バナー-神戸山口組-人事変遷-01

神戸山口組の結成から現在までの、人事変遷の一覧。役職変更、直参昇格、降格、加入、復帰、引退、離脱、処分、逝去、代替り、組織名改称など。間違っている箇所があるかもしれないので、参考程度にして下さい。


スポンサーリンク


神戸山口組の人事変遷一覧


2015年08月27日

神戸山口組が発足、本家組長+直参で14人のスタート。

【組 長】  井上邦雄(四代目山健組組長)
【副組長】  入江 禎(二代目宅見組組長)
【若 頭】  寺岡 修(侠友会会長)
【舎弟頭】  池田孝志(池田組組長)
【総本部長】 正木年男(正木組組長)
【本部長】  毛利善長(毛利組組長)
【顧 問】  奥浦清司(奥浦組組長)
【若頭補佐】 剣 政和(二代目黒誠会会長)
【若頭補佐】 織田絆誠
【舎 弟】  岡本久男(二代目松下組組長)
【舎 弟】  宮下和美(二代目西脇組組長)
【若 中】  池田幸治(四代目真鍋組組長) 
【若 中】  高橋久雄(雄成会会長)
【若 中】  清崎達也(大志会会長)

  • 神戸山口組結成時に神戸山口組『四代目山健組』本部長の織田絆誠が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若頭補佐に就任。

2015年09月24日
  • 神戸山口組若頭補佐の織田絆誠が神戸山口組若頭代行に就任。

2015年09月28日
  • 神戸山口組若頭補佐の織田絆誠が神戸山口組『四代目山健組』副組長を兼任。

2015年10月08日
  • 神戸山口組若中の清崎達也(大志会会長)が神戸山口組組長秘書を兼任。
  • 神戸山口組若中の高橋久雄(雄成会会長)が神戸山口組組長秘書を兼任。
  • 神戸山口組若中の池田幸治(四代目真鍋組組長)が神戸山口組組長秘書を兼任。
  • 新しい役職の幹事を新設し、二次団体の最高幹部から21人を起用。その後に1人増えて幹事は合計22人となる。

2015年10月15日
  • 絶縁されていた元六代目山口組若中の藤田恭道(元二代目英組組長)が復帰し、二代目英組を率いて神戸山口組に加入。神戸山口組若中に就任。
  • 引退していた元六代目山口組『三代目小車誠会』特別相談役の安岡俊蔵(元安岡組組長)が復帰し、誠会を結成して神戸山口組に加入。神戸山口組舎弟に就任。

2015年10月23日
  • 除籍されていた元六代目山口組若中の須之内祥吾(元二代目東生会会長)が復帰し、二代目東生会を率いて神戸山口組に加入。神戸山口組舎弟に就任。
  • 除籍されていた元六代目山口組若中の竹森竜治(元四代目澄田会会長)が復帰し、四代目澄田会を率いて神戸山口組に加入。神戸山口組舎弟に就任。

2015年11月07日
  • 神戸山口組若中兼組長秘書の清崎達也が率いる大志会の組織名を四代目大門会に改称。

2015年11月21日
  • 六代目山口組幹部の藤原健治(三代目熊本組組長)が六代目山口組を離脱し、三代目熊本組を率いて神戸山口組へ移籍。神戸山口組舎弟に就任。

2015年12月01日
  • 除籍されていた元六代目山口組若中の太田守正(元太田興業組長)が復帰し、太田興業を率いて神戸山口組『四代目山健組』に加入。神戸山口組『四代目山健組』相談役に就任。

2015年12月09日
  • 六代目山口組若中の古川恵一(二代目古川組組長)が六代目山口組を離脱し、二代目古川組を率いて神戸山口組へ移籍。神戸山口組若中に就任。

2015年12月10日
  • 引退していた元六代目山口組『芳菱会』舎弟の大澤忠興(元大澤組組長)が復帰し、関東山川総業を結成して神戸山口組に加入。神戸山口組若中に就任。

2015年12月21日
  • 神戸山口組若中の大澤忠興が率いる関東山川総業の組織名を三代目山川組に改称。

2016年01月08日
  • 引退していた元六代目山口組『中野組』若頭の小嶋恵介(元闘道会会長)が復帰し、二代目中野組を継承して神戸山口組に加入。神戸山口組若中に就任。

2016年01月16日
  • 神戸山口組『四代目山健組』相談役の太田守正(太田興業組長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組舎弟に就任。

2016年01月20日
  • 神戸山口組舎弟の太田守正(太田興業組長)が神戸山口組舎弟頭補佐に就任。
  • 神戸山口組舎弟の藤原健治(三代目熊本組組長)が神戸山口組舎弟頭補佐に就任。
  • 神戸山口組若中兼組長秘書の池田幸治(四代目真鍋組組長)が神戸山口組若頭補佐に就任。

2016年02月24日
  • 六代目山口組『大同会』舎弟の山本彰彦(二代目木村會会長)が大同会を離脱し、二代目木村會を率いて神戸山口組へ移籍。神戸山口組若中に就任。

2016年03月08日
  • 幹事の役職を廃止。
  • 新しい役職の世話役を新設し、二次団体の若頭から6人を起用。
  • 新しい役職の懲罰委員を新設。
  • 神戸山口組若頭代行の織田絆誠(四代目山健組副組長)が神戸山口組懲罰委員を兼任。
  • 神戸山口組若頭補佐の池田幸治(四代目真鍋組組長)が神戸山口組懲罰委員を兼任。
  • 神戸山口組若頭補佐の剣政和(二代目黒誠会会長)が神戸山口組懲罰委員を兼任。

2016年07月08日
  • 除籍されていた元六代目山口組『四代目誠友会』若頭補佐の青木和重(元一竜会会長)が復帰し、五龍会を結成して神戸山口組に加入。神戸山口組若中に就任。

2016年12月02日
  • 除籍されていた元六代目山口組『二代目健心会』特別相談役の伊藤寿邦(元伊藤組組長)が復帰し、健心連合会を結成して神戸山口組に加入。神戸山口組舎弟に就任。

2017年04月10日
  • 新しい役職の幹部を新設。
  • 神戸山口組若中兼組長秘書の清崎達也(四代目大門会会長)が神戸山口組幹部に就任。
  • 神戸山口組若中兼組長秘書の高橋久雄(雄成会会長)が神戸山口組幹部に就任。
  • 神戸山口組若中の古川恵一(二代目古川組組長)が神戸山口組幹部に就任。
  • 神戸山口組若中の山本彰彦(二代目木村會会長)が神戸山口組幹部に就任。
  • 神戸山口組若中の大澤忠興(三代目山川組組長)が神戸山口組舎弟に就任。

2017年04月30日
  • 神戸山口組若頭代行兼懲罰委員の織田絆誠(四代目山健組副組長)が神戸山口組を離脱。神戸山口組から絶縁処分。任侠団体山口組(後に絆會へ改称)を結成。
  • 神戸山口組若頭補佐兼懲罰委員の池田幸治(四代目真鍋組組長)が神戸山口組を離脱。神戸山口組から絶縁処分。任侠団体山口組に参加。
  • 神戸山口組舎弟の伊藤寿邦(健心連合会会長)が神戸山口組から離脱。任侠団体山口組に参加。

2017年05月04日
  • 神戸山口組を離脱して任侠団体山口組に参加し、任侠団体山口組相談役に就任していた元神戸山口組舎弟の伊藤寿邦(健心連合会会長)が、任侠団体山口組を離脱して神戸山口組舎弟に出戻り。

2017年05月10日
  • 神戸山口組を離脱して任侠団体山口組に参加し、任侠団体山口組本部長補佐に就任していた元神戸山口組『二代目古川組』舎弟頭の仲村石松(三代目琉真会会長)が、任侠団体山口組を離脱して神戸山口組『二代目古川組』舎弟頭に出戻り。

2017年06月09日
  • 神戸山口組幹部の山本彰彦(二代目木村會会長)が神戸山口組若頭補佐に就任。

2017年07月06日
  • 神戸山口組幹部の古川恵一が率いる二代目古川組が代替わりし、二代目古川組舎弟頭の仲村石松(三代目琉真会会長)が三代目古川組組長を継承。神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。
  • 神戸山口組幹部の古川恵一(二代目古川組組長)が三代目古川組総裁に就任。

2017年07月26日
  • 神戸山口組舎弟頭の池田孝志(池田組組長)が神戸山口組最高顧問に就任。

2017年11月
  • 新しい役職の世話役を再設。二次団体の有力幹部らが起用されたとみられる。

2017年11月
  • 神戸山口組舎弟の伊藤寿邦(健心連合会会長)が直参から降格。神戸山口組『太田興業』相談役に就任。

2018年03月08日
  • 神戸山口組舎弟の宮下和美(二代目西脇組組長)が神戸山口組舎弟頭補佐に就任。

2018年04月09日
  • 神戸山口組『四代目山健組』舎弟の福原辰広(邦楽會会長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。
  • 神戸山口組『侠友会』若頭の籔内秀宝(修心會会長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。
  • 神戸山口組若中の藤田恭道(二代目英組組長)が神戸山口組幹部に就任。

2018年05月16日
  • 神戸山口組組長の井上邦雄が率いる四代目山健組が代替わりし、四代目山健組若頭の中田浩司(五代目健竜会会長)が五代目山健組組長を継承。神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。
  • 神戸山口組若中の福原辰広(邦楽會会長)が神戸山口組『五代目山健組』副組長に就任。

2018年07月09日
  • 神戸山口組若中の中田浩司(五代目山健組組長)が神戸山口組若頭補佐に就任。

2018年09月10日
  • 神戸山口組舎弟の大澤忠興が率いる三代目山川組が代替わりし、三代目山川組若頭の大瀧一門(大澤会会長)が四代目山川組組長を継承。神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。
  • 神戸山口組舎弟の大澤忠興(三代目山川組組長)が四代目山川組総裁に就任。
  • 神戸山口組『二代目誠会』若頭の柴崎勝(二代目安岡組組長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。

2018年11月08日
  • 神戸山口組若頭補佐の中田浩司(五代目山健組組長)が神戸山口組若頭代行に就任。
  • 神戸山口組若中の青木和重(五龍会会長)が神戸山口組幹部に就任。

2019年02月08日
  • 神戸山口組総本部長の正木年男(正木組組長)が辞任し、神戸山口組舎弟に就任。

2019年03月08日
  • 神戸山口組幹部の藤田恭道(二代目英組組長)が神戸山口組若頭補佐に就任。
  • 神戸山口組若中の福原辰広(邦楽會会長)が神戸山口組幹部に就任。
  • 神戸山口組若中の小嶋恵介(二代目中野組組長)が神戸山口組舎弟に就任。

2019年06月10日
  • 神戸山口組若中の大瀧一門が率いる四代目山川組の組織名を徳誠会に改称。

2019年11月27日
  • 神戸山口組幹部の古川恵一(三代目古川組総裁)が銃撃され逝去。

2019年12月13日
  • 神戸山口組舎弟頭補佐の太田守正(太田興業組長)が引退。神戸山口組から破門処分。

2020年01月06日
  • 神戸山口組舎弟の安岡俊蔵(二代目誠会会長)が引退。神戸山口組から破門処分。
  • 神戸山口組若中の柴崎勝(二代目誠会若頭)が引退。神戸山口組から破門処分。

2020年05月07日
  • 神戸山口組幹部の高橋久雄(雄成会会長)が引退。神戸山口組から破門処分。

2020年05月13日
  • 神戸山口組舎弟の大澤忠興(徳誠会総裁)が引退。

2020年07月22日
  • 神戸山口組若頭代行の中田浩司(五代目山健組組長)が神戸山口組を離脱。神戸山口組から除籍処分。五代目山健組の幹部ら複数人が神戸山口組に残留。後に五代目山健組は独立組織を経て、六代目山口組に移籍。

2020年07月25日
  • 神戸山口組最高顧問の池田孝志(池田組組長)が神戸山口組を離脱。神戸山口組から除籍処分。池田組は独立組織となる。

2020年08月07日
  • 神戸山口組総本部長を辞任していた正木年男(正木組組長)が引退。
  • 神戸山口組若頭補佐の剣政和(二代目黒誠会会長)が引退。

2020年8月19日
  • 神戸山口組若頭補佐の山本彰彦(二代目木村會会長)が神戸山口組を離脱。神戸山口組から破門処分。六代目山口組に高山清司若頭の預かりとして移籍。

2020年08月20日
  • 神戸山口組若中の仲村石松(三代目古川組組長)が神戸山口組若頭補佐に就任。
  • 神戸山口組若中の大瀧一門(徳誠会会長)が神戸山口組若頭補佐に就任。
  • 神戸山口組幹部の青木和重(五龍会会長)が神戸山口組若頭補佐に就任。
  • 神戸山口組幹部の福原辰広(邦楽會会長)が神戸山口組若頭補佐に就任。

2020年09月03日
  • 神戸山口組若頭補佐の福原辰広(邦楽會会長)が引退。

2020年09月23日
  • 神戸山口組に残留した五代目山健組の幹部らが新生山健組を結成。

2020年10月15日
  • 神戸山口組『山健組』組長代行の元満志郎(二代目安部組組長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。
  • 神戸山口組『山健組』舎弟頭補佐の野崎秀夫(四代目伊藤会会長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組若中に就任。

2020年10月14日
  • 神戸山口組舎弟の竹森竜治(四代目澄田会会長)が引退。

2020年12月15日
  • 神戸山口組若中の野崎秀夫(四代目伊藤会会長)が神戸山口組『山健組』副組長に就任。

2020年12月20日
  • 神戸山口組本部長の毛利善長(毛利組組長)が逝去。

2021年03月31日
  • 神戸山口組顧問の奥浦清司(奥浦組組長)が引退。

2021年06月22日
  • 神戸山口組若頭補佐の青木和重(五龍会会長)が神戸山口組副本部長に就任。
  • 神戸山口組『侠友会』舎弟頭の近藤大恵(徳心会会長)が内部昇格で神戸山口組の直参に昇格し、神戸山口組舎弟に就任。

2021年06月29日
  • 神戸山口組舎弟頭補佐の藤原健治(三代目熊本組組長)が引退。

2021年08月14日
  • 神戸山口組若中の野崎秀夫(四代目伊藤会会長)が神戸山口組を離脱。神戸山口組から絶縁処分。後に六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』に移籍。