maxresdefault

2016年01月25日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。

今回はSMAPの分裂騒動に絡めた話や最新の暴力団情報などについて語っている。




溝口敦の主張

  • 稲川会は破門処分した『紘城一家』と『六代目箱屋一家』の両組織と今後付き合わないよう会津小鉄会に申し入れたが、会津小鉄会は断り今後も交際を続けると回答した。
  • SMAP脱退・分裂騒動ではジャニーズが力で押さえつけて脱退を阻止した。この統率力は六代目山口組以上であり、芸能界という業界は暴力団以上に閉鎖的である。
  • 『太田興業』組長・太田守正は後継組織の六代目山口組『秋良連合会』から組員を連れ出して神戸山口組舎弟頭補佐に起用された。
  • 六代目山口組『秋良連合会』が大阪から松山に移転かという観測や、神戸山口組若中の『四代目真鍋組』組長・池田幸治が舎弟頭補佐に昇格、六代目山口組『四代目石井一家』系組員50人が神戸山口組に移籍、などの情報が出ている。



スポンサーリンク