maxresdefault

2015年10月05日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。


溝口敦の斬り込み時評『「逆盃」に防御だけでは名がすたる』229

CQiO1yWUkAASqvI

出典 https://twitter.com/Trapelus/status/650927202276511744


この記事の簡単なまとめ

  • 今は代紋で飯が食える時代ではないというのが事実なら、神戸山口組と六代目山口組は並行時代が長く続く。
  • 神戸山口組が言うには今回の分裂は中世の逃散と同じ、ムラを立ち退き別の土地で暮らしますということで喧嘩を売ってるわけではない。
  • 神戸山口組がやったことは「逆盃」なので六代目山口組は神戸山口組に攻め込み、親に背けばこうなるんだと思い知らせてやらなければならない。
  • 司忍組長は外出を控えて盆の墓参りを欠席しボディーガードを2倍に増やしている、防御固めだけでは山口組の名がすたる。



スポンサーリンク