Kobe

2020年01月29日、大阪市城東区にある神戸山口組系組事務所に貼られていた、特定抗争指定暴力団に指定されていることを示す標章を破ったとして、建設作業員の男が暴力団対策法違反の疑いで逮捕された。

六代目山口組と神戸山口組が特定抗争指定暴力団に指定されて以降、中止命令を経ずに即時に逮捕できる直罰規定を適用したのは初めてのことだという。


スポンサーリンク


特定抗争指定暴力団の標章破る 男を逮捕
2020.1.29 12:33

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/200129/wst2001290012-n1.html

『むかついていた』暴力団事務所の標章破る…特定抗争「全国初」の逮捕
2020/01/29 15:48

(カンテレ 関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/c519fadd49c047b6aac91197f30e56e2.html



このニュースのまとめ

  • 2020年01月29日、建設作業員の文友一(37・大阪市城東区)が、暴力団対策法違反(標章損壊)の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年01月27日20時40分頃、大阪府大阪市城東区にある神戸山口組系の組事務所で、シャッターに張られていた組の特定抗争指定を示す標章1枚を破った疑い。
  • 男は当時、酒を飲んでいたとみられ、警察の取り調べに対し、「私が破った、腹が立っていた」などと供述しているという。
  • 2020年01月に六代目山口組と神戸山口組が特定抗争指定暴力団に指定されて以降、暴力団対策法での摘発は初めてのこと。