yamamoto19

2020年09月28日までに、東京の六本木で違法カジノ店を経営していたとして、神戸山口組『二代目宅見組』幹部や従業員など、計12人が賭博開帳図利などの疑いで逮捕された。このカジノ店では約4億8000万円の売上があったとみられている。

2020年10月16日付で、神戸山口組『二代目宅見組』幹部は不起訴処分となった


スポンサーリンク


六本木のビルで賭博場容疑 企業幹部ら一般人集めバカラ
2020年9月28日 12時17分

(朝日新聞DIGITAL) https://www.asahi.com/articles/ASN9X4130N9XUTIL00X.html

違法カジノ疑い、組幹部を逮捕 4億8千万円売り上げか
2020/9/28 12:21

(共同通信) https://this.kiji.is/683151343133230177?c=39546741839462401

六本木カジノ 実質的経営者を逮捕 暴力団資金源か
2020年9月28日 月曜 午後0:28

(FNN) https://www.fnn.jp/articles/-/89361

コロナ禍も六本木でバカラ店経営か 暴力団幹部逮捕
2020/09/28 12:43

(テレ朝news) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000194205.html

バカラ経営の暴力団幹部ら逮捕 コロナの影響話す客も…
2020/09/28(月)15:00

(テレビ東京) https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/txn/news_txn/post_211050/


(追記)

緊急事態宣言下でカジノを営業した疑いで逮捕の男性を不起訴、東京地検
2020年10月16日 19時17分

(TBS NEWS) https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4103978.html



このニュースのまとめ

  • 2020年07月、警視庁が東京都港区六本木にある違法カジノ店を家宅捜索し、店長や従業員など計9人が賭博開帳図利などの疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年01月~2020年07月の間、東京都港区六本木の二箇所の雑居ビルの一室で賭博場を開き、客に金を賭けさせてバカラ賭博をさせ、手数料を徴収した疑い。
  • 2020年09月28日までに、新たに神戸山口組『二代目宅見組』幹部の山本健二こと山本千束(70・東京都港区)ら計3人が、賭博開帳図利などの疑いで逮捕された。
  • 山本がこのカジノ店の実質的経営者だとみられていて、店長に指示を出して運営していたとみられる。カジノは会員制で、数100人の会員が居たという。これまでに約4億8000万円を売り上げ、約1億6000万円の利益があったとされる。
  • このカジノ店は新型コロナウイルスによる政府の緊急事態宣言中も営業を続けていて、客は企業の幹部や富裕層が多く、「新型コロナウイルスの影響で海外のカジノに行けなくなったから、こういう店に来た」と話す客も居たという。
  • 2020年10月16日付で、東京地検は逮捕されていた山本千束を、不起訴処分とした。



髙山若頭からの警告 続・弘道会の野望