Roku

衝撃的なニュースが飛び込んできた。2015年10月26日、六代目山口組から除籍されていた元六代目山口組若中の三代目倉本組組長・河内敏之(川地敏之)が心肺停止で発見され、病院で死亡が確認されたという情報があった。

銃弾で撃たれた後があり事件と自殺の両面で捜査が行われている。河内組長は数日前に六代目山口組から除籍されていたようだ。


山口組系事務所で組長とみられる男性死亡 拳銃自殺か
2015/10/26 19:47
 

死亡男性は除籍組長、拳銃自殺か 組分裂で組織運営に悩む?
2015.10.27 07:38



(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/151027/wst1510270010-n1.html

山口組除籍の組長死亡か、大阪 拳銃使用、自殺と事件両面
2015/10/26 17:16   【共同通信】


大阪・組事務所:「拳銃で撃たれた」男性死亡 山口組系 
2015年10月26日 13時42分

(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20151026k0000e040189000c.html


このニュースのまとめ

  • 2015年10月26日、六代目山口組から除籍処分を受けていた元六代目山口組若中の三代目倉本組組長・河内敏之(川地敏之・52)が心肺停止で発見され、病院で死亡が確認された。
  • 河内敏之が発見されたのは大阪市浪速区にある三代目倉本組傘下の『三誠会』の事務所。
  • 河内敏之は銃弾で撃たれた後があり、事件と自殺の両面で捜査が行われている。


倉本組と河内敏之組長について

dez3
三代目倉本組の本部事務所とみられる建物 【出典】https://www.google.co.jp/maps/place/〒630-8453+奈良県奈良市西九条町3丁目2−4/

kuramoto
死亡した三代目倉本組の河内敏之(川地敏之)組長 【出典】http://socialwindow.blog.so-net.ne.jp/2015-10-26-3

倉本組

三代目倉本組(くらもとぐみ)は奈良県奈良市西九条町3-2-4に本部を置く暴力団で、六代目山口組の二次団体。

<倉|本>
 
◆倉本組系譜
初 代 - 倉本広文
二代目 - 津田功一
三代目 - 河内敏之
 
◆三代目倉本組組織図
組 長 - 河内敏之
 
◆執行部
組長代行 - 稲月幸二(稲月興業組長)
若 頭 - 森嶋弘道(奈良倉友連合組長)
舎弟頭 - 入田茂郎(三代目南組組長)
本部長 - 田中敦之(七代目倭奈良組組長)
組織渉外委員長 - 中嶋 靖(二代目森嶋組組長)
舎弟頭補佐 - 東城新吾(三代目國心会会長)
若頭補佐兼風紀委員長 - 竹内貴洋
若頭補佐兼組長秘書 - 北尾康彰
若頭補佐 - 坂本義道(三代目小船谷組組長)
若頭補佐兼組織渉外副委員長 - 安井幹博(二代目成田組組長)
 
◆舎弟
組長相談役 - 片平哲行(曙総業組長)
顧 問 - 原 重夫(二代目関東原組総裁)
副組長 - 森元郁夫(九代目高木組組長)
副組長 - 南岡正男(二代目南岡組組長)
 
◆幹部
原 克則(二代目関東原組組長)

◆若中
井坂裕一(九代目高木組若頭)

最終更新:2015-10-26 17:46:15

三代目倉本組は六代目山口組の二次団体だったが2015年10月中旬に除籍処分された、奈良県奈良市に本部を置いている。組長の河内敏之(川地敏之)は六代目山口組若中だった。

倉本組は初代組長の倉本広文が立ち上げた組織。倉本広文は三代目山口組柳川組に加入、二代目柳川組では幹部を務めた。1969年に柳川組が解散すると三代目山口組清水組に移籍、清水組舎弟となった。

1978年頃に倉本組を立ち上げる。1979年に清水組の清水光重組長が死去すると清水組を離脱して三代目山口組宅見組へ移籍、宅見勝組長の舎弟となり宅見組副組長を務めた。

1984年06月に四代目山口組が発足すると内部昇格で四代目山口組の直参に昇格、1989年05に五代目山口組が発足すると倉本は五代目山口組若頭補佐に起用され執行部入り。

最盛期には1800人の構成員を有する巨大組織となったが、1998年09月に倉本は死去。倉本組は跡目が決まらず分裂してしまい、貴広会(津田功一会長)と倉心会(小條鎮生会長)に分かれてしまう。

2005年に六代目山口組が発足すると貴広会が二代目倉本組に改称し、貴広会会長の津田功一が二代目倉本組組長に就任した。

2010年02月に津田は引退し、二代目倉本組で若頭を務めていた河内敏之(川地敏之)が三代目倉本組を継承し六代目山口組の直参となった。

河内は初代倉本組傘下の三誠会に加入し渡世入り、三誠会若頭を務めた。貴広会が結成されると二代目三誠会会長を継承し、貴広会で若頭補佐、若頭を務めた。貴広会が二代目倉本組に改称すると二代目倉本組若頭代行、若頭を歴任していた。


参考 獨歩舎『実話時代 2015年3月号』メディアボーイ(2015/01/29)
参考 https://zh.wikipedia.org/wiki/倉本組
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/倉本組
参考 http://wikiyakuza.wiki.fc2.com/wiki/倉本組



なぜ河内組長は死亡したのか

報道には『大阪市浪速区桜川1の指定暴力団山口組系の組事務所』と書かれていて、どこの組なのかは記載されていない。

詳しく調べてみるとこの組事務所は三代目倉本組傘下の『三誠会』の事務所だという情報があった。三誠会は河内組長が二代目会長を務めた組織だ。

その三誠会の事務所を訪れていた所を誰かに射殺されたのか、あるいは自分で自殺したのかのどちらかのようだ。

河内組長は数日前に六代目山口組から除籍されており、何らかのトラブルを抱えていた可能性もある。

三代目倉本組は内部で神戸山口組に移りたい勢力と、六代目山口組に残りたい勢力とで分裂していて、河内組長は組織をまとめきれずその責任を追及されて除籍処分されたという情報もあるようだ。

自殺の線が濃厚のようだがまだこの事件の背景が把握されておらず、詳しい続報が出るまでは静観するしかない。






スポンサーリンク