IMG_5207

2019年09月26日、無許可で労働者を派遣したとして、極東会幹部の『二代目伊丹会』会長ら計4人が職業安定法違反の疑いで逮捕された。二代目伊丹会会長らは路上生活者らを勧誘し、建設会社へ無許可で派遣していたという。この建設会社は、東京オリンピックの工事も請け負っている。 


スポンサーリンク


公共工事に無許可派遣 暴力団幹部ら逮捕
2019年09月26日

(日テレNEWS24) http://www.news24.jp/articles/2019/09/26/07505896.html

建設作業員4人 無許可紹介容疑で暴力団組長ら逮捕 /東京
2019年9月27日

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20190927/ddl/k13/040/011000c

五輪工事に暴力団関与か=建設会社に労働者派遣-東京
2019年09月28日07時41分

(時事ドットコム) https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092701212



このニュースのまとめ

  • 2019年09月26日、極東会幹部で『二代目伊丹会』会長の広尾光信(70・東京都新宿区)、手塚孝(68・東京都新宿区)、建設会社役員の男(84・東京都新宿区)、自営業の男(65・東京都足立区)の計4人が職業安定法違反の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年02~07月のあいだ、埼玉県戸田市と川口市の公共事業を請け負った建設会社に、無許可で作業員4人を派遣した疑い。この建設会社は、東京都中央区晴海に建設している東京オリンピックの選手村の宿泊施設の工事に、2次下請けとして参加しており、この工事にも広尾らが労働者を送り込んでいたとみられている。
  • 広尾らはホームレスや路上生活者を勧誘し、寮に住まわせて工事現場に派遣。派遣労働者の給料の約3割をピンハネしていたとされる。広尾は2018年10月にも同様の事件を起こし、執行猶予付きの有罪判決を受けていた。
  • 警察は、東京オリンピック・パラリンピックの関連工事を請け負う会社から、暴力団の排除を進めている。建設会社も職業安定法違反の疑いで書類送検する方針。



 ⇒ 関連記事 





教養としてのヤクザ (小学館新書)