IMG_3810

2018年02月、日本維新の会に所属する奈良県香芝市議会議員が、元暴力団組員であると『週刊新潮』が報じた。この市議は当時、五代目山口組『三代目山健組』傘下『大真会』組員(三次団体組員)だとみられており、2013年02月に破門されているという。暴力団登録が抹消される5年を待たずに、2017年03月の奈良県香芝市議選に日本維新の会公認で初当選している。


スポンサーリンク




「日本維新の会」が公認、当選していた元暴力団組員市議
2018/01/12

(Access-Journal) http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8391

<記事紹介>「維新議員の隠された過去」(『週刊新潮』2月15日号)ーー本紙が約1カ月前に指摘
2018/02/07

(Access-Journal) http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8419

元暴力団市議問題ーー松井一郎「日本維新の会」代表、「維新は再チャレンジを認めている」の矛盾
2018/02/11

(Access-Journal) http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8423

奈良県は政治後進県か!?今もいる元暴力団の組員議員
2018年1月号

(日本タイムズ) http://nippon-times.net//2018年1月号/#t03-1

「維新」公認市議に“元暴力団員”疑惑 本人沈黙も動かぬ証拠
2018年2月15日号掲載

(デイリー新潮) https://www.dailyshincho.jp/article/2018/02091254/?all=1

「日本維新の会」公認・鈴木篤志市議、神戸山口組最大二次団体「山健組」所属疑惑――松井一郎大阪府知事にIWJ直撃質問「僕は会ったこともない」と無責任発言に終始! この疑惑について一切質問せず知事となれあう記者クラブ
2018.2.16

(IWJ) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412381

「私どもはこの写真を入手しておりまして」〜IWJが吉村洋文大阪市長会見で直撃!ツーショット写真でがっちり握手を交わす維新の元暴力団市議との関係は!?
2018.2.22

(IWJ) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412828

日本維新の会公認、元組員疑惑の鈴木篤志市議の地元・香芝市などをIWJが直撃取材!「会ったこともない」との松井一郎大阪府知事の発言は虚偽!?吉村洋文大阪市長とのツーショット写真も入手!
2018.2.25

(IWJ) https://iwj.co.jp/wj/open/?p=413166

奈良県の“元暴力団市議”問題に地元記者は及び腰「報じたら自分や家族が危ない……」
2018.02.25

(日刊サイゾー) http://www.cyzo.com/2018/02/post_152492_entry.html

元暴力団員の鈴木香芝市議と一緒におさまったシーンは「記憶にない」!? 「暴力団員だった事実もまだ聞いてない」と奈良に丸投げ!〜松井一郎大阪府知事・日本維新の会代表 囲み取材
2018.3.27

(IWJ) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416133

山口組傘下の暴力団「山健組」所属の過去を隠して立候補の維新・鈴木篤志市議!松井一郎・維新代表は「鈴木氏とは会ったこともない」の大嘘!一緒に街宣の証拠写真をつきつけたIWJ記者には「記憶にない」の開き直り!!
2018.3.30

(IWJ) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416447


IMG_3944
鈴木篤志を紹介する日本維新の会のチラシ

IMG_3945
松井一郎大阪府知事と鈴木篤志が並んで写る日本維新の会のポスター



このニュースのまとめ

  • 2018年02月15日付の『週刊新潮』は、日本維新の会に所属する奈良県香芝市議会議員の鈴木篤志(45)が、元暴力団組員であると報じた。山菱の代紋と一緒に写る鈴木篤志の写真、破門状の写真、関係者の話が掲載されている。
  • 鈴木篤志は甲野篤志という渡世名で十数年前から当時の五代目山口組『三代目山健組』傘下『大真会』の組員で、デリヘルの経営などをしていたとされる。2013年02月に組から破門された。その後に維新政治塾を経て、2017年03月に行われた奈良県香芝市議会議員選挙に日本維新の会公認で立候補し、定員16人、立候補者23人で、9位で初当選した。
  • 週刊新潮に掲載される前から疑惑が報じられていて、日本タイムズによると、鈴木篤志は前科は無いが、デリヘルの無許可営業、わいせつ事件、公共料金の滞納、家賃未払いなどが市議会に告発されているという。他にも奈良市内で老人介護の会社を経営しているが、不正請求の疑いで強制捜査も行われたとされる。2009年には飲酒運転で2年間の免許取り消し処分も受けているという。
  • 鈴木篤志は市議会関係者に「大昔の写真、知人について行っただけで、組員になったことは無い」と否定している。



日本維新の会のコメント




2018年02月09日 松井一郎大阪府知事 会見

記者「毎日放送ですけども、昨日の週刊誌の報道なんですけども、週刊新潮に奈良県香芝市の市議会議員、維新の市議会議員の方が、あのー昔暴力団の構成員だったと報道があったんですけど、その点はご存知でいらっしゃいますか?」

松井知事「知らん、週刊誌は読んでないんで。まぁそれは奈良維新の会で色々と協議すると思うけど、維新の会というのは再挑戦は認めるんでね。もし今、そういう反社会勢力と関わりあるというなら、これはもうすぐに辞めてもらうというかね、もう我々と一緒に活動できない。自分の人生の過去の部分でね、どういうことがあったのか、で今、今現在はどうなのかというのが一番の問題だと思うから、そういうことを踏まえて、奈良維新の会もローカルパーティーとしては一つの集団になってるわけですから、そこで判断されるべきものだと、こう思います」




2018年02月16日 松井一郎大阪府知事 会見

記者「あのー香芝市議の問題についてお尋ねしたいんですけども、知事が代表をお務めである日本維新の会が元組員だった方を公認して当選させました。これで日本維新の会というのが反社会勢力に甘いのではないかと、そういうふうな疑いが出てくると思うのですが、そこでどのような対応をされるのかということ。それとその当該市議の周囲では当初から過去を隠して出るべきではないというような指示が出ていたようなんですが、そのまま何も言わずに出馬することになりました。で、それは日本維新の会の身体検査が悪かったのか、あるいはあえてどこかで無視をしたのかその過去を、ということです。それと最後に、この問題については政党のトップである知事ですとか、あるいは当時の法律顧問だった方。当然、政治的にも法律的にも責任が生じると思うのですが、それについてどのように責任を取られるおつもりかお聞かせください。よろしくお願いします」

松井知事「そりゃあのーその当該の人とね、僕会ったこともないけどね、その人が過去どういう人であったなんていうのはね、どの政党であってもね人の全てまでね、見透かせるいうことは無理です。だから、政治なんて言うのは現実なんで、今まさに現実の話なんで、現状いま現状そういう反社会勢力のメンバーになるということならば、これはもう政治家としてやっぱり身を引くべきだと、こう思いますけども、それが過去そうであったかどうかも今僕は分からない中でね、その地方議員の出処進退、僕が言及するような話では無い、こう思ってます。要は、地方の議員ひとり一人すべて我々が面接して決めてるわけでもないので、その人の過去の問題について、今ここで僕に投げかけられても、答えを出せるような状況にはありません」

記者「そうですか。そうするといま日本維新の会としてはこの問題について、特に党内でなにか党紀委員会とかを開いて、取り組もうというようなお話はございませんか?」

松井知事「まぁ、ありません。今それは奈良維新の会というところで色々議論されていると思ってますんで」

記者「そうですか。この件については奈良維新の会に一任すると、言うような形でよろしいですか?」

松井知事「まずそこで話しないと、僕はその人と会ったことも無いんだから」

記者「わかりました、ありがとうございます」




2018年02月22日 吉村洋文大阪市長 会見

記者「えーIWJの松本です。2点ございます。1つは一部週刊誌が日本維新の会が公認した鈴木篤志香芝市議、この方が元暴力団関係者であって、でしかも市の暴排条例に違反しているのではないかというふうに伝えております。市長はこの鈴木市議、ご存知でしょうか?」

吉村市長「あのー選挙に出る前の、なんやったかなネットの案内みたいなやつで、2~3分同席したことはありますが、それ以外は知りません」

記者「市長ご自身のツイートで応援に入ったことも――」

吉村市長「あーあのー、その選挙自体は応援に入ったことあるかもしれません」

記者「で、私どもはその写真を入手しておりまして、これだけ関係は近かったのではないかと思うんですけども、今回この方が組員疑惑ということで問題視されていますが、市長としてではなくて日本維新の会常任役員として、今回の問題どういうふうにお考えかお聞かせ願えますか」

吉村市長「まず、あれやないですか、ご自身のことですから政治家の自分のことなんでね、自分の言葉で政治家自身として語られるべきなんじゃないかなとは思います。僕自身がそれになにか知ってるかって知りませんからね」

記者「ということは市長は、彼が元組員だったってことは知らずに付き合っていた?」

吉村市長「そうです、それが事実かどうかすら週刊誌の情報ですから、それはわかりません」

記者「わかりました、ありがとうございます」




2018年03月27日 松井一郎大阪府知事 会見

記者「えっとIWJの上杉といいます。2月16日の定例会見で松井知事は、香芝市議の鈴木篤志議員に関して『会ったことも無い』というふうに仰いました。私どもIWJでは知事と香芝市議の鈴木篤志議員が一緒に写っている写真を入手致しました。この写真見ますと知事は鈴木篤志議員の選挙応援に行かれて、街宣車の上で応援演説をしておられます。それでも会ったことも無いと仰いますか?」

松井知事「応援演説はね、日本中あちらこちらね、地方議員まで含めて僕は行くんでね、個別具体的に誰の応援に行ってその場に誰がいたっていうのはね、全て僕の記憶の中に留めとけと言われてもそれは無理です」

記者「あ、そうですか。じゃあ『会ったことは無い』というのは今でも、そう思っておられるということですか?」

松井知事「うん、誰と会ったというのをね、全て僕の記憶の中に留めてるというのは、それはありません」

記者「わかりました。会ったことは無いということですね?」

松井知事「いやだから、会ってるんでしょ? 写真であるんだから」

記者「そうですね」

松井知事「おん。ただそれが、僕の記憶の中には無いということです」

記者「はい、わかりました。記憶に無い。じゃああのーそのことと関連するんですけども、香芝市の暴排条例では暴力団員でなくなった日から5年を経過しないと、しないものは暴力団員等と見做すというふうになっております。で、この鈴木議員が組を破門されたのが2013年ですので、昨年3月の市議選当時、当選された時はまだ4年しか経っていません。ですから暴力団員等を日本維新の会の公認候補として結果的に当選、立候補させたということになります」

松井知事「だからその暴力団員だったかどうかも、それは僕のところに正確な情報でね、その事実もまだ僕は伝え聞いていないんでね、答えようがありません」

記者「そのーじゃあ公認されるときに、その候補が、候補の身辺捜査といったことを、キチンとされなかったということになります」

松井知事「そんなことはやりません、それこそその人の人権に関わるじゃないですか。一人一人じゃあ過去にね、どういう組織に入っていたのか、どういうあのーなんて言うかな、たとえば信仰についても何を信仰してるのか、そんなのはね聞きません、我々は」

記者「暴力団に関わっていたかどうかといったことも――」

松井知事「そんなことを聞いている政党はありますか? 市会議員、府議会議員、県議会議員、国会議員、選ぶ時に、その申込用紙に、あなたは暴力団員になったことはありますかなんてこと、いちいち問い合わせしている政党なんて無いと思います」

記者「いちいち聞かないかもしれないですけども、その暴力団員であったということが分かったっていう以上、維新の党としてのガバナンスというものが問われると思うんですけども」

松井知事「だから今それは奈良の維新の会で、自浄作用の中で対応をしてます」

記者「奈良の維新の会にもうそれは任せるということですか?」

松井知事「そらそうでしょ」

記者「わかりました」

松井知事「はい」



 ⇒ 関連記事 
自民党の岸田文雄政調会長と山口組元幹部の親密写真が流出、FRIDAYが報じる
野田聖子総務大臣の夫は会津小鉄会『昌山組』元幹部で前科2犯、週刊文春が報じる