Kobe

2020年07月21日までに、自身が経営する会社の社員に暴行したとして、神戸山口組系幹部の男が逮捕された。その後の調べで、社員は経営者の幹部に車を借りたが無免許で、さらに事故を起こしてそのまま逃走していて、事故について幹部から問い詰められた際にシラを切ったため、幹部に暴行されたということのようだ。社員も道路交通法違反の疑いで逮捕された。


スポンサーリンク


暴力団幹部の経営者に殴られた“被害者”のはずが…幹部の車を無免許で運転しあて逃げか 24歳男逮捕
2020年07月21日 06:11

(東海テレビ) https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20200721_134102



このニュースのまとめ

  • 2020年07月21日までに、神戸山口組系幹部の山本賢治(59)が暴行の疑いで逮捕された。逮捕容疑は自身の会社の従業員に暴行を加えた疑い。
  • 2020年07月21日までに、暴行された会社員の男(24・三重県松阪市)が、道路交通法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は2020年07月19日、三重県松阪市の路上で軽自動車を無免許で運転し、別の車に追突する事故を起こしてそのまま逃走した疑い。
  • 警察によると、会社員の男は勤務先の経営者である山本賢治に車を借り、その車を無免許で運転し事故を起こして逃走した。その後、会社員の男は山本賢治から事故について問い詰められたがシラを切り、腹を立てた山本賢治が会社員の男を暴行したという。
  • 警察の取り調べに対し山本賢治は、「(自身の車で事故を起こした)会社員の男を問い詰めたところ、シラを切られ、その態度に腹が立った」などと供述しているという。