fukuhara1

2020年08月末、神戸山口組若頭補佐を務める邦楽會会長の福原辰広が、引退を表明したと報じられた。

福原会長は兵庫県姫路市の裏社会に絶大な影響力を持っており、播州の顔役だとされる。四代目山健組で最高幹部を歴任し、神戸山口組の直参に昇格。神戸山口組で若中~幹部を経て、神戸山口組若頭補佐に就任したばかりだった。


スポンサーリンク


神戸山口組の一角がまたしても崩れる…最高幹部が引退、二代目宅見組にも動きが
2020.09.02 18:00

(Business Journal) https://biz-journal.jp/2020/09/post_177324.html

「神戸山口組」の井上組長が10数キロ減量、“とことんやる”宣言の真相は?
2020年9月9日 掲載

(デイリー新潮) https://www.dailyshincho.jp/article/2020/09091600/?all=1





このニュースのまとめ

  • 2020年08月末、神戸山口組若頭補佐で『邦楽會』会長の福原辰広(62)が、引退の意思を表明したと報じられた。



福原辰広会長の経歴

福原会長は1958年03月生まれ、山口組『山健組』傘下『村正会』に加入し、兵庫県姫路市を中心に活動。1984年に勃発した山一抗争で懲役に服したとされる。

二代目村正会で若頭や副会長を歴任し、自身が会長を務める邦楽會を率いて山健組の直参に昇格。

2005年08月に発足した六代目山口組『四代目山健組』で若中を経て、四代目山健組若頭補佐に就任して執行部の一員となり、その後に四代目山健組舎弟に直った。

2014年07月、邦楽會元若頭(52)が岡山県にある病院に立てこもり、拳銃で自決する事件が発生している。

2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されると、福原会長は四代目山健組に準じて神戸山口組に参加した。

神戸山口組結成後も四代目山健組で舎弟を継続し、2018年04月に内部昇格で神戸山口組の直参となった。2018年05月には代替わりした五代目山健組で副組長を兼任した。

福原会長は姫路で随一の資金力を有し、他団体を含む幅広い人脈を持っていて、堅気からも人気があるという。播州の顔役とされ、姫路の裏社会に絶大な影響力があるとされる。

2018年05月、福原会長のFacebookの写真がインターネット上に流出し、一部ヤクザウォッチャーの間で話題となった。

2019年03月に神戸山口組幹部に起用される。2020年03月には電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕された。

2020年08月、神戸山口組若頭補佐へ昇格したが、08月末に引退を表明したと報じられる。



 ⇒ 関連記事 

















山口組ぶっちゃけ話 私が出会った侠客たち