honda6

2020年09月09日までに、新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯を支援する貸付金を騙し取ったとして、神戸山口組系幹部など7人が詐欺の疑いで逮捕された。幹部らはウソの申請書を提出し、計45万円を受け取ったとみられている。


スポンサーリンク


県内で初 新型コロナ関連詐欺で串間市の飲食店経営者ら7人逮捕・宮崎県
2020/9/9(水) 19:08 mrt宮崎放送

(Yahoo!ニュース) https://news.yahoo.co.jp/articles/6affb999b5679594631dacccdd3e8c387548c4b7

コロナ貸付制度で詐欺か7人逮捕
2020年09月09日 20時39分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20200909/5060007412.html

宮崎県で詐欺の容疑 鹿児島・志布志市の暴力団幹部ら男女7人が逮捕
2020年9月10日 木曜 午後0:12 KTS 鹿児島テレビ

honda7

(FNN) https://www.fnn.jp/articles/-/83355



このニュースのまとめ

  • 2020年09月09日までに、神戸山口組系幹部の本田徹(44・鹿児島県志布志市)、組員の小迫祝次(38・鹿児島県志布志市)、飲食店経営者の男(42・鹿児島県串間市)、代行運転手の男(43・鹿児島県串間市)、無職の男(21・鹿児島県奄美市)など、男女計7人が詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年05~07月、新型コロナウイルスの影響で収入が減った世帯を支援する『生活福祉資金貸付制度』を悪用し、社会福祉協議会の窓口でウソの申請書を提出し、3回にわたって貸付金を計45万円だまし取った疑い。
  • 申請書には空き家の住所が書かれていて、不審な点に気付いた社会福祉協議会が警察に被害届を出していた。



 ⇒ 関連記事