Kobe

2021年07月08日、新型コロナウイルス対策の支援金を不正に搾取したとして、神戸山口組系幹部と元妻が詐欺の疑いで逮捕された。幹部は元妻の会社の経営に関与しているのにも関わらず、元妻の会社は『暴力団と関わりがない』と偽って申請していたという。


スポンサーリンク


コロナ支援金230万円詐取 容疑で暴力団幹部ら逮捕
2021/7/8 19:44

(産経新聞) https://www.sankei.com/article/20210708-PAZPAOERR5N5XKTZGHTE3ZXTIA/



このニュースのまとめ

  • 2021年07月08日、神戸山口組系幹部の田畑元茂(51・大阪府岸和田市)、元妻(39)の計2人が、詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年06月~2021年05月、新型コロナウイルス対策の支援金を受ける資格が無いのにも関わらず、元妻が経営するサーフボードなどの販売会社が虚偽の申請をして『持続化給付金』200万円と『家賃支援給付金』約34万円を騙し取った疑い。
  • 新型コロナウイルス支援金の給付対象者の要件として、『暴力団が経営に関与していないこと』が定められているが、田畑は元妻が経営する会社の経営に関わっていたのに、会社は『暴力団と関わりが無い』と偽って申請書を国に提出していたという。