Kobe

2021年12月01日、不法滞在しているベトナム人を解体業に従事させたとして、神戸山口組『二代目宅見組』系幹部や解体業者など8人が入管法違反や職安法違反の疑いで逮捕された。ベトナム人業者から紹介を受けた幹部が、解体業者にベトナム人を派遣していたという。


スポンサーリンク


不法残留のベトナム人働かせた疑い 暴力団幹部ら8人逮捕
2021/12/1 22:17

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202112/0014884040.shtml

不法残留のベトナム人働かせた疑い 職安法違反で「宅見組」事務所を捜索
2021/12/3 20:12

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202112/0014888803.shtml



このニュースのまとめ

  • 2021年12月01日、神戸山口組『二代目宅見組』系幹部の男(53・兵庫県姫路市)、解体業者の実質的経営者の男(41)、解体業者の社長の男(35)、ベトナム人業者など、計8人が入管難民法違反(不法就労の助長)や職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)などの疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年09月~2021年05月、人材派遣業を営む幹部が、ベトナム人の業者から紹介を受け、不法残留のベトナム人4人を解体業者に派遣。兵庫県加古川市で家屋の解体などの作業員として働かせた疑い。
  • ベトナム人らは兵庫県姫路市に集団で住まされ、日当12000円のうち9000円を給与として受け取り、解体業者は利益の一部を二代目宅見組系幹部に渡していたとみられている。
  • 2021年12月01日、この事件の関係先として、兵庫県姫路市にある解体業者の関係先や自宅など、計10箇所を兵庫県警が家宅捜索した。
  • 2021年12月03日、この事件の関係先として、大阪府大阪市中央区にある二代目宅見組の本部事務所を、兵庫県警が家宅捜索した。



黒い経済白書