神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

2019年11月

iwata3

2018年04月20日、自民党の奈良県議会議員で奈良県議会議長を務める岩田国夫が、元山口組系組長と親しく交際し、奈良市内のホテルで元組長に議長就任のあいさつをしたと奈良新聞が報じた。岩田議長は「会ったのは2度だけ、親しい交際や就任あいさつの事実は全くない」と主張し、虚偽の報道で名誉を傷つけられたとして奈良新聞を提訴した。

2018年07月、岩田国夫が奈良県議会議長を退任した。07月10日、奈良新聞社は虚偽告訴と信用棄損の罪で岩田前議長を奈良地検に告訴した。

2019年11月29日、岩田国夫元議長が奈良新聞社を名誉棄損などで訴えた裁判の判決公判が開かれ、裁判長は奈良新聞に55万円の支払いを命じた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

sugaya2

2016年12月20日03時頃、神奈川県伊勢原市にある病院に男が「ケンカをした人を運んできた」と言って、稲川会『十一代目堀井一家』渉外委員長の傘下『池永組』組長を放置して立ち去ったという情報があった。池永組長には武器で殴られたような痕があり、まもなく死亡が確認された。

2016年12月20日13時頃、東京都新宿区大久保にある住吉会の組事務所が入るビルの1階に銃弾3発が撃ち込まれた。池永組長が撲殺された事件の報復の可能性がある。稲川会『十一代目堀井一家』と住吉会『十三代目幸平一家』との間で何らかのトラブルが発生しているとみられている。

2019年11月30日、住吉会の組事務所が入るビルの1階に拳銃を発砲したとして、稲川会『十一代目堀井一家』総長ら8人が銃刀法違反の疑いで逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年11月06日、公園の敷地内に拳銃などを隠していたとして、六代目山口組『十代目瀬戸一家』幹部が銃刀法違反などの疑いで逮捕された。幹部の自宅の隣にある愛知県森林公園の土の中に、拳銃2丁や実弾約35発を埋めて隠していたという。11月14日、新たに別の六代目山口組『十代目瀬戸一家』幹部が、銃刀法違反などの疑いで逮捕された。

2019年11月29日までに、逮捕されていた六代目山口組『十代目瀬戸一家』幹部2人が不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hongo6

2017年04月、富山県射水市桜町にある任侠山口組『四代目本江組』の本部事務所が、富山県暴力追放運動推進センターによって使用差し止めを求める仮処分を申し立てられた。

2018年01月17日、富山地裁高岡支部で弁論準備手続きが行われ、四代目本江組が来月末までに事務所を立ち退く意向を示した。最近は事務所として使っておらず、部屋住みの組員も居なかったとみられている。03月07日、四代目本江組は建物を所有者に明け渡し、今後は暴力団事務所として使用しないとすることで、住民側と和解した。

2019年07月、地元住民は富山県射水市に対し、四代目本江組の旧本部事務所の建物の撤去や土地の取得を求める要望書を提出したが、08月に射水市は「行政財産として活用する目的がない」として、応じない意向を示している。

2019年11月28日、富山県警は四代目本江組が提出した解散届を受理し、四代目本江組は解散したと発表した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2019年06月18日までに、六代目山口組若頭補佐の三代目弘道会『竹内照明』会長のボディーガード役の組員が、竹内会長の警護をする際、JR新神戸駅からJR新大阪まで新幹線をキセル乗車したとして、鉄道営業法違反と建造物侵入の罪で在宅起訴された。

2019年11月28日、ボディーガード役の組員の判決公判が開かれ、裁判長は建造物侵入の罪は無罪、鉄道営業法違反の罪は罰金1万円の判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年11月13日頃、六代目山口組統括委員長の極心連合会『橋本弘文』会長が引退することが発表された。橋本会長は二~三代目山健組で要職を歴任し、2005年に五代目山口組の直参へ昇格。六代目山口組体制でナンバー3~4の重責を担い、高山若頭の収監中は若頭に代わって執行部を切り盛りした。

山口組分裂後の2015年12月、橋本会長の引退or離脱騒動が発生し、一時は行方不明にもなったが、引退や離脱を撤回し、六代目山口組に残留し現役続行していた。高山若頭が出所して現場復帰すると、高山若頭に引退の意思を伝え、正式に引退が決まったとみられる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年11月22日、写真週刊誌『FRIDAY』は、いま政治問題となっている安倍総理主催の『桜を見る会』に、元山口組系組員が出席していたと報じた。元組員は、山口組『山健組』傘下だった『臥龍会』の組員で、19歳頃から30歳頃まで所属していたという。その後、暴力団から足を洗い、奈良県高取町議会議員に転身している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

takahashi7

2019年11月21日までに、北海道の山林で大麻を栽培していたとして、六代目山口組『四代目誠友会』幹部ら6人が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。幹部らは北海道乙部町の山林で大麻を栽培し、40km以上離れた北斗市で加工していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5053

2019年11月18日09時前、神戸山口組幹部の四代目大門会『清崎達也』会長が、熊本市中央区にある事務所前で何者かに刃物で切り付けられる事件が発生した。清崎会長は来客に応対するため事務所の外に出たところ、いきなり切り付けられたという。その後、六代目山口組系組員ら2人が警察署に出頭し、逮捕された。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

nouchi

2019年11月中旬、六代目山口組『三代目弘道会』が人事を刷新し、中野寿城若頭が舎弟頭補佐に直り、野内正博統括委員長が新たに若頭に就任した。野内組長は六代目山口組が分裂して以降、神戸山口組の組員らと何度も抗争を繰り返し、対立組織を切り崩して傘下に収め、勢力も拡大していた。

山口組分裂抗争のキーマンとなっていた野内組長は、六代目山口組の直参に昇格するかとみられていたが、三代目弘道会のナンバー2に納まることとなった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ