を潰されたことへの個人的な恨みがあった」と供述し、容疑を認めているという。
  • 犯人は高山若頭の住宅の玄関に向けて拳銃を3~4発発砲したとみられ、正面玄関に弾痕が数箇所発見された。事件発生時、高山若頭は不在で、ケガ人はなかった。
  • 高山若頭は恐喝事件で約5年4箇月のあいだ服役し、2019年10月に出所していた。高山若頭の出所前から六代目山口組と神戸山口組の抗争が再燃していて、2020年01月に両山口組が特定抗争指定暴力団に指定され、全国の6府県にある計10市が警戒区域に定められていた。事件があった桑名市は高山若頭の自宅があるため、警戒区域に設定されている。
  • 2020年02月21日、津地検は逮捕されていた谷口勇二を、銃刀法違反(加重所持)の罪で起訴した。
  • 2020年02月25日、逮捕され起訴されていた谷口勇二が、銃刀法違反(発射)と建造物損壊の疑いで再逮捕された。
  • 2020年09月16日、逮捕され銃刀法違反(加重所持、発射)の罪で起訴されていた谷口勇二の初公判が津地裁で開かれ、谷口は起訴内容を認めた。
  • 2020年09月17日、谷口勇二の論告求刑公判が津地裁で開かれ、検察側は懲役8年を求刑した。
  • 起訴状などによると、谷口は2020年02月02日13時頃、三重県桑名市にある六代目山口組の高山清司若頭の自宅の門に拳銃で4発発砲し、1発が門を貫通して玄関引戸に当たった。自宅には組関係者3人居たが、髙山若頭は不在だった。警戒していた警察官が近くの路上で谷口を逮捕した際、拳銃を所持しており中には実弾1発が残っていたとされる。
  • 公判の中で、谷口は「日本で一番強いヤクザに足を向けるだけでも名が残る。(高山若頭を)狙うと最初に決めた。中野会の谷口の名を残したかった。計画性はなく、一人で考えた。桑名の人に迷惑をかけたことをこの場でお詫びします。犯行は後悔しているが、生活に困っていたので刑務所に入りたかった」などと述べた。
  • 検察側は「事前に家を視察するなど計画性がある他、現場は小学校の通学路で直前に2人の女の子が通行していて、住宅街で拳銃を発射するのは危険だ。発砲で抗争を助長する危険があった」などと指摘。弁護側は「逮捕直後、弁護人との接見を禁止され、取り調べの手続きが違法であった。谷口は現在は暴力団員ではなく、真摯に反省している」などと述べた。
  • 2020年09月24日、谷口勇二の判決公判が津地裁で開かれ、裁判長は懲役7年の判決を下した。裁判長は「直接人に向け発射したものではないが、山口組の幹部宅への銃撃は緊迫感を増し、周辺住民に与えた不安は大きい。体調が悪化して働くことが難しくなり、生活のために刑務所に入るしかないと考えたのは、同情すべき点がないとは言えない。暴力団幹部の家に拳銃を撃ち込んでヤクザものとしての覚悟を見せつけたいという動機や経緯に酌むべき点はない。周囲に人がいない状況で拳銃を発射していて、現実的な危険性が生じたとは言えない」などと述べた。



 ⇒ 関連記事