maxresdefault

2016年04月18日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。

今回は山口組分裂抗争の今後の展開や、熊本地震についても語っている。




溝口敦の主張 

  • 両山口組は伊勢志摩サミットが終わるまでは抗争を起こすと損なので、突発的なトラブルはあっても抗争件数は減るだろう。
  • 2016年04月12日に神戸山口組『四代目山健組』傘下で長野県上田市にある『二代目石澤組』の事務所が銃撃された事件では、事務所の中から実弾ではなくBB弾が見つかった。
  • 関西の捜査関係者によると「両山口組ともに抗争をするなと指示している、警察は両山口組を『特定抗争指定暴力団』に格上げしたいので抗争なしの状態は必ずしも良くない」とのこと。 
  • 六代目山口組『司忍』組長も神戸山口組『井上邦雄』組長も大分県の出身。数日前から発生している熊本地震では大分にも被害が出ているが、両山口組は支援活動を行うのかどうか注目される。



スポンサーリンク