FullSizeRender

2019年09月09日未明、愛知県豊橋市にある六代目山口組『十一代目平井一家』の本部事務所に向けて、何者かが拳銃を発砲するという事件が発生した。組事務所はJR豊橋駅から約3km離れた住宅街にあり、正面玄関の付近で2つの弾痕が発見された。犯人はバイクで逃走しているとみられ、警察が行方を追っている。


スポンサーリンク


愛知・豊橋の暴力団事務所で発砲か、けが人なし
2019.9.9 10:31 

(SANSPO.COM) https://www.sanspo.com/geino/news/20190909/tro19090910080004-n1.html

山口組系事務所に発砲か…防犯カメラに走り去るバイク
2019/09/09 11:25

(YOMIURI ONLINE) https://www.yomiuri.co.jp/national/20190909-OYT1T50033/

山口組系の事務所に発砲?弾痕らしき破損見つかる 愛知
2019年9月9日11時53分

(朝日新聞DIGITAL) https://www.asahi.com/articles/ASM993G2RM99OIPE003.html

愛知・豊橋の暴力団事務所に発砲か 2カ所に弾痕、けが人なし
2019年9月9日 12時43分 

(中日新聞) https://www.chunichi.co.jp/s/article/2019090990124312.html

山口組系暴力団の事務所に銃弾
2019年09月09日 13時10分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20190909/3000006641.html




扉と壁に銃弾の痕‥山口組系の暴力団事務所に発砲か 愛知・豊橋市
2019年09月09日16:58



(CBCテレビ) https://hicbc.com/news/detail.asp?id=0004B917

六代目山口組サイドへの発砲事件がまたも起こる! 髙山若頭出所を控えた、対抗勢力の「意思表示」か?
2019.09.12

(Business Journal) https://biz-journal.jp/2019/09/post_118312.html



このニュースのまとめ

  • 2019年09月09日06時頃、愛知県豊橋市仁連木町にある六代目山口組『十一代目平井一家』の本部事務所から、「玄関に発砲されたようだ、扉に銃で撃たれたような跡がある」と警察に通報があった。
  • 組事務所の正面玄関の付近の扉と外壁の計2箇所から銃弾の痕が発見されたが、ケガ人はなかった。現場付近から複数の弾頭のような金属部品も見つかった。事務所に居た組員が02時頃に2発の発砲音を聞いたという。犯人は逃亡していて、現場からバイクで走り去ったとみられている。
  • 現場はJR豊橋駅から北東に約3km離れた住宅街で、南西に約150m離れた場所には小学校があった。警察は銃刀法違反と建造物損壊の容疑で捜査している。



平井一家について

3ddg
何者かに発砲された十一代目平井一家の本部事務所

十一代目平井一家は六代目山口組の二次団体、愛知県豊橋市仁連木町に本部を置いている。総裁の薄葉政嘉(薄葉暢洋)は六代目山口組幹部。

平井一家は幕末から続く名門博徒組織だった。1962年に平井一家が中心となって平井一家、三虎組、虎屋、双葉会、小桜組等、三河地方の博徒・的屋12団体が糾合し愛豊親和会が結成される。1971年に愛豊親和会は東三睦会へ改称、1972年には更に愛豊同志会に改称した。

1979年頃に愛豊同志会、鉄心会、中京浅野会の3団体が糾合し運命共同会を結成。1986年には運命共同会、瀬戸一家、稲葉地一家、導友会、平野家一家の5団体による親睦団体の中京五社会が設立された。それぐらいの時期に愛豊同志会は政心同志会に改称。

1991年01月、中京五社会運命共同会鉄心会と五代目山口組弘道会との抗争『名古屋抗争』が勃発、弘道会の力に押され運命共同会は崩壊し中京五社会も解散することになる。中京五社会解散後の1991年03月、十代目の岸上剛史総裁は五代目山口組組長・渡辺芳則の盃を受けて五代目山口組の直参となり山口組に加入した。2005年に六代目山口組が発足、岸上は幹部や組長付を歴任。

2009年11月に岸上が死去すると十代目で若頭を務めていた薄葉政嘉が十一代目平井一家を継承、六代目山口組の直参となった。2012年04月に薄葉は六代目山口組組織委員に起用され、2013年には六代目山口組組長付に就任、2014年11月に六代目山口組幹部へ昇格している。



 ⇒ 関連記事