神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

yoshida2

六代目山口組『三代目弘道会』傘下で神奈川県厚木市にある『吉田総業』の旧事務所を巡る裁判で、東京高裁は旧事務所を使った場合1日100万円の支払いを組員に課すという判決を下したという情報があった。吉田総業の旧事務所は2016年02月にトラックが突っ込んでおり、まだ事務所として機能していると判断されたようだ。

2017年03月31日付で、吉田総業の現在の事務所にも使用差し止めを命ずる仮処分が出された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

警察庁

2016年08月05日、神戸市灘区にある六代目山口組の総本部の向かいに、兵庫県警が『特別警戒所』を新設するという情報があった。総本部の向かいにあるこの建物は旧県職員庁舎で、現在は使われていなかった。警察は建物を改装して24時間総本部を監視する方針のようだ。

2016年08月26日、兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部『侠友会』事務所の向かいにも、兵庫県警が監視拠点となる警戒施設を建設することを計画しているようで、09月30日に兵庫県の淡路市議会は『侠友会』事務所の前にある土地を購入・整備するための補正予算案を可決した。今後、淡路市は購入した土地を兵庫県警に無償で貸し出し、警戒所を設置する予定だという。

2017年04月03日、神戸山口組の総本部『侠友会』事務所のそばに特別警戒所が設置された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ichidokai

2016年10月13日、六代目山口組の二次団体で福岡市中央区にある『一道会』の事務所が解体・撤去されたという情報があった。山口組の分裂以後、一道会の事務所では神戸山口組系組織によって火炎瓶が投下される事件が発生していた。この事件もあって近隣住民が暴追センターを介して事務所の使用禁止を求める仮処分を福岡地裁に申請、その後に地裁が仮処分を認めたため一道会は事務所を使うことが困難となっていた。

一道会は近隣住民に「引越します、事務所は業者が解体します」と伝え、事務所を解体し撤去した。一道会は福岡市博多区にある六代目山口組系組織の元事務所を取得しており、そこへ移転したのではないかと示唆されている。

2017年01月24日、一道会の事務所が移転した福岡市博多区の場所は小学校から200m以内にあるため、六代目山口組若中で『一道会』会長の一ノ宮敏哲ら計16人が福岡県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された。02月02日には関係先として六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。

2017年02月14日、一道会会長の一ノ宮敏哲が起訴され、他の15人は処分保留で釈放した。2017年03月27日、福岡地裁で一ノ宮敏哲の判決公判が開かれ、裁判長は懲役9箇月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

fuji

2016年12月19日、フジテレビで暴力団事件を担当している社会部記者が、取材を通じて知り合った六代目山口組関係者に利益供与していた疑いがあるという情報があった。この記者は山口組関係者から20回もの過剰な接待を受けた後、山口組関係者が高級車を購入する際の名義貸しに応じたとみられていて、大手マスコミ記者と暴力団関係者との不適切な関係が明るみになった。

2016年12月27日、フジテレビは問題の元記者を休職1箇月の懲戒処分とし、報道担当役員2人を減俸、上司2人を譴責処分とした。2017年03月22日、警視庁はフジテレビ元記者と六代目山口組関係者を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで書類送検する方針。

2017年03月28日、フジテレビ元記者と六代目山口組関係者の計2人を略式起訴され、東京簡裁はフジテレビ元記者に罰金30万円、六代目山口組関係者に罰金40万円の略式命令を出した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

koshokai

2016年04月13日06時20分頃、北海道旭川市にある神戸山口組『池田組』若頭補佐で傘下『二代目孝昇会』会長の自宅の網戸が破られたという情報があった。警察によると2階の窓に向かって火炎瓶が投げられて網戸が破れたとのことだ。『二代目孝昇会』会長の自宅では03月03日に車が突っ込む事件も起こっていた。

2016年05月14日、火炎瓶を投げた犯人として六代目山口組『旭導会』傘下『成瀬組』組員が逮捕され、2016年05月17日には『旭導会』の事務所に家宅捜索が入った。07月13日、六代目山口組『旭導会』幹事長の『成瀬組』組長も逮捕された。

2017年03月29日、旭川地裁で『成瀬組』組員の判決公判が開かれ、裁判長は懲役4年の実刑判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Roku

2017年03月06日、六代目山口組若頭補佐で『三代目一会』会長の野村孝と一会組員の計2人が詐欺の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は大阪市の携帯電話代理店で組員の名義で契約した携帯電話2台を野村会長が使用したというもの。

野村会長は同日に行われた六代目山口組の定例会で幹部から若頭補佐に昇格したとみられており、定例会の直後に逮捕されたようだ。翌日には事件の関係先として六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。

2017年03月28日、逮捕されていた野村会長と組員が不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

takayama

2017年02月14日、病気を理由に刑の執行が停止されている六代目山口組若中で『淡海一家』総長の高山誠賢こと高山義友希が、実際は健康状態に問題が無い可能性が高まったため、刑務所に収監されたという情報があった。高山総長の収監を逃れるため、京都府立医科大学附属病院が虚偽の診断書を提出していた疑いがもたれている。

高山総長は京都市の建設業の男性から4000万円を恐喝した疑いで六代目山口組若頭の高山清司とともに2010年に逮捕され、2015年06月に最高裁で懲役8年の有罪判決が確定していたが、京都府立医大病院から健康状態に懸念があるとする診断書が提出され、2016年02月から刑の執行が停止されていた。

しかし実際には服役可能な健康状態である可能性が高いことが分かったため、刑の執行停止を取り消され高山総長に出頭が要請されたということのようだ。収監を逃れる目的で実際の容体とは異なる診断書が作成された疑いがあり、京都府警は京都府立医大病院と病院長の自宅などを家宅捜索した。

高山総長は四代目会津小鉄会会長だった高山登久太郎の実子で、弘道会の舎弟から山口組の直参となった。同時に逮捕された六代目山口組若頭の高山清司はこの事件で懲役6年が確定し、2014年12月から今も収監されている。暴力団と公立病院が共謀して収監を逃れるため虚偽の診断書を作成したのか、金銭のやり取りがあったかなどが注目される。

2017年03月27日、高山総長の診断書を作成していた康生会『武田病院』の医師らと、六代目会津小鉄会系組員の計3人が虚偽診断書作成で逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

yamaken

2017年03月25日03時頃、大阪府岸和田市にある神戸山口組『四代目山健組』傘下組織が関係するお好み焼き屋に軽トラックが突っ込んだという情報があった。通行人が発見して通報した。軽トラックはその場で乗り捨てられており、盗難車だという。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

takizawa

2016年07月14日、ボディーガードに拳銃を所持させた容疑で裁判が続いている、六代目山口組顧問だった芳菱会『瀧澤孝』元総長の3度目となる初公判が大阪地裁で開かれたという情報があった。下級審で無罪判決が出るが最高裁で差し戻され、20年近く判決が確定しない異例の事態となっている。

2017年01月23日、瀧澤孝元総長の裁判が大阪地裁で開かれ、検察官は懲役10年を求刑し、弁護士はあらためて無罪を主張して結審した。03月24日、瀧澤孝元総長の判決公判で、裁判長は懲役6年の判決を言い渡した。7度目の審理でついに有罪判決となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

山菱

2016年11月25日16時頃、神戸山口組『二代目宅見組』傘下『四代目杉本組』組員が岡山県津山市昭和町にあるガソリンスタンドで撃たれたという情報があった。一発発砲されたが、弾丸は当たっていないようだ。現場で拳銃を持っていた元六代目山口組『大石組』幹部とみられる男が銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。岡山県では今年05月に神戸山口組『池田組』若頭が射殺される事件が起こっており、またもや岡山で神戸山口組系列の組員が狙撃される事件が発生してしまった。

2017年01月12日、現行犯逮捕されていた元六代目山口組『大石組』幹部が殺人未遂の疑いで再逮捕された。03月21日、岡山地裁で元六代目山口組『大石組』幹部の初公判が開かれ、元幹部は起訴内容を認め、検察は懲役7年を求刑した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ