kawaiyasumitsu

2021年06月14日、六代目山口組顧問を務める川合組の川合康允組長が、亡くなったという情報が流れた。83歳だった。

川合組長は本多会『平田会』を経て三代目山口組『瀬古安会』に所属していたが、組長への不満から他の幹部ら数人とクーデターを起こし、組長を除籍処分に追い込んだ。1979年に三代目山口組の直参に昇格し、40年以上も直系組長であり続けた。2016年10月以降は最古参の直系組長となっており、六代目山口組体制で舎弟、顧問を歴任していた。

2021年08月、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』若頭が二代目川合組組長を継承したため、川合組は野内組の傘下組織となった。


スポンサーリンク





六代目山口組・川合康允顧問「葬儀」に司忍六代目が参列
2021.06.16

(週刊実話) https://weekly-jitsuwa.jp/archives/22706

最古参にして唯一の田岡三代目世代…六代目山口組・川合康允顧問逝く
2021.06.20

(週刊実話) https://weekly-jitsuwa.jp/archives/22916

六代目山口組「重鎮の死」に全直参が集結――高まる菱統合への闘志
2021.06.27

(週刊実話) https://weekly-jitsuwa.jp/archives/23568



このニュースのまとめ

  • 2021年06月14日、六代目山口組顧問を務める川合組の川合康允組長が亡くなったと伝えられた。83歳だった。
  • 2021年06月16日、岐阜県大垣市にある斎場で川合組長の葬儀が営まれ、六代目山口組の司忍組長、高山清司若頭の他、六代目山口組の全直参が参列したとみられている。
  • 2021年08月、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』の北村和博若頭(北村組組長)が、二代目川合組組長を継承。川合組は野内組の傘下組織となった。



川合康允組長の経歴

kawai1

川合康允組長は1937年09月生まれ、兵庫県神戸市の独立組織であった本多会の傘下の平田会の出身だとされる。川合組を結成して組長に就任し、岐阜県大垣市で地盤を構えた。川合組長は武闘派として知られていて、他団体への顔が広く、堅気からの受けも良いと言われている。



全国進出中の柳川組と抗争

1963年03月、全国各地に進出していた三代目山口組若中の柳川次郎が率いる柳川組が、岐阜県に進出して川合組との抗争『大垣事件』が勃発した。柳川組系組員は岐阜県大垣市にあるバーで川合組組員を暴行し、その後に話し合いに来た川合組組員にも暴行した。

川合組は報復として、柳川組系組員が滞在する岐阜県大垣市にある旅館に襲撃した。柳川組系組員1人が亡くなり、4人が負傷した。

柳川組は勢力拡大で他県でも本多会系組織と抗争していて、この大垣事件も相まって両組織の本家である三代目山口組と本多会の抗争に飛び火する様相を見せたが、その後は抗争することなく手打ちした。

1963年07月、本多会の本多仁介会長が引退し、副会長であった平田勝市(平田会)会長が二代目本多会会長を襲名。1964年から行われた、警察による大規模な暴力団壊滅作戦『第一次頂上作戦』で、二代目本多会は取り締まりを強化され、1965年04月に解散。

その後、平田会長は大日本平和会を結成したが、複数の組織が分派し独立組織になるなどした。



本多会の解散後に瀬古安会へ加入

1963年頃、岐阜県の独立組織であった芳浜会の菊田吉彦(菊田組)組長と鈴木康雄(瀬古安会)会長が、岐阜県に進出してきた稲川会との抗争もあって、三代目山口組若頭を務めていた地道行雄(地道組)組長の舎弟となり山口組入り。

1970年に菊田組長が、1971年に鈴木会長がそれぞれ地道組からの内部昇格で三代目山口組の直参に昇格し、両組長は三代目山口組若中となった。

川合組長は二代目本多会が解散した後、鈴木会長が率いる瀬古安会に加入したとみられている。瀬古安会では若頭を務めた。



クーデターで組長を追放、直参に昇格

1978年、菊田組と瀬古安会の幹部らが両組長に反発し、クーデターを起こす事件が発生。菊田組長と鈴木会長は傘下に多額の上納金を強引に要求しており、組員の間で不満が溜まっていたことが原因だったとされる。

菊田組舎弟頭の近藤慶文(近藤組)組長、瀬古安会副会長の野田弘治(野田組)組長を筆頭に、菊田組から幹部5人、瀬古安会から川合組長を含む幹部4人の、合わせて幹部9人が謀反を決起。菊田組と瀬古安会の約9割の組員も幹部9人に付き、集団脱退を匂わせて菊田組長と鈴木会長に引退を迫った。

幹部9人は三代目山口組本家にも両組長の事情を直訴し、1978年07月に三代目山口組は菊田組長と鈴木会長を除籍処分とした。両組織の幹部らは三代目山口組の預かりとなり、1978年08月に川合組長ら幹部9人は山心会を結成。菊田組と瀬古安会の地盤を引き継いだ。

その後、山心会の内部で抗争が勃発。1979年02月に野田組長と組員が銃撃された。三代目山口組は事態を収拾するべく、1979年08月に川合組長ら山心会の幹部8人を、一斉に三代目山口組の直参に昇格させた。川合組長は三代目山口組若中となった。



唯一の三代目世代、最古参組長

1984年06月に四代目山口組が発足すると、川合組長は引き続き四代目山口組若中となった。1989年05月に五代目山口組が発足すると、引き続き五代目山口組若中に就いた。2005年08月に六代目山口組が発足すると、六代目山口組舎弟に直った。

六代目山口組発足時には三代目山口組からの直参が12人居たが、徐々に引退や逝去して行き、2016年10月に六代目山口組顧問の石田章六(章友会)会長が逝去すると、川合組長は六代目山口組の中で唯一の三代目山口組からの直参・最古参の直系組長となった。

2021年02月、川合組長は六代目山口組顧問に就任したが、その約4箇月後の2021年06月14日、川合組長は亡くなったと伝えられた。享年83歳。



 ⇒ 関連記事 














スポンサーリンク