Kobe

2019年05月02日、自称会社役員の男ら2人が、強要未遂の疑いで逮捕された。逮捕容疑は神戸山口組連絡所の近くにある不動産を所有している男性を脅し、建物とその土地を売却するよう迫ったというもの。

2019年05月10日、この事件の関係先として、神戸市中央区にある神戸山口組の連絡所に家宅捜索が入った。


スポンサーリンク


組事務所近くの不動産売却迫る 容疑の男ら逮捕
2019.5.2 22:18

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/190502/wst1905020017-n1.html

「安心して暮らしたいやろ」と脅す 不動産売却をめぐる強要未遂で神戸山口組本部捜索
2019/05/10 18:29

(MBS 毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190510/GE000000000000027703.shtml



このニュースのまとめ

  • 2019年05月02日、自称会社役員の横山和之(67・神戸市兵庫区)と松本一也(58・大阪府豊中市)の計2人が、強要未遂の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2016年06月、神戸山口組連絡所の近くにある不動産を所有している自営業の男性(70)に対し、「抗争に巻き込まれず安心して暮らしたいやろ」などと言って脅し、建物とその土地を売り渡すよう迫った疑い。
  • 神戸山口組の連絡所は横山が所有していたが、2017年03月に神戸山口組若頭で『侠友会』会長の寺岡修へ譲渡されていた。横山らは神戸山口組の連絡所の付近で、組事務所として使用できそうな物件を探していたとみられている。
  • 2019年05月10日、この事件の関係先として、兵庫県神戸市中央区にある神戸山口組の連絡所を、兵庫県警が家宅捜索した。


 ⇒ 関連記事 
神戸山口組連絡所の虚偽登記事件、神戸山口組若頭の侠友会『寺岡修』会長ら2人を不起訴






スポンサーリンク