神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

カテゴリ: 山口組分裂

FullSizeRender

2019年09月18日までに、任侠山口組『四代目竹内組』幹部ら9人が逮捕監禁傷害の疑いで逮捕された。逮捕容疑は長野県飯田市にある飲食店の駐車場で、六代目山口組『三代目弘道会』系組長に暴行を加えて車で連れ去り、山中まで拉致監禁したというもの。三代目弘道会系組長は全治9箇月の大ケガを負った。

長野県では山口組分裂に伴う抗争がたびたび発生していて、今回の事件も分裂抗争だとみられている。続きを読む

IMG_6440

2019年01月29日夜、神戸市西区玉津町にある市営住宅の駐車場で、止めてあった任侠山口組『絆真会』会長の妻の車が、何者かに銃撃される事件が発生した。車の運転席側に数箇所の弾痕が見つかっていて、警察は山口組分裂による抗争事件の可能性もあるとみて捜査している。

2019年02月05日、この事件の犯人として六代目山口組『極心連合会』傘下『二代目兼一会』傘下『秀誠会』本部長が逮捕され、02月26日に再逮捕された。

車を撃たれた絆真会会長は元々は秀誠会の若頭だったが、秀誠会の創設者が組員数人を連れて六代目山口組へ出戻る際、任侠山口組に残留。任侠山口組に残った秀誠会組員を束ねて絆真会を結成し、任侠山口組の直参に昇格していたため、秀誠会の内部抗争とみられている。

2019年09月12日、秀誠会本部長の判決公判が開かれ、裁判長は懲役5年(求刑懲役6年)の実刑判決を下した。続きを読む

FullSizeRender

2019年09月09日未明、愛知県豊橋市にある六代目山口組『十一代目平井一家』の本部事務所に向けて、何者かが拳銃を発砲するという事件が発生した。組事務所はJR豊橋駅から約3km離れた住宅街にあり、正面玄関の付近で2つの弾痕が発見された。犯人はバイクで逃走しているとみられ、警察が行方を追っている。続きを読む

FullSizeRender

2019年08月21日夕方、神戸市中央区にある六代目山口組『三代目弘道会』の神戸事務所前で、組員が撃たれるという事件が発生した。事務所へ車で戻ってきた組員が、バイクで近づいてきた何者かに拳銃を発砲され、重体だという。犯人は現場からバイクで逃走している。続きを読む

IMG_5492

2018年12月02日20時過ぎ、岡山県津山市南町にある六代目山口組『二代目竹中組』傘下『三代目杉本組』幹部の男性の自宅が、何者かに拳銃を発砲される事件が発生した。警察は六代目山口組と神戸山口組の対立抗争や、個人的なトラブルの可能性を視野に捜査している。

2019年04月05日、この事件の犯人として、神戸山口組『二代目宅見組』傘下『四代目杉本組』幹部が銃刀法違反の疑いで逮捕された。

岡山県津山市にある杉本組は分裂していて、発砲された『二代目竹中組』傘下『三代目杉本組』は、事件後に二代目竹中組を離脱し、神戸山口組『池田組』へ移籍したとみられている。

2019年07月26日、逮捕されていた四代目杉本組幹部が不起訴処分となった。続きを読む

IMG_5324
自宅にトラックが突っ込んだ、元任侠山口組総本部長補佐・四代目絆連合会長で、現在は六代目山口組三代目弘道会傘下野内組舎弟・二代目北村組組長の西川純史

2019年02月07日未明、元任侠山口組『四代目絆連合』会長で、現在は六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』舎弟である西川純史の、大阪市生野区にある自宅に軽トラックが突っ込む事件が発生した。玄関付近が破損したが、ケガ人は無かった。

西川純史は10年以上も任侠山口組の織田絆誠代表とともに歩んできたが、2018年09月に任侠山口組を離脱して六代目山口組へ移籍していた。

2019年05月14日、この事件の犯人として、飲食店店員ら2人が建造物損壊の疑いで逮捕された。07月03日、新たに指示役とみられる、神戸山口組『太田興業』幹部が建造物損壊などの疑いで逮捕された。続きを読む

警察庁

兵庫県公安委員会は両山口組のトップから意見聴取する予定だという情報があった。六代目山口組は3年で切れる指定暴力団を更新するため、神戸山口組はまだ指定暴力団に指定されていないため、意見聴取をしてから指定する予定だったが、両団体とも意見聴取に出席しなかった。

2016年04月15日、兵庫県公安委員会は神戸山口組を指定暴力団に初めて指定し、今日の官報に公示された。ついに神戸山口組は指定暴力団となった。06月13日、兵庫県公安委員会は六代目山口組を9回目となる指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。両団体ともに今後も抗争事件が続けば、より厳しい規制が可能になる『特定抗争指定暴力団』への指定も検討される。

2018年02月01日、兵庫県公安委員会は任侠山口組を指定暴力団に指定する方針を固めた。02月26日に任侠山口組から意見聴取し、03月にも指定するとみられている。02月26日、任侠山口組から意見聴取する予定だったが、組側は意見聴取を欠席した。03月22日、兵庫県公安委員会は任侠山口組を指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。

2018年12月07日、兵庫県公安委員会は神戸山口組の本拠地を、兵庫県淡路市志筑から兵庫県神戸市中央区二宮町に変更し、今日の官報に記載された。2019年04月09日、兵庫県公安委員会は神戸山口組を2回目となる指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。

2019年06月17日、兵庫県公安委員会は六代目山口組を10回目となる指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。続きを読む

IMG_5616

2019年04月18日未明、神戸市中央区にある春日野道商店街の路上で、神戸山口組『五代目山健組』の最高幹部が刃物で刺され、重傷を負う事件が発生した。刺されたのは『五代目山健組』若頭で『與組』組長の與則和で、病院に搬送されたが命に別状は無かった。

その後、六代目山口組系組員とみられる男2人が出頭し、逮捕された。警察は山口組分裂に伴う抗争の可能性があるとみて、捜査している。

2019年04月24日、この事件の関係先として、岐阜県岐阜市にある野内組の本部に家宅捜索が入った。05月09日、逮捕されていた六代目山口組系組員2人が、殺人未遂と銃刀法違反の罪で起訴された。続きを読む

IMG_5487

2019年04月03日、大分県大分市にある六代目山口組『四代目石井一家』傘下『三代目大友会』の事務所に家宅捜索が入り、傘下組長ら10人が傷害や暴行などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は宮崎県宮崎市の路上で歩いていた男性に背後から車で衝突したり、別の男性が乗っている車に故意に車で衝突したりしたというもの。続きを読む

honda

2016年08月19日00時50分頃、宮崎県宮崎市の路上で乱闘事件があり、元六代目山口組『四代目石井一家』系組員が病院で死亡したという情報があった。組員らは神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』系組員らとトラブルになったという情報もあるが、詳細はまだよく分からない。

2016年08月21日、宮崎県警は集団的暴行の疑いで現場から立ち去った暴力団員ら数人の逮捕状を取った。2016年08月22日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』理事長補佐の傘下『健成会』会長と若頭2人が出頭し、逮捕された。死亡した元組員と一緒にいた知人2人を暴行したという容疑での逮捕のようだ。

2016年08月25日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』本部長ら2人が出頭し逮捕された。同日には『志龍会』の上部団体で岡山市北区にある『池田組』に家宅捜索が入った。2016年08月30日には神戸山口組『池田組』若頭代行の傘下『志龍会』会長が逮捕された。09月03日に『志龍会』舎弟ら2人が逮捕され、09月04日には『志龍会』組員ら2人が逮捕された。

2016年09月05日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』副会長ら2人が逮捕され、09月12日には職業不詳の男も逮捕され、これでこの事件の逮捕者は12人となった。09月13日、逮捕されていた神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』理事長補佐の傘下『健成会』会長と若頭の2人が再逮捕され、09月15日に逮捕されていた神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』本部長ら2人が再逮捕、09月21日には逮捕されていた神戸山口組『池田組』若頭代行の『志龍会』会長が再逮捕された。

2016年12月05日、逮捕されていた『志龍会』理事長補佐の『健成会』会長ら2人の初公判が宮崎地裁で開かれた。被害者らは『志龍会』事務所前に車で様子を見に行き、外出から戻ってきた組員らの車と鉢合わせとなり、口論から暴行に発展したということが明らかになった。2017年01月17日、『健成会』会長ら2人の判決公判が開かれ、死亡した元組員と一緒にいた男性に暴行した傷害事件で、裁判官は懲役1年6箇月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

2017年09月13日、逮捕されていた『志龍会』若中の『龍克会』会長ら2人の初公判が開かれ、龍克会会長は「死ぬかと思って刺したが共謀はしていない」と述べた。11月01日、『龍克会』会長ら2人の論告求刑公判で、検察は懲役20年を求刑した。11月30日、逮捕されていた『志龍会』本部長の『二代目誠龍会』会長の判決公判が開かれ、死亡した元組員と一緒にいた男性に暴行した傷害事件で、裁判長は懲役1年の判決を下した。

2018年02月22日、『龍克会』会長ら2人の判決公判が開かれ、裁判長は懲役14~16年の判決を下した。11月01日、『龍克会』会長の二審の判決公判が開かれ、裁判長は1審の懲役14年を破棄し、無罪を言い渡した。

2018年11月15日、期限までに宮崎高検が上告しなかったため、『龍克会』会長の無罪判決が確定した。2019年03月28日、被害者の遺族が『龍克会』会長ら2人に損害賠償を求めた訴訟の判決公判が開かれ、裁判長は2人に計3760万円の支払いを命じた。続きを読む

↑このページのトップヘ