maxresdefault

2015年11月09日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。

今回は六代目山口組から神戸山口組に移籍した組織などについて語っている。 


スポンサーリンク




溝口敦の主張

  • 六代目山口組『二代目大石組』の組員の多数が神戸山口組『池田組』へ移籍し、組事務所の当番をする者が居なくなったので『大同会』や『二代目竹中組』の組員を派遣している。
  • 六代目山口組『三代目一心会』も神戸山口組や二代目東組に移籍する者が出て、能塚恵会長は頭を丸めて司忍組長に詫びた。『大原組』の組員を派遣して組事務所の留守番をさせていると言われている。
  • 六代目山口組の『秋良連合会』『二代目古川組』『三代目熊本組』『二代目若林組』もガタガタになって組織が危うくなっている。
  • 今後は六代目山口組の北海道、九州、四国の組織も揺れだしてきて、六代目山口組は地方組織に縮小してしまう可能性すらある。