神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

バナー-野田聖子-01

2023年01月12日、自民党の野田聖子衆議院議員の夫が、警察庁幹部から虚偽の情報をリークされたことにより、自身が元暴力団員だと週刊文春に報じられ、名誉を傷つけられたとして、国に1100万円の損害賠償を求めて提訴した。

野田聖子さんの夫は、暴力団に所属した事実は無いなどとして、週刊文春の発行元などを相手に損害賠償を求めて提訴し、最高裁まで争ったが、「元暴力団員だとする箇所は真実であると認められる」と認定されていた。

野田聖子さんの夫は、元暴力団員だとする情報源が警察庁の内部文書で、その内容は間違っており、警察庁幹部がその内部文書を週刊文春の編集長に情報漏洩していた、と主張している。

 ⇒ 関連記事 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-野田聖子-01

2017年09月、安倍内閣で総務大臣を務める野田聖子自民党衆議院議員の夫が、元暴力団組員であると週刊文春が報じた。野田聖子議員の夫は会津小鉄会『昌山組』元幹部で、前科2犯の経歴があるという。

野田聖子議員は、現職の女性議員では最多の当選回数を誇り、様々な大臣や党幹部を歴任し、自民党総裁選にも出馬し、女性初の総理大臣を目指している大物政治家。取り沙汰されている夫とは2011年に結婚していた。

2018年07月、野田聖子事務所が夫とともに仮想通貨事業をめぐって金融庁に圧力をかけた疑惑を、週刊文春と週刊新潮が報じた。野田議員の夫は週刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、週刊文春と週刊新潮の発行元のそれぞれを相手に、1100万円の損害賠償を求めて2つの裁判を起こした。

野田議員の夫が元暴力団幹部だと報じたことについて、それぞれの1審の地裁判決は『真実であると認められる』とした。2審の高裁判決でも、週刊新潮の裁判は1審判決を支持し、週刊文春の裁判は『(野田議員の夫が元暴力団幹部というのは)真実であるというべきである』とした。

2022年08月、野田議員の夫が週刊文春と週刊新潮を相手取った裁判の最高裁判決で、最高裁は野田議員の夫の上告を棄却した。これにより野田議員の夫が元暴力団幹部だと報じられたのは真実だと認定された。

 ⇒ 関連記事 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

fujiwara2

2021年05月30日夜、神戸山口組舎弟頭補佐を務める三代目熊本組の藤原健治組長の岡山県倉敷市にある自宅に、拳銃が打ち込まれる事件が発生した。玄関などに複数の弾痕が発見されたが、けが人はいなかった。

通報から約30分後、六代目山口組『三代目杉本組』系組員が拳銃を持って警察署に出頭し、銃刀法違反の疑いで逮捕された。

三代目熊本組では、2020年12月に若頭の組事務所に発砲される事件も起こっていて、今回は組長の自宅が狙われた。警察は、山口組の分裂抗争の可能性があるとみて捜査している。

事件後の2021年06月、藤原組長は引退した。組事務所が銃撃された若頭は、2021年02月に三代目熊本組を離脱し、六代目山口組『二代目若林組』へ移籍している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

池田組長襲撃

2023年01月11日、昨年10月に池田組の池田孝志組長が理髪店で散髪中、襲撃して来た六代目山口組系幹部を返り討ちにしたとして、池田組組員ら3人が傷害の疑いで逮捕された。3人は池田組長のボディーガードだとみられ、襲撃して来た六代目山口組系幹部を制圧して警察に引き渡し、池田組長を無傷で守っていた。

 ⇒ 関連記事 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

池田組長襲撃

2022年10月26日昼、岡山県岡山市に本部を置く池田組の池田孝志組長が、岡山市の理髪店で散髪中、ナイフを持った六代目山口組『五代目山健組』系幹部に襲撃される事件が発生した。ボディーガードの組員2人が犯人の幹部を取り押さえ、殺人未遂の疑いで逮捕された。池田組長は理髪店内の別室におり、ケガは無かった。

池田組長は、2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されると、六代目山口組を離脱して神戸山口組の最高幹部に就任。資金面などで神戸山口組を支えていたが、二代続けて池田組の若頭が襲撃されたり、神戸山口組の井上邦雄組長との意見の相違などもあり、2020年07月に神戸山口組を離脱。

池田組は一本独鈷の独立組織となったが、先に神戸山口組を離脱していた絆會(旧・任侠山口組)と同盟を結び、2022年09月には神戸山口組と五分の親戚縁組を結んでいた。

六代目山口組からは神戸山口組時代も、独立組織となってからも抗争の標的で、2016年05月に池田組若頭が銃撃されて亡くなり、2020年05月にも後を継いだ池田組若頭が銃撃されていた。2022年に入って、05月に池田組の関連施設に車が突っ込み、09月に池田組本部の車がつるはしで破損され、10月には親族の家に車が突っ込んでいるという。

さらにこの事件の後、同じ日に池田組長が住むマンションに駐車していた車が銃撃される事件も発生した。

 ⇒ 関連記事 



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

組長のベンツか ボンネットにつるはし 2

2022年09月21日、岡山県岡山市にある池田組の事務所の駐車場で、池田組関係者の車2台がつるはしで破壊される事件が発生した。直後に犯人とみられる六代目山口組『五代目山健組』系組員が警察署に自首し、事件が発覚した。

池田組の池田孝志組長は、2015年に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成される際、六代目山口組を離脱し、神戸山口組に結成メンバーとして参画。神戸山口組の最高幹部を務めていたが、神戸山口組の井上邦雄組長と組織運営をめぐって対立し、2020年に神戸山口組を離脱していた。

池田組は独立組織となっていたが、2022年09月に神戸山口組と五分の親戚関係を結び、一度は離れた神戸山口組と再び連携した。池田組は、2017年に同じく神戸山口組を離脱して独立組織となった絆會(旧・任侠山口組)と同盟関係にあるため、神戸山口組・池田組・絆會の三派が連合を組む形となっていた。

今回の事件は、この三派連合を結成したことに対する、対立する六代目山口組側からの圧力とみられている。

2022年12月21日、自首した六代目山口組『五代目山健組』系組員の初公判で、懲役1年6箇月が求刑され、2023年01月10日の判決公判で、懲役1年2箇月の実刑判決が下った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

【殺人疑い】暴力団幹部の男性撃たれ死亡

2023年01月06日夜、埼玉県狭山市にあるマンションの駐車場で、絆會幹部が何者かに拳銃で撃たれる発生した。幹部は意識もうろうの状態で病院に運ばれたが、亡くなった。犯人は拳銃を所持したまま逃走しているとみられていて、警察が行方を追っている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

覚醒剤をボタンの形に加工、暴力団幹部の男を逮捕

2022年12月、イランから覚醒剤を密輸したとして、六代目山口組系幹部が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。覚醒剤はジャンパーのボタンに似せた形に固められていて、ジャンパーにボタン型の覚醒剤の塊を縫い付けて密輸していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

山健会館

2023年01月04日、六代目山口組『五代目山健組』の関連施設である、兵庫県神戸市にある山健会館が神戸市に差し押さえられていたことが分かった。山健会館を所有する会社が固定資産税を滞納していたためだという。

山健組は、複数の組織とともに六代目山口組を離脱して神戸山口組を結成したが、2020年に神戸山口組を離脱し、六代目山口組に復帰している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「露店=暴力団のイメージもたれないように…」“排除”

2022年11月07日までに、暴力団であることを隠して祭りに露店を出店したとして、六代目山口組『藤友会』組員2人、その妻ら2人、露店で働いていた3人の、計7人が詐欺の疑いで逮捕された。

静岡県沼津市で開催された『沼津夏まつり・狩野川花火大会』に露店を10店舗出店し、1日に1店舗あたり10~100万円の売り上げがあったという。

2022年11月17日、この事件に関与していた、露天商組合理事長の男が詐欺の疑いで逮捕された。理事長は暴力団が経営する露店だと知りながら、出店申込書などを祭りの実行委員会に提出していたという。

2022年11月28日までに、逮捕されていた六代目山口組『藤友会』組員ら5人が、静岡県三島市で開かれた『三嶋大祭り』でも同様の手口で露店を出店してとして再逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ