Kobe

2020年06月24日、新型コロナウイルスで業績が悪化した事業者への貸付金を騙し取ろうとしたとして、神戸山口組『二代目西脇組』幹部とスナック経営者の妻が詐欺未遂の疑いで逮捕された。貸付金の書類は経営者本人が提出しなければいけないが、スナックの経営を任せている女性の名前や印鑑を勝手に使い、申込書を偽造していたという。


スポンサーリンク


暴力団幹部ら 新型コロナ貸付申込書偽造の疑いで逮捕
2020/06/24 20:38

(カンテレ 関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/5ad282e2bbc54746bf1d899aa21af69f.html

コロナ貸付金詐欺未遂疑い 逮捕
2020年06月25日 08時53分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20200625/2020008634.html

新型コロナ 貸付金詐取未遂、組員と妻を逮捕 容疑で加古川署 /兵庫
2020年6月25日

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20200625/ddl/k28/040/135000c



このニュースのまとめ

  • 2020年06月24日、神戸山口組『二代目西脇組』幹部の竹内幸一(74・兵庫県明石市)、妻でスナック経営者の女(72)の計2人が、詐欺未遂と有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年04月21日、妻からスナックの経営を任されている女性(40代)の名義で『新型コロナウイルス感染症特別貸付制度』の申込書を記入し、女性の印鑑を勝手に使って捺印し、偽造した申込書を金融機関に提出して貸付金250万円を騙し取ろうとした疑い。
  • 妻が女性の親族を装って金融機関の窓口で偽造した申込書を提出しようとした際、申請者本人を連れて来るよう求められていた。その後、女性は2人から貸付金を申し込むよう強要されたが断り、自分名義の申込書が勝手に作成されたと知り、04月24日に警察に相談して事件が発覚したという。