神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

2018年10月

IMG_4864

2018年10月18日、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部ら7人が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は神奈川県横浜市などの住宅で、大麻草を100本以上栽培していたというもの。 続きを読む

IMG_4892

2018年10月25日、聴覚障害者で元暴力団組員の男が、恐喝の疑いで逮捕された。逮捕容疑は知人で聴覚障害者の女性とビデオ通話をしている際、手話で「自分はヤクザ」などと脅し、現金を振り込ませたというもの。10月12日にはこの事件とは別に、聴覚障害者の住吉会系組長らが、聴覚障害者の女性を脅して逮捕されるという事件も起こっていた。

 ⇒ 関連記事 
聴覚障害者を手話で脅す、住吉会系組長ら3人逮捕 続きを読む

Roku

2018年10月03日、六代目山口組若中で『三代目岸本組』組長の野元信孝ら3人が、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕された。逮捕容疑は自身が所有する高級車の名義を、別人に変更したというもの。

2018年10月23日、三代目岸本組組長の野元信孝が詐欺の疑いで再逮捕された。再逮捕容疑は居住していない市に国民健康保険証を交付させ、医療機関10箇所で診察を受け、医療費の一部の支払いを免れたというもの続きを読む

IMG_4857

2018年10月12日、住吉会系組長やその妻ら3人が強要の疑いで逮捕された。逮捕容疑は共謀して妻が、聴覚障害者の女性を手話で脅し、指示をして文章を書かせ、妻が前まで一緒に住んでいた聴覚障害者の男性を妻の元へ戻すよう強要した疑い。妻は男性の貯金を無断で流用しており、それに気付いた女性が男性を別の場所に避難させていた。逮捕された3人も聴覚障害者だという。 続きを読む

IMG_4871

2018年10月16日、任侠山口組『四代目竹内組』幹部の『二代目堀田組』組長ら3人が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は知人の男性に、事業のために車が必要だと嘘をつき、退職金の一部の250万円を騙し取ったというもの。 続きを読む

IMG_4793

2018年09月26日、神戸山口組若頭補佐で『二代目黒誠会』会長の剣政和ら2人が恐喝の疑いで逮捕された。逮捕容疑は用心棒代を今後支払わないとする会社役員の男性に対し「金を払わないなら暴力団との関係をばらす」などと言って、約2500万円を脅し取ったというもの。

2018年09月27日、この事件の関係先として神戸山口組の連絡所に家宅捜索が入った。10月17日、二代目黒誠会会長の剣政和は不起訴となり、共犯とされた自営業の男は起訴された。続きを読む

IMG_4868

2018年09月28日、住吉会系組員ら4人が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。逮捕容疑は障害者に交付される標章を不正に使用し、駐車違反の取り締まりを免れたというもの。

2018年10月16日、住吉会系組員1人が不起訴処分となり、残りの3人が略式起訴された。続きを読む

IMG_3943

2018年02月23日03時50分頃、東京都千代田区にある在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部の建物が銃撃され、右翼活動家と六代目山口組系元幹部の2人が逮捕された。逮捕された右翼は大物右翼活動家とされる桂田智司で、これまでにも多数の事件を起こしており、ネット上で知名度が高い人物だった。

2018年02月27日、桂田は「北朝鮮のミサイル発射に対して堪忍袋の緒が切れた、捕まらなければ車で突っ込む予定だった」などと供述しているという。03月15日、桂田ら2人が銃刀法違反の疑いで再逮捕された。

2018年10月12日、桂田智司と六代目山口組系元幹部の判決公判が東京地裁で開かれ、裁判長は桂田に懲役7年、元幹部に懲役8年の判決を下した。続きを読む

IMG_3806

2018年02月08日02時25分頃、大阪府大阪市西区にある任侠山口組『山本会』の事務所にトラックが突っ込んだ。事務所は無人で、ケガ人は無かった。前日に任侠山口組と神戸山口組系の組員がトラブルとなる事件も起こっていて、抗争の可能性もあるとみられている。

2018年10月11日、この事件の犯人として神戸山口組『奥浦組』幹部ら4人が逮捕された。続きを読む

IMG_4796

2018年09月19日、任侠山口組系組員ら2人が旅館業法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は宮城県石巻市で宿泊施設を無許可営業していたというもので、09月27日には兵庫県尼崎市にある任侠山口組『二代目古川組』などに家宅捜索が入った。

2018年10月10日までに、仙台地検は任侠山口組系組員ら2人を起訴猶予処分とした。続きを読む

↑このページのトップヘ