maxresdefault

2016年04月04日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。

今回は両山口組の『特定抗争指定暴力団』の指定へ向けた動きなどについて語っている。


スポンサーリンク




溝口敦の主張 

  • 神戸山口組は六代目山口組からの攻撃に対して反撃しないよう下部組織を指導しているが、今のところ抗争が続いている。
  • 2016年05月末には世界各国の首脳が集まる『伊勢志摩サミット』が開催され、その後には両山口組とも『特定抗争指定暴力団』に指定される予定なので、抗争やシノギに影響が出てくる。
  • 六代目山口組若頭補佐の大同会『森尾卯太男』会長が音頭を取って、中国・四国ブロックに所属する二次団体を糾合して別組織を立ち上げるという構想が進行中だという。
  • 六代目山口組『司忍』組長の求心力は衰え、親分ではなくシノギのために『特定抗争指定暴力団』を逃れる、新しい形の犯罪組織が模索されている。