神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

カテゴリ: 神戸山口組

Kobe

2021年12月01日、不法滞在しているベトナム人を解体業に従事させたとして、神戸山口組『二代目宅見組』系幹部や解体業者など8人が入管法違反や職安法違反の疑いで逮捕された。ベトナム人業者から紹介を受けた幹部が、解体業者にベトナム人を派遣していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

無題s

2019年08月26日、神戸山口組が旧本部である侠友会の組事務所の土地と建物について、売却する意向を示していることが分かった。兵庫県淡路市にある侠友会の組事務所は、神戸山口組の発足当初から本部事務所として使用されてきたが、近隣住民や暴追センターによる暴力団追放運動で閉鎖に追い込まれていた。

2021年12月01日、兵庫県淡路市は神戸山口組の旧本部である侠友会の組事務所の土地と建物を買い取る方針を発表した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-神戸山口組-組織図-01

神戸山口組の現在の組織図、直系組長の一覧。各直系組長の簡単な経歴も分かる範囲で書いていますが、間違っている箇所があるかもしれないので参考程度にして下さい。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-神戸山口組-人事変遷-01

神戸山口組の結成から現在までの人事変遷の一覧。役職変更、直参昇格、降格、加入、復帰、引退、離脱、処分、逝去、代替り、組織名改称など。間違っている箇所があるかもしれないので、参考程度にして下さい。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸山口組-代紋

2021年06月22日、神戸山口組が新たな人事を行い、神戸山口組若頭補佐を務める五龍会の青木和重会長が神戸山口組副本部長に起用され、神戸山口組『侠友会』舎弟頭を務める徳心会の近藤大恵会長が、直参に昇格して神戸山口組舎弟に就任した。

これまで神戸山口組では、総本部長だった正木年男組長が引退し、本部長の毛利善長組長が亡くなるなど、本部長系の役職が空席のままであった。その後、青木会長は神戸山口組本部長に昇格したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kumamotogumi4

2021年09月27日、岡山県暴力追放運動推進センターは、すでに解散している神戸山口組傘下だった三代目熊本組の、岡山県倉敷市にある組事務所を買い取り、更地にした後に民間に転売する方針だということが分かった。

熊本組は、半世紀以上も山口組の直系組織であったが、2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成された後、11月に六代目山口組を離脱して神戸山口組へ移籍。2020年12月に若頭の組事務所が銃撃され、若頭らは六代目山口組系組織へ移籍。2021年05月には組長の自宅が銃撃される事件が発生。2021年06月に組長は引退し、三代目熊本組は解散していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

fujiyama1

2021年04月19日朝、大分県日田市にある神戸山口組『山健組』傘下『小島会』の組事務所に、火炎瓶のような物が投げ込まれる事件が発生した。

小島会は六代目山口組『一道会』の傘下だったが、一道会を離脱して神戸山口組『四代目山健組』に移籍。2016年01月に六代目山口組『一道会』の組事務所に火炎瓶を投げ込む事件を起こしており、小島会会長らが逮捕されていた。警察は山口組の分裂抗争の可能性があるとみて捜査している。

2021年07月02日、この事件の犯人として、六代目山口組系組員が火炎瓶処罰法違反の疑いで逮捕され、その後に起訴された。

2021年11月15日、六代目山口組系組員の判決公判で、裁判長は懲役7年・罰金100万円の判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

nakamura67

2021年11月15日、兵庫県尼崎市にある神戸山口組『三代目古川組』の組事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。組事務所の付近で三代目古川組組長が銃撃される事件が発生していて、近隣住民から不安の声が上がっていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

仲村

2020年11月03日昼、兵庫県尼崎市のコンビニ駐車場付近で、神戸山口組若頭補佐を務める三代目古川組の仲村石松組長ら2人が、何者かに拳銃で銃撃される事件が発生した。2人は病院に搬送されたが、命に別条はなかった。犯人は現場から逃走している。

兵庫県尼崎市では約1年前の2019年11月に、神戸山口組幹部だった三代目古川組の古川恵一総裁が六代目山口組系元組員に銃撃され、亡くなる事件が発生していて、またしても三代目古川組が狙われる事件が起こった。

2020年11月05日、現場から逃走していた六代目山口組『三代目司興業』幹部が出頭して逮捕され、11月11日にはもう1人の犯人とみられる六代目山口組『三代目司興業』系幹部が出頭し逮捕された。

2021年11月12日、六代目山口組『三代目司興業』幹部ら2人の初公判で、2人は殺意を否定した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

池田組 デザイン

2020年07月27日、神戸山口組最高顧問を務める池田組の池田孝志組長が、神戸山口組からの離脱を表明したと報じられた。

池田組長は2015年08月に六代目山口組を離脱し、神戸山口組の結成に参画。神戸山口組舎弟頭を務め、神戸山口組の最高幹部の1人として組織運営を行ってきたが、2017年07月頃に舎弟頭を退任し、神戸山口組最高顧問に就任していた。

池田組長は経済手腕に長け、神戸山口組に抗争資金を提供していたとされるなど、資金面で神戸山口組を支える最高幹部だったが、神戸山口組の組織運営に不満を抱き、離脱に至ったとみられている。

池田組は独立して一本独鈷となり、2021年09月になって岡山県公安委員会が離脱を認定した。これにより池田組は非指定の独立組織となったが、岡山県公安委員会は池田組を指定暴力団に指定するための準備を始め、11月11日に指定暴力団に指定された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ