maxresdefault

2015年11月30日の日刊ゲンダイに暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の連載『斬り込み時評』が掲載されていた。

今回は六代目山口組の内部状況などについて語っている。




溝口敦の主張

  • 服役中の六代目山口組若頭・高山清司は面会で山口組の分裂を知らされ「自分が出所する頃には山口組は無くなってるかもしれない」と漏らした。
  • 六代目山口組若頭補佐の竹内照明が西日本の直系組織に顔を出して引き締めを図っているが、あまり効果は無さそうだ。
  • 六代目山口組組長・司忍はうつ状態になり、竹内照明は顔面神経痛の症状が出始めているとされる。
  • 山口組が毎年12月13日に行っている『事始め』での紋付き袴は止め、コンパニオンを呼んだ宴会も無し、恒例の餅つき大会も中止にするという。
  • 神戸山口組のメンバーは「思ったより六代目は壊れやすかった、ちょっと可哀想な気もする」と述べた。



スポンサーリンク