神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

カテゴリ: 山口組分裂

IMG_4572

2016年07月15日16時40分頃、神戸山口組『四代目山健組』傘下『二代目健仁会』幹部が拳銃で撃たれたと通報があった。撃たれた幹部は病院に搬送され亡くなった。07月17日、事件当日に通報者の元組員が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕され、『二代目健仁会』幹部の遺体からも薬物反応があったことが分かった。

2016年09月07日、この事件の犯人として六代目山口組『三代目弘道会』系幹部ら3人が盗品等運搬と殺人と銃刀法違反(加重所持)の疑いで逮捕された。事件の背景には薬物トラブルがあるとみられている。

11月05日、事件の通報者で覚せい剤取締法違反で拘留されている元組員が、名古屋拘置所で倒れ亡くなった。11月12日、逮捕された3人のうちの1人で、殺人罪で起訴され拘留されていた男も名古屋拘置所で倒れ、亡くなった。

2018年01月22日、逮捕され殺人や銃刀法違反などの罪で起訴されている六代目山口組『三代目弘道会』系幹部ら2人の初公判が名古屋地裁で開かれ、2人は黙秘し弁護側は全面無罪を主張した。02月07日、2人の裁判が開かれ、裁判長は愛知県警が行ったすでに亡くなっている犯人の1人に対する取り調べについて、「便宜供与が疑われるような言動があり、不当なものだった」と指摘した。

2018年02月14日、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部ら2人の裁判が開かれ、検察側は2人に無期懲役を求刑した。02月20日、2人の判決公判で、裁判長は2人にそれぞれ懲役30年の判決を下した。

2018年07月11日、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部ら2人の二審の判決公判が開かれ、裁判長は一審の判決を破棄し、それぞれに懲役28年の判決を下した。続きを読む

IMG_4359

2017年06月20日午前、兵庫県稲美町にある神戸山口組の関連施設に、銃弾が撃ち込まれたような跡が発見された。警察に情報が寄せられて捜査員が調べたところ、弾痕が数箇所見つかったという。この施設は神戸山口組『井上邦雄』組長の別宅だとみられている。

2017年07月14日、神戸山口組『四代目山健組』系組員が証拠隠滅の疑いで逮捕された。逮捕容疑は住み込みをしていた組員が発砲事件の直後、外を確認した際に発見した空の薬莢5個を証拠品として提出せず、隠していたというもの。07月23日、新たに神戸山口組『四代目山健組』系組長と組員の計2人が証拠隠滅の疑いで逮捕された。

2018年05月21日、この事件の犯人として六代目山口組『四代目倉本組』若頭補佐とみられる男が銃刀法違反と建造物損壊の疑いで逮捕された。06月04日、指示役とみられる六代目山口組『四代目倉本組』幹部が逮捕された。

2018年06月08日、逮捕されていた六代目山口組『四代目倉本組』若頭補佐が起訴された。06月21日、実行役とみられる六代目山口組『四代目倉本組』系幹部が銃刀法違反などの疑いで逮捕された。続きを読む

image

2015年10月06日、長野県飯田市の温泉施設で六代目山口組『二代目近藤組』傘下『二代目掛野組』組員が頭を拳銃で撃たれ、翌日に亡くなる事件が発生した。翌日に同じ組に所属する 『二代目掛野組』若頭が出頭して逮捕された。被害者の組員は神戸山口組へ移籍しようとしていたとされ、移籍をめぐる内紛だとみられている。

この事件の後に六代目山口組若中の二代目近藤組『掛野一彦』組長が除籍され、近藤組は三代目近藤組へ代替わりし、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』の傘下に収まったとみられている。

2017年09月21日、殺人と銃刀法違反の罪で起訴された二代目掛野組元若頭の初公判が開かれ、二代目掛野組元若頭は「殺意は無かった」として無罪を主張した。09月28日に行われた公判で、検察は「暴力団の対立抗争を背景にした危険で冷酷な犯行」などとして、無期懲役を求刑した。

2017年10月05日、一審の判決公判で、裁判長は二代目掛野組元若頭に懲役30年の実刑判決を下した。2018年06月18日、二審の判決公判で、裁判長は二代目掛野組元若頭の控訴を棄却した。続きを読む

teraya
火炎瓶が投げ込まれた十五代目寺谷一家の事務所とみられる建物

2016年03月16日01時頃、六代目山口組『五代目國粹会』傘下で埼玉県行田市にある『十五代目寺谷一家』の事務所に火炎瓶が投げ込まれたという情報があった。 この1時間ほど前には事務所から数キロ離れた場所で『十五代目寺谷一家』関係者の車が燃やされる事件も起きているようだ。

2016年06月07日、火炎瓶投下の犯人として神戸山口組系組員ら3人が逮捕され、関係先として神戸山口組『四代目山健組』傘下『誠竜会』会長の自宅に家宅捜索が入った。2016年06月28日、逮捕されている3人が火炎瓶投下の直前に『十五代目寺谷一家』関係者の車を燃やした疑いで再逮捕された。

2016年10月25日、逮捕されていた神戸山口組系組員1人が火炎瓶投下事件で使用した車を盗んだとして窃盗の疑いで再逮捕された。

2018年05月10日、5つの罪で起訴されていた神戸山口組系組員の判決公判が開かれ、裁判長は「県警の約7箇月にわたったビデオ撮影による証拠収集は違法」として証拠採用せず、放火など3つの罪について無罪を言い渡した。

2018年05月25日、さいたま地検は期限までに控訴しなかったため、一審さいたま地裁の判決が確定した。続きを読む

IMG_4158

2018年02月07日未明、任侠山口組相談役の土倉太郎が大阪市中央区の路上で、神戸山口組『四代目山健組』傘下『二代目兼一会』組員らに暴行を受けた。土倉太郎は頭にケガを負ったが、命に別状は無かった。

2018年02月11日、二代目兼一会は四代目山健組から絶縁処分され、02月21日に六代目山口組『極心連合会』へ移籍した。

2018年04月17日、この事件の犯人として六代目山口組『極心連合会』傘下『二代目兼一会』総本部長ら計5人が傷害などの疑いで逮捕され、04月19日にも『二代目兼一会』幹部1人が逮捕された。続きを読む

IMG_4159

2018年02月11日、神戸山口組『四代目山健組』統括委員長で『二代目兼一会』会長の植野雄仁が、四代目山健組から絶縁処分されたという情報があった。二代目兼一会は大阪のミナミでは有名な組織で、武闘派として名を馳せ、半グレとの関りも指摘されていた。二代目兼一会は同じ神戸山口組傘下の太田興業とトラブルになっており、和解案に植野会長が反発したことが絶縁の主な理由とされる。

2018年02月21日、二代目兼一会は六代目山口組『極心連合会』に加入した。続きを読む

IMG_4029

2017年03月25日03時頃、大阪府岸和田市にある神戸山口組『四代目山健組』傘下組織が関係するお好み焼き屋に軽トラックが突っ込んだという情報があった。通行人が発見して通報した。軽トラックはその場で乗り捨てられており、盗難車だという。

2018年03月14日、この事件の犯人として六代目山口組『三代目司興業』組員が建造物損壊の疑いで逮捕され、03月19日には関係先として神戸市灘区にある六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。03月20日、関係先として愛知県名古屋市にある三代目司興業の本部にも家宅捜索が入った。続きを読む

IMG_3950

2016年12月06日21時25分頃、愛知県名古屋市港区錦町の雑居ビル付近で発砲事件があったという情報があった。現場では六代目山口組『三代目弘道会』若頭補佐の傘下『二代目野口興業』組長ら男女5~6人が別の人物とトラブルになっていたとみられている。ケガ人はなく、野口興業組長は無傷だったようだ。

2017年06月19日、神戸山口組『四代目山健組』傘下『五代目健竜会』若頭補佐ら2人が脅迫の疑いで逮捕された。銃声はおもちゃの銃の発砲音だったようで、音しか出なかったという。2017年07月10日、五代目健竜会若頭補佐ら2人が不正に携帯電話を契約した詐欺の疑いで再逮捕された。

2017年08月16日、五代目健竜会若頭補佐ら2人が銃刀法違反(共同所持)の疑いで再逮捕された。モデルガンではなく、本物の拳銃と実弾を車内に保管していた。09月07日、逮捕されていた組員が覚せい剤取締法違反の疑いで再逮捕される予定。

2017年09月07日、脅迫などの罪で起訴されている五代目健竜会若頭補佐の初公判が名古屋地裁で開かれ、若頭補佐は起訴内容を認めた。2017年11月28日、五代目健竜会若頭補佐の判決公判が開かれ、裁判長は懲役3年・執行猶予4年の判決を下した。

2018年02月27日、7つの罪で起訴されている五代目健竜会系組員の判決公判が開かれ、裁判長は懲役8年の判決を下した。続きを読む

honda

2016年08月19日00時50分頃、宮崎県宮崎市の路上で乱闘事件があり、元六代目山口組『四代目石井一家』系組員が病院で死亡したという情報があった。組員らは神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』系組員らとトラブルになったという情報もあるが、詳細はまだよく分からない。

2016年08月21日、宮崎県警は集団的暴行の疑いで現場から立ち去った暴力団員ら数人の逮捕状を取った。2016年08月22日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』理事長補佐の傘下『健成会』会長と若頭2人が出頭し、逮捕された。死亡した元組員と一緒にいた知人2人を暴行したという容疑での逮捕のようだ。

2016年08月25日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』本部長ら2人が出頭し逮捕された。同日には『志龍会』の上部団体で岡山市北区にある『池田組』に家宅捜索が入った。2016年08月30日には神戸山口組『池田組』若頭代行の傘下『志龍会』会長が逮捕された。09月03日に『志龍会』舎弟ら2人が逮捕され、09月04日には『志龍会』組員ら2人が逮捕された。

2016年09月05日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』副会長ら2人が逮捕され、09月12日には職業不詳の男も逮捕され、これでこの事件の逮捕者は12人となった。09月13日、逮捕されていた神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』理事長補佐の傘下『健成会』会長と若頭の2人が再逮捕され、09月15日に逮捕されていた神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』本部長ら2人が再逮捕、09月21日には逮捕されていた神戸山口組『池田組』若頭代行の『志龍会』会長が再逮捕された。

2016年12月05日、逮捕されていた『志龍会』理事長補佐の『健成会』会長ら2人の初公判が宮崎地裁で開かれた。被害者らは『志龍会』事務所前に車で様子を見に行き、外出から戻ってきた組員らの車と鉢合わせとなり、口論から暴行に発展したということが明らかになった。2017年01月17日、『健成会』会長ら2人の判決公判が開かれ、死亡した元組員と一緒にいた男性に暴行した傷害事件で、裁判官は懲役1年6箇月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

2017年09月13日、逮捕されていた『志龍会』若中の『龍克会』会長ら2人の初公判が宮崎地裁で開かれ、龍克会会長は「死ぬかと思って刺したが共謀はしていない」と述べた。11月01日、『龍克会』会長ら2人の論告求刑公判で、検察は懲役20年を求刑した。11月30日、逮捕されていた『志龍会』本部長の『二代目誠龍会』会長の判決公判が宮崎地裁で開かれ、死亡した元組員と一緒にいた男性に暴行した傷害事件で、裁判長は懲役1年の判決を下した。

2018年02月22日、『志龍会』若中の『龍克会』会長ら2人の判決公判が宮崎地裁で開かれ、裁判長は懲役14~16年の判決を下した。 続きを読む

yokoi

2017年06月13日午後、愛媛県西条市神拝甲の路上で神戸山口組『二代目木村會』幹事長が刺されるという事件が発生した。木村會幹事長は病院で死亡が確認された。翌日に六代目山口組『二代目大石組』舎弟頭が殺人容疑で逮捕された。2人は以前から面識があり、事件直前に一緒に居るのを目撃されているということで、抗争ではなく個人的なトラブルの可能性もあるという。

2017年07月04日、逮捕されていた大石組舎弟頭は傷害致死の罪で起訴された。大石組舎弟頭は「(木村會幹事長に)バカにされて腹が立った」と供述していたが、殺意は立証できなかったようだ。2018年01月30日、傷害致死などの罪に問われている大石組舎弟頭の初公判が松山地裁で開かれ、大石組舎弟頭は「刺そうと思って刺したわけではない」として起訴内容を一部否認した。

2018年02月08日、大石組舎弟頭の判決公判が松山地裁で開かれ、裁判長は懲役7年(求刑懲役10年)の実刑判決を下した。続きを読む

↑このページのトップヘ