Roku

2020年02月13日までに、野球賭博を開いたり参加したりしたとして、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部2人と組員ら4人の計6人が逮捕された。幹部2人はこれまでに数10回賭博を開催し、計6億円以上の賭け金を集めたとみられている。


スポンサーリンク


野球賭博、組幹部を逮捕 容疑で愛知県警、6億円集金か
2020年2月13日 13時55分

(中日新聞) https://www.chunichi.co.jp/s/article/2020021390135506.html



このニュースのまとめ

  • 2020年02月13日までに、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部の前川広行(58・名古屋市中区)が賭博開帳図利の疑いで、三代目弘道会系幹部の伊藤俊輔(50・名古屋市千種区)が賭博開帳図利と常習賭博で、三代目弘道会系組員ら4人が常習賭博の疑いで、計6人が逮捕された。
  • 逮捕容疑は、前川が2018年05月~2019年03月、プロ野球やサッカーなどの試合の勝敗を予想する賭博を15回主催し、伊藤らから計998万円の申し込みを受けて賭博した疑い。
  • 伊藤は、前川の賭博に参加した他、2018年09月~2019年04月、同様の賭博を37回主催し、客の男ら4人から計1652万円の申し込みを受けて賭博した疑い。三代目弘道会系組員ら4人は、伊藤の賭博に参加した疑い。
  • 前川と伊藤の賭博は、プロ野球、サッカーJリーグ、大相撲などの試合を対象に、申し込みはスマートフォンなどを使って行われていたという。これまでに2人で計6億2000万円の賭博金を集めたとみられている。



唯誠 さらば矢野康生
唯誠 さらば矢野康生 (著)若野康玄