無題s

2019年08月26日、神戸山口組が旧本部である侠友会の組事務所の土地と建物について、売却する意向を示していることが分かった。兵庫県淡路市にある侠友会の組事務所は、神戸山口組の発足当初から本部事務所として使用されてきたが、近隣住民や暴追センターによる暴力団追放運動で閉鎖に追い込まれていた。

2021年12月01日、兵庫県淡路市は神戸山口組の旧本部である侠友会の組事務所の土地と建物を買い取る方針を発表した。


スポンサーリンク


神戸山口組、旧本部売却へ 兵庫・淡路 警察、抗争激化を警戒
2019.8.27 06:00

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/190827/wst1908270006-n1.html

神戸山口組の旧本拠地、所有者側が売却の意向
2019/8/27 11:49

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201908/0012644659.shtml

神戸山口組が旧本部事務所の売却検討
2019年8月27日 18時38分
 
(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20190827/k00/00m/040/183000c


(追記)

神戸山口組の元本部、淡路市が約3千万円で購入へ 組側とも合意
2021年12月1日 6時00分

(朝日新聞) https://www.asahi.com/articles/ASPCZ6G1JPCZPIHB01B.html

神戸山口組の拠点だった建物を淡路市が買い取りへ
2021年12月01日(水曜日)



(サンテレビ) https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2021/12/01/46041/

神戸山口組元本部事務所 淡路市が購入の方針
2021年12月01日 17時32分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20211201/2000054522.html



このニュースのまとめ

  • 2019年08月26日、神戸山口組が本部として使用していた、兵庫県淡路市志筑にある侠友会の組事務所の土地と建物について、所有者側が売却する意向であることが分かった。
  • 2015年08月に六代目山口組が分裂し神戸山口組が結成されると、神戸山口組は結成に参加した侠友会の組事務所を本部とし、定例会や年末の納会などでたびたび使用されていた。
  • 2017年10月に暴力団追放兵庫県民センターが住民の委託を受けて侠友会の組事務所の使用を差し止める仮処分を神戸地裁に申し立て、侠友会は組事務所を閉鎖。その後、神戸山口組は兵庫県神戸市にある関連施設を本部として使用した。
  • 2020年01月に六代目山口組と神戸山口組が特定抗争指定暴力団に指定され、警戒区域に淡路市が設定されたことから、侠友会の組事務所への立ち入りがさらに禁じられた。
  • 侠友会の組事務所は鉄骨3階建ての建物と約410㎡の土地で、不動産の価格は数1000万円だとみられるが、買い手はまだ見つかっていない。住民の一部からは淡路市に買い取りを求めているという。
  • 2021年12月01日、兵庫県淡路市は神戸山口組が本部として使用していた、兵庫県淡路市志筑にある侠友会の組事務所の土地と建物を買い取る方針を発表した。
  • 淡路市は所有者から兵庫県警を通じて組事務所を売却する意向を伝えられ、別の暴力団などによる買い取りを防ぐため、神戸山口組と話し合い、土地と建物を購入することで合意の目処が立ったという。
  • 淡路市は12月08日に購入費3100万円を含む補正予算案を淡路市議会に提出し、補正予算案が可決されれば組事務所を買い取る議案も提出する予定だという。



 ⇒ 関連記事