yokoi

2017年06月13日午後、愛媛県西条市神拝甲の路上で神戸山口組『二代目木村會』幹事長が刺されるという事件が発生した。木村會幹事長は病院で死亡が確認された。翌日に六代目山口組『二代目大石組』舎弟頭が殺人容疑で逮捕された。2人は以前から面識があり、事件直前に一緒に居るのを目撃されているということで、抗争ではなく個人的なトラブルの可能性もあるという。

2017年07月04日、逮捕されていた大石組舎弟頭は傷害致死の罪で起訴された。大石組舎弟頭は「(木村會幹事長に)バカにされて腹が立った」と供述していたが、殺意は立証できなかったようだ。2018年01月30日、傷害致死などの罪に問われている大石組舎弟頭の初公判が松山地裁で開かれ、大石組舎弟頭は「刺そうと思って刺したわけではない」として起訴内容を一部否認した。

2018年02月08日、大石組舎弟頭の判決公判が松山地裁で開かれ、裁判長は懲役7年(求刑懲役10年)の実刑判決を下した。


スポンサーリンク


山口組傘下75歳組長を殺人容疑で逮捕 路上で男性刺す 愛媛・西条
2017.6.14 15:58

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/170614/wst1706140057-n1.html

殺人容疑で暴力団組長逮捕
2017年06月14日 18時44分

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8004257881.html

殺人 山口組系組長逮捕 神戸山口組系幹部殺害で愛媛県警
2017年6月14日 19時48分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20170615/k00/00m/040/053000c

“六代目”傘下組長、別組織の幹部を殺害か
2017年6月14日 21:54

(日テレNEWS24) http://www.news24.jp/articles/2017/06/14/07364272.html

西条 暴力団関係者の男を起訴
2017年07月04日(火) 19:31

(eat 愛媛朝日テレビ) http://eat.jp/news/index.html?date=20170704T193132&no=4

傷害致死罪 暴力団組長起訴 殺人から切り替え /愛媛
2017年7月5日

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20170705/ddl/k38/040/493000c

知人死なせた元組長 一部否認
2018年01月30日 12時34分

IMG_3784

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20180130/0000335.html

元暴力団組長 「刺そうと思って刺したわけではない」(愛媛県)
2018/1/30 15:13 南海放送

(日テレNEWS24) http://www.news24.jp/nnn/news8789444.html


(追記)

傷害致死の暴力団関係者に懲役7年
2018年02月08日(木)19:13

(eat 愛媛朝日テレビ) http://eat.jp/news/index.html?date=20180208T191325&no=5

知人死なせた元組長に懲役7年
2018/02/08 19:20

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/lnews/k/matsuyama/20180208/8000000397.html



このニュースのまとめ

  • 2017年06月13日午後、愛媛県西条市神拝甲の路上で神戸山口組『二代目木村會』幹事長の岡充浩(52・愛媛県新居浜市)が腹など数箇所を刺されて倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。
  • 2017年06月14日、六代目山口組『二代目大石組』舎弟頭で『横井組』組長の横井興人(75・愛媛県西条市)が殺人の疑いで逮捕された。
  • 2017年07月04日、松山地検は横井興人を傷害致死の罪で松山地裁に起訴した。起訴状によると06月13日19時25分頃に西条市神拝の路上で岡充浩を刃渡り約30cmの刃物で腹など複数回刺して死亡させたというもの。
  • 2018年01月30日、傷害致死などの罪に問われている横井興人の初公判が松山地裁で開かれ、横井は「刺そうと思って刺したわけではない」として起訴内容を一部否認。検察側は冒頭陳述で「被告と被害者には数年前からトラブルがあり、周囲に不満を漏らしていた。被告、刺したあとみずから消防に通報しているが、現場から車で松山市まで逃げた。刺し傷の方向や深さから意図的に刺したことは証明できる」と指摘し、弁護側は「事件当日、被害者が被告に悪態をつき、短刀を見せて追い払おうとした被告がバランスを崩して転倒し、腹に短刀が刺さってしまった」として傷害致死罪は成立しないと主張した。
  • 2018年02月08日、横井興人の判決公判が松山地裁で開かれ、裁判長は懲役7年(求刑懲役10年)の実刑判決を下した。「殺傷能力の高い刃物で丸腰の被害者を突き刺しており、傷の状態から意図的に刺したと判断できる。危険で悪質な犯行」とした一方、「被告に対する被害者の言動から突発的に犯行に及んだ可能性がある、遺族に対し謝罪するなど反省がみられる」