kojimakeisuke1

2022年09月、神戸山口組が先月に続いて新たに人事を行い、先月に舎弟頭補佐に昇格したばかりだった二代目中野組の小嶋恵介組長が、若頭代行に就くこととなった。

若頭代行のポストは、神戸山口組の結成直後の2015年09月から織田絆誠会長が務めていたが、2017年04月に織田会長が神戸山口組を脱退して以降、約5年半のあいだ空席だった。

神戸山口組では、2022年08月に若頭を務めていた侠友会の寺岡修会長ら直参3人が離脱するという、近年最大の難局が訪れていたが、今回の人事で若頭代行の他にも本部長や組織委員長などの拡充を行い、組織の立て直しを図っているとみられている。

  ⇒ 関連記事 




スポンサーリンク


神戸山口組は「まだ終わっていない」…新人事、他団体との連携で体制強化へ
2022.09.08 15:00

(Business Journal) https://biz-journal.jp/2022/09/post_316347.html

神戸山口組が人事を発表!執行部強化で空席の「若頭代行」を任命
2022.09.11

(週刊実話) https://weekly-jitsuwa.jp/archives/77639



このニュースのまとめ

  • 2022年09月02日、神戸山口組が執行部の増員などの人事を行った。
  • 舎弟頭補佐だった二代目中野組の小嶋恵介組長が、若頭代行に就任。
  • 副本部長だった五龍会の青木和重会長が、本部長に就任。
  • 舎弟だった徳心会の近藤大恵会長が、組織委員長に就任。
  • 神戸山口組幹事だった元神戸山口組『五代目山健組』ら10数人が、組織委員に就任。



 ⇒ 過去の人事 














 ⇒ 関連記事 















大阪ヤクザ秘史 私が見た「明友会事件」から「山一抗争」まで


スポンサーリンク