神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

2017年09月

image

2017年09月16日、任侠山口組『織田絆誠』代表の車列が襲撃され、織田代表のボディーガードの楠本勇浩組員が射殺された事件で、襲撃犯の1人とみられる神戸山口組『四代目山健組』傘下『二代目一勢会』組員の黒木こと菱川龍己が殺人の疑いで指名手配された。

警察は他にも数人の神戸山口組系組員が事件に関与しているとみて、捜査を進めている。

神戸市北区山田東下の路上にあった小さなカバンから、事件に使われたとみられる回転式拳銃が2丁と菱川龍己の身分証が見つかり、事件の現場から約200m離れた場所で菱川龍己が逃走する際に使用したとみられるバイクも押収されていた。

2017年09月19日、神戸山口組は指名手配されている菱川龍己について、事件の数か月前から菱川と音信不通になっていたと説明していることが分かった。09月20日、この事件の関係先として神戸山口組の本部『侠友会』事務所や、四代目山健組の本部事務所などに家宅捜索が入った。

2017年09月21日、指名手配されている菱川龍己は六代目山口組『四代目山健組』傘下『二代目一勢会』に所属し、会長の養子になっていたとみられる。山健組の関連施設に住み込みで修行し、神戸山口組の井上邦雄組長の食事係や警護役を務めていたとされる。

2017年09月22日、この事件の関係先として岡山市にある神戸山口組『四代目山健組』傘下『二代目一勢会』事務所に家宅捜索が入った。

 ⇒ 前回までの記事 
任侠山口組『織田絆誠』代表が事件現場で亡くなった組員を追悼、ボディーガード銃撃事件
任侠山口組『織田絆誠』代表ボディーガード銃撃事件、要点まとめ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ito2

2017年05月18日、神戸山口組『健心連合会』副会長ら2人が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は暴力団であることを隠して、大阪市の生野区役所から約60万円の生活保護費を騙し取ったというもの。健心連合会副会長は「俺は暴力団ではない」と容疑を否認しているようだ。

2017年09月04日、神戸山口組舎弟で『健心連合会』会長の伊藤寿邦ら3人が組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕で逮捕された。健心連合会副会長ら2人が不正受給した生活保護費が原資と知りながら現金を受け取ったというもので、翌日には神戸山口組の本部に家宅捜索が入った。

2017年09月22日、伊藤寿邦会長が詐欺の疑いで再逮捕された。再逮捕容疑は暴力団であることを隠して、大阪市天王寺区にあるマンションの一室を借りたというもの。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2017-09-22-19-26-00

2016年02月10日、神戸山口組『四代目山健組』傘下『與組』最高顧問の傘下『誠心会』会長らが覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は鹿児島県沖の洋上で外国船から覚せい剤を密輸したというもので、覚せい剤は約100kg、末端価格70億円というかなりの量だ。この事件で『誠心会』の会長と三役の全員が逮捕され、起訴されている。

2017年09月04日、逮捕されていた『與組』最高顧問と『健國会』元幹部の初公判が開かれ、2人は密輸入については起訴内容を認め、覚せい剤の営利目的所持は否認した。09月12日の公判で検察は與組最高顧問に懲役25年、健國会元幹部に懲役30年を求刑した。

2017年09月22日、2人の判決公判が開かれ、裁判長は與組最高顧問に懲役25年・罰金1000万円、健國会元幹部に懲役27年・罰金1000万円の判決を言い渡した。2人の上にはさらに首謀者がいるようで、首謀者⇒健國会元幹部⇒與組最高顧問という流れで事件が計画されたようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

yokomoto

2015年11月15日、六代目山口組の直参の『二代目愛桜会』会長が殺害されたという情報があった。菱田会長は三重県四日市市のビルの一室で頭から血を流して倒れているところを発見され、病院に運ばれ死亡が確認された。鈍器で殴られた可能性があるとみられており、三重県警は殺人事件の疑いで捜査を開始したという。

2017年05月25日、この事件の犯人として六代目山口組『二代目愛桜会』系元幹部が殺人の疑いで逮捕され、翌日にも愛桜会系元組員が逮捕された。08月31日、愛桜会系元幹部が拳銃と実弾を所持していたとする銃刀法違反の疑いで再逮捕された。

2017年09月21日、事件の支援的な役割を担っていたとみられた愛桜会系元組員は、嫌疑不十分で不起訴処分となった。同日、実行犯とみられる愛桜会系元幹部を匿って犯人蔵匿の罪で起訴されていた二代目愛桜会若中で『九代目津南一家』元総長の公判が開かれ、裁判長は懲役2年6箇月・執行猶予4年を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

image

2017年09月21日、自民党の衆議院議員で総務大臣を務める野田聖子の夫が元暴力団員であると『週刊文春』が報じた。野田聖子の夫は会津小鉄会『昌山組』元幹部で、前科2犯の経歴があるという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

image

2017年09月21日、兵庫県警は任侠山口組『織田絆誠』代表が襲撃されボディガードが撃たれたことを受けて、暴力団組員同士の抗争事件が起きた際の対応訓練を行った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

image

2015年10月06日、長野県飯田市の温泉施設で六代目山口組『二代目近藤組』傘下『二代目掛野組』組員が頭を拳銃で撃たれ、翌日に亡くなる事件が発生した。翌日に同じ組に所属する 『二代目掛野組』若頭が出頭して逮捕された。被害者の組員は神戸山口組へ移籍しようとしていたとされ、移籍をめぐる内紛だとみられている。

この事件の後に六代目山口組若中の二代目近藤組『掛野一彦』組長が除籍され、近藤組は三代目近藤組へ代替わりし、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』の傘下に収まったとみられている。

2017年09月21日、殺人と銃刀法違反の罪で起訴された二代目掛野組元若頭の初公判が開かれ、二代目掛野組元若頭は「殺意は無かった」として無罪を主張した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Roku

2017年09月21日、六代目山口組若中の落合金町連合『佐藤光男』会長と組員の計2人が組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで逮捕された。逮捕容疑は傘下組員が知人から騙し取った100万円の一部を佐藤会長に上納金として渡し、佐藤会長もこの金が犯罪収益で得たものと認識していたというもの。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

image

2017年07月27日23時30分頃、福岡市博多区上川端町の路上で任侠山口組『植木会』幹部ら2人が銃撃される事件が発生した。発砲音は数回聞こえたとされるが、ケガ人はいないようだ。08月02日、この事件の関係先として道仁会傘下の組事務所に家宅捜索が入った。

2017年09月11日、この事件の犯人として四代目道仁会『松永組』幹部ら計5人が殺人未遂などの疑いで逮捕され、他に犯行に関わったとされる3人の行方が追われている。

2017年09月20日、この事件の関係先として浪川会の本部事務所に家宅捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

山菱

2016年05月31日に発生した神戸山口組『池田組』高木若頭銃撃事件で、出頭し逮捕されていた六代目山口組『三代目弘道会』傘下『三代目高山組』傘下『山本興業』組員の山本英之の1審判決公判が2017年01月30日に岡山地裁で開かれ、裁判長は求刑と同じ無期懲役の判決を言い渡した。山本は判決が重すぎるとして控訴した。

2017年09月15日、山本英之の2審判決公判が広島高裁岡山支部で開かれ、裁判長は1審の無期懲役判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

 ⇒ 前回までの記事 
神戸山口組『池田組』高木若頭銃撃事件 ①
神戸山口組『池田組』高木若頭銃撃事件 ②続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ