IMG_5209

2019年01月21日未明、愛媛県松山市にある愛媛県庁の正面玄関で、拳銃を持って負傷して倒れていた高齢男性を警備員が発見した。高齢男性は二代目大日本平和会『至誠会』元幹部で、自殺を図ったとみられている。01月28日、容体が回復した元幹部が銃刀法違反の疑いで逮捕された。

2019年07月19日、元幹部の判決公判が開かれ、裁判長は懲役4年6箇月の判決を下した。元幹部は愛媛県庁前で拳銃を自分に向けて4発発射し、実弾2発も所持していた。


スポンサーリンク


愛媛県庁前で男性倒れ、手に拳銃か
2019/1/21 06:54

(共同通信) https://this.kiji.is/459838882974614625

愛媛県庁玄関で男性負傷 拳銃自殺図った可能性も
2019/1/21 13:55

(共同通信) https://this.kiji.is/459842657301054561

拳銃手に倒れた男性 愛媛県庁で未明に発砲音
2019/01/21 11:49

(テレ朝news) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000145703.html

愛媛県庁で破裂音?倒れた男性搬送 手に拳銃のような物
2019年1月21日11時41分

(朝日新聞DIGITAL) https://www.asahi.com/articles/ASM1P23Q1M1PPFIB001.html

愛媛県庁前で拳銃発砲? 元暴力団組員が自殺図ったか
2019年1月21日19時37分

(朝日新聞DIGITAL) https://www.asahi.com/articles/ASM1P5W4LM1PPFIB014.html

元暴力団幹部の男 銃刀法違反の疑いで逮捕
2019.01.28 17:56

(日テレNEWS24) http://www.news24.jp/nnn/news16401660.html

県庁前で自殺か銃刀法違反で逮捕
2019年01月28日 18時54分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20190128/0003040.html

愛媛県庁で自らに発砲し倒れていた男 銃刀法違反容疑できょう逮捕
2019年1月28日 月曜 午後8:24  テレビ愛媛

(FNN) https://www.fnn.jp/posts/1636EBC


(追記)

県庁で発砲の男に懲役7年求刑
2019年07月17日 11時50分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20190717/8000004078.html

県庁で拳銃発砲 「市民に恐怖」元組員に懲役7年求刑【愛媛・松山市】
2019年7月17日 水曜 午後6:50 テレビ愛媛

(FNN) https://www.fnn.jp/posts/2019071700000007EBC/201907171850_EBC_EBC

県庁前で発砲の男に懲役4年6か月の実刑判決【愛媛】
2019年7月19日 金曜 午後7:00

(FNN) https://www.fnn.jp/posts/2019071900000004EBC

県庁で発砲の男に懲役4年6か月
2019年07月19日 21時23分

FullSizeRender

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20190719/8000004103.html



このニュースのまとめ

  • 2019年01月21日02時頃、愛媛県松山市一番町4にある愛媛県庁本館の正面玄関付近で、拳銃のようなものを握った高齢男性が負傷して倒れているのを警備員が発見し、通報した。警備員は「破裂音が複数回聞こえたため敷地を確認し、男性が倒れているのを発見した」と説明している。
  • 倒れていたのは二代目大日本平和会『至誠会』元幹部の横山道雄(76・愛媛県新居浜市)で、病院に搬送されたが命に別状は無かった。拳銃による外傷が胸などに複数有り、自殺を図ったとみられている。駆け付けた警察官に「自決するつもりだった」と話していたという。
  • 2019年01月28日、容体が回復し退院した横山道雄が銃刀法違反(拳銃加重所持)の疑いで逮捕された。逮捕容疑は愛媛県庁の敷地内で回転式拳銃1丁と実弾数発を所持した疑い。現場付近の防犯カメラには1人で愛媛県庁に入る横山の姿が映っていて、自分の左胸など数箇所に発砲していた。横山は「確かに私がしたことです。死にたかった。傷害事件以降に拳銃を入手した」と供述しているという。
  • 横山は2016年に愛媛県にあるマクドナルドで知人男性を仕込み杖の刃物で刺すという傷害事件を起こして逮捕され、留置所で自殺未遂を図った。その後に実刑判決を受けたが、健康上の理由で刑の執行を停止されていた。
  • 2019年07月17日、逮捕され銃刀法違反の罪で起訴されていた横山道雄の論告求刑公判が松山地裁で開かれ、検察側は懲役7年を求刑した。検察は「今の知事に一方的に不満を募らせ、抗議の手段として拳銃を発砲することを選んだ。現場は松山市の中心部で市民に不安や恐怖を抱かせた。約3週間前から犯行を決意するなど計画的で悪質であり、動機も身勝手」などと述べ、弁護側は「自決目的で自分だけを傷つけるために犯行に及び、あえて人けのない日曜の深夜を選んで周囲の状況を確認していた。被害者もなく、被告が罪を認めていることや次男が社会復帰後の支援を申し出ていることも考慮すべきだ」として懲役3年が相当とした。
  • 2019年07月19日、横山道雄の判決公判が松山地裁で開かれ、裁判長は懲役4年6箇月の判決を言い渡した。裁判長は「インパクトのある方法で自決し、知事に抗議をしようとした動機は身勝手であるが、人けのない深夜に発砲していて国民の平穏な生活を大きく害したとまでは言えない」などと述べた。