Kobe

2021年07月13日、京都市東山区のキャバクラ店の経営者から金銭を脅し取ったとして、神戸山口組系幹部ら4人が恐喝の疑いで逮捕された。幹部らは経営者が店の経営権を売却したことを聞きつけ、犯行に及んだとみられている。


スポンサーリンク


キャバクラ経営男性から225万円脅し取る 容疑で暴力団幹部の男ら4人逮捕
2021年7月13日 21:12

(京都新聞) https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/597778



このニュースのまとめ

  • 2021年07月13日、神戸山口組系幹部(45・京都市山科区)、組員(42・滋賀県草津市)、組員(38)、男(34・滋賀県大津市)の計4人が、恐喝の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年06月~07月、京都府京都市東山区にあるキャバクラ店の実質経営者の男性(26)を脅し、4回にわたって計225万円を脅し取った疑い。
  • 経営者の男性はキャバクラ店の経営権を売却しており、それを知った幹部らが「有り金を全部預けとけ」などと言って金銭を脅し取ったという。
  • 幹部と経営者の男性は知人を介して知り合っていて、幹部はキャバクラ店の開店当初から金銭を受け取っていたとみられている。