maxresdefault

2016年03月07日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。

今回は六代目山口組の新人事案の噂や、和解を仲裁できる人物などについて語っている。


スポンサーリンク




溝口敦の主張

  • 六代目山口組は来月の定例会で司忍組長が新設の総裁に、高山清司若頭が七代目組長に、藤井英治若頭補佐(五代目國粹会会長)が組長代行に、竹内照明若頭補佐(三代目弘道会会長)が若頭にそれぞれ就任するという新人事案が流布されている。
  • しかし神戸山口組側はこの新人事はデマであるという。これまでに似たような人事案が出ていたが内容がコロコロ変わるので目くらましであろう。
  • 某愛国主義者によると、山口組が分裂し抗争をしているのは外国人犯罪の抑止に良くない。山口組分裂は治安のマイナス要因である。分裂抗争をしていると他に手が回らず、その隙に不良外国人はやりたい放題できる。
  • 某愛国主義者によると、両山口組を早く和解させるべきだが、仲裁できそうな中立な立場の大物親分がいない。ヤクザではないが、警察官僚出身で政治家の亀井静香・衆議院議員なら仲裁をやるかもしれない。