image

2017年10月02日、暴力団追放兵庫県民センターは住民の委託に基づく代理訴訟制度を利用して、兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部『侠友会』事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申請した。

2017年10月30日、神戸山口組が今月25日付で本部として使用している『侠友会』事務所を閉鎖していたことが分かった。仮処分が決定される前に神戸山口組が面倒を避けるため、自主的に閉鎖したものとみられている。

2017年10月31日、神戸山口組の総本部について、神戸地裁は組事務所としての使用を禁止する仮処分を決定した。2018年04月、暴追センターは「神戸山口組本部に今も一部組員が出入りしている」として、神戸地裁に間接強制を申し立てた。

2018年07月03日付で、神戸地裁は神戸山口組が本部の使用差し止めを命じた仮処分決定に従っていないとして、1日あたり100万円の制裁金を支払わせる間接強制を認める決定を下した。07月09日付で、神戸山口組は間接強制を認めた神戸地裁の判決を不服として、執行抗告を大阪高裁に申し立てた。

2018年09月27日付で、大阪高裁は間接強制を認めた神戸地裁の判決を支持し、神戸山口組が申し立てた執行抗告を棄却した。


スポンサーリンク


神戸山口組本拠地の使用差し止め申請 暴追センター全国初
2017/10/2 14:19

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201710/0010607906.shtml

神戸山口組本部「差し止めを」 住民委託で代理訴訟へ
2017年10月2日14時22分

(朝日新聞DIGITAL) http://www.asahi.com/articles/ASKB21CPHKB1PTIL017.html

神戸山口組本部の使用差し止め求める 暴追センターが地裁に申し立て
2017.10.2 21:34

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/171002/wst1710020083-n1.html

「神戸山口組」本部の使用禁止申し立て…住民が矢面に立たずに済む「代理訴訟」とは
2017年10月08日 09時54分

(弁護士ドットコム) https://www.bengo4.com/saiban/n_6762/

最高幹部逮捕の神戸山口組 神戸から追い出される!?
2017.10.17 16:00

(newsポストセブン) http://www.news-postseven.com/archives/20171017_621340.html

指定暴力団 神戸山口組 本部事務所を閉鎖か
2017/10/30 11:54

(テレ朝news) http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000113370.html

本部事務所を閉鎖か、神戸山口組 住民代理訴訟受け
2017.10.30 05:12

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/171030/wst1710300009-n1.html

神戸山口組、淡路島の本部閉鎖か 移転先は?県警警戒
2017年10月30日11時47分

(朝日新聞DIGITAL) http://www.asahi.com/articles/ASKBZ35W8KBZPIHB004.html

神戸山口組本部使用 地裁、近く判断へ
2017/10/30 13:05

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201710/0010689582.shtml

神戸山口組 兵庫 淡路の本部事務所閉鎖か
2017年10月30日 13時23分

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171030/k10011203981000.html




神戸山口組本部使用禁止 神戸地裁が仮処分決定
2017/10/31 19:03

(MBS 毎日放送) http://www.mbs.jp/news/kansai/20171031/00000076.shtml

神戸山口組本部に使用差し止めの仮処分 神戸地裁が決定
2017年10月31日14時51分

(朝日新聞DIGITAL) http://www.asahi.com/articles/ASKB045X1KB0PIHB01J.html

神戸山口組 本部事務所使用差し止め仮処分決定 神戸地裁
2017年10月31日 16時08分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20171031/k00/00e/040/300000c

神戸山口組本部 使用禁止命じる 神戸地裁
2017年10月31日 19時55分

(NHK NEWS WEB) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171031/k10011206161000.html

神戸山口組本部を使用禁止 地裁が仮処分決定 「代理訴訟」では全国初
2017.10.31 20:30 

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/171031/wst1710310101-n1.html

神戸山口組本部事務所に使用禁止の公示書 神戸地裁
2017.11.9 19:18

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/171109/wst1711090093-n1.html

「本部事務所使ったら1日100万円支払え」 神戸山口組に間接強制 神戸地裁
2018.7.4 11:38

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/180704/wst1807040034-n1.html

使用禁止の事務所に組員出入り 1日100万円の“制裁金”を認める決定
2018/07/04 12:05

(MBS 毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180704/GE000000000000023361.shtml

神戸山口組本拠地使用で1日100万円支払い命令 11日以降、神戸地裁
2018/7/4 12:36

(神戸新聞NEXT) https://kobe-np.co.jp/news/sougou/201807/0011413923.shtml

神戸山口組が本拠事務所使用差し止めに執行抗告申し立て
2018/7/10 19:18

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201807/0011433072.shtml

間接強制 神戸山口組が執行抗告 大阪高裁に申し立て
2018年7月10日 19時35分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20180711/k00/00m/040/066000c


(追記)

神戸山口組の抗告、高裁が棄却 “本拠地”使用差し止め巡り
2018/10/1 12:34

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201810/0011692101.shtml

暴追センター「大変残念」 居住組長の出入り一部容認で
2018/10/2 05:30

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201810/0011694145.shtml

神戸山口組側の不服申し立てを棄却、大阪高裁
2018.10.1 13:33

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/181001/wst1810010023-n1.html



このニュースのまとめ

  • 2017年10月02日、暴力団追放兵庫県民センターは住民の委託を受けて暴力団対策法に基づく代理訴訟制度を利用し、兵庫県淡路市にある神戸山口組の本部『侠友会』事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申し立てた。
  • 神戸山口組本部の周辺の住民は「住民らが平穏に暮らす権利が侵害されている、組幹部が集まる定例会で車を誘導する組員が怖い」として、09月に住民約20人と暴追センターが訴訟の委託契約を結んでいた。
  • 2017年10月30日、神戸山口組が兵庫県淡路市にある本部『侠友会』事務所を今月25日付で閉鎖していたことが分かった。住民の委託を受けて暴追センターが事務所の使用差し止めを求める仮処分を神戸地裁に申請していたため、地裁の判断を前に神戸山口組が自主的に閉鎖したものとみられている。
  • 暴追センターが仮処分を申請した後、神戸山口組系組長が兵庫県警に今後は暴力団事務所として使わない意向を伝え、組の関係者にも内部通達を出した。個人の住居としては使用を継続するという。
  • 2017年10月31日、神戸地裁は神戸山口組の本部について、組事務所としての使用を禁止する仮処分を決定した。指定暴力団の本部事務所の使用差し止めは全国で初のことだという。これにより神戸山口組の総本部では、定例会などの会合、組員の立ち入り、連絡員の駐在、紋章や表札の掲示、などが禁止される。
  • 組事務所としての使用が禁じられた神戸山口組の本部には、今も神戸山口組の最高幹部ら2人が居住し、2018年01月には組員1人が住民票をこの事務所に移して生活している。
  • 2018年04月、暴追センターは「神戸山口組本部に今も一部組員が出入りしている」のは仮処分違反だとして、神戸地裁に間接強制を申し立てた。組側は「組事務所ではなく住居として使用している、居住までは禁じられていない」と主張。
  • 2018年07月03日付で、神戸地裁は神戸山口組が本部の使用差し止めを命じた仮処分決定に従っていないとして、使用すると1日あたり100万円の制裁金を支払わせる間接強制を認める決定を下した。猶予期間を経て07月11日以降の違反に制裁金が課せられる。住民側弁護団は「組員が居住すること自体が暴力団の活動だと認めた司法判断で、居住を含めて組員の立ち入りを禁じた、地域住民の人格権を高く評価した意義のある決定だ」などと話した。
  • 2018年07月09日付で、神戸山口組は組事務所を使用すると1日100万円の制裁金という間接強制を認めた神戸地裁の判決を不服として、執行抗告を大阪高裁に申し立てた。申し立ての理由書は未提出で、提出期限は07月16日。
  • 2018年09月27日付で、大阪高裁は間接強制を認めた神戸地裁の判決を支持し、神戸山口組が申し立てた執行抗告を棄却した。2018年07月以降に事務所を使用すると1日100万円の制裁金が課せられる一方、本部事務所として使用する前から住民票があった神戸山口組系幹部の居住については認められる。暴追センターの弁護士は「組長は抗争相手の格好の標的、建物に居住できるなら住民の不安や危険は解消されない」などと述べた。



 ⇒ 関連記事  
任侠山口組の本部事務所の使用禁止を求める仮処分が申請される
任侠山口組『本江組』事務所が撤退、住民側と和解
六代目山口組『國領屋一家』傘下『霊岸島桝屋服部会』事務所が撤退、地元住民の求めに応じる
神戸山口組『山健組』傘下『長田総業(旧・志闘会)』事務所が撤退、住民側と和解
神戸山口組『正木組』と六代目山口組『中西組』傘下『宮原組』の事務所が使用禁止に
六代目山口組『弘道会』傘下『吉田総業』事務所の使用が禁じられる
六代目山口組『一道会』事務所移転事件