Roku

2019年12月05日、警察に追われていた組員に逃走資金を渡したとして、六代目山口組若中の『二代目兼一会』会長が、犯人隠避の疑いで逮捕された。関係先として、大阪市中央区にある二代目兼一会の事務所に捜索が入った。 

二代目兼一会会長は神戸山口組『四代目山健組』の最高幹部だったが、2018年02月に絶縁処分され、六代目山口組『極心連合会』へ移籍していた。その後、2019年11月に六代目山口組の直参に昇格。神戸山口組系組織からの出戻り組長が六代目山口組の本家直参となったのは、同時に直参となった出戻り組の三代目杉本組組長とともに、初めてのことだった。


スポンサーリンク


逃走組員に現金渡した疑い “山健組出身”の山口組系会長を逮捕
2019.12.5 23:03

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/191205/wst1912050028-n1.html



このニュースのまとめ

  • 2019年12月05日、六代目山口組若中で『二代目兼一会』会長の植野雄仁こと金奎轍(67)が、犯人隠避の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2018年08月29日16時40分頃、大阪府大阪市中央区島之内にある二代目兼一会の本部事務所で、警察に行方を追われていた組員に現金を渡し、逃走を手助けした疑い。
  • 2019年12月05日、この事件の関係先として、大阪府大阪市中央区島之内にある二代目兼一会の本部事務所を、兵庫県警が家宅捜索した。



 ⇒ 関連記事 















最強武闘派と呼ばれた極道 元五代目山口組若頭補佐 中野会会長 中野太郎 増補版 (かや書房新書)