IMG_4520
生島マリカ氏に提訴された溝口敦氏

2016年03月02日、作家の生島マリカが、暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の記事で名誉を毀損されたとして、溝口敦と日刊ゲンダイを相手に訴訟を起こした。生島マリカは過酷な生い立ちを自叙伝として発売した作家。元プロ野球選手の清原和博の元恋人としてインタビューに答えたり、テレビ番組などにも出演していた。


スポンサーリンク


IMG_4525
溝口敦氏を提訴した生島マリカ氏



問題の発端は清原和博に関する記事

問題の発端となったのは、溝口敦が日刊ゲンダイで連載しているコラム。元プロ野球選手の清原和博に関する内容で、この当時は清原が覚せい剤で逮捕され、報道が過熱していて、どこから覚せい剤を入手したのかなどが注目されていた。清原の元恋人として生島マリカの話題が登場する。

記事の中で溝口敦は
  • 生島マリカの著書『不死身の花』はゴーストライターがまとめたはず。
  • 生島マリカは本の中でアルコール中毒と書いているが、同時に覚せい剤の依存症で、大阪のキタでは広く知られた話。
  • 生島マリカは元三代目山口組『菅谷組』幹部のサージこと生島久次もしくはその次男と結婚を約束していた。
  • 生島マリカは五代目山口組若頭補佐で三代目山健組組長の桑田兼吉の愛人だったことで名が通っている。
  • 清原は生島マリカと元恋人の関係なので、その気になれば生島ルートからも覚せい剤を入手できる立場だった。
などと記していた。


溝口敦の「斬り込み時評」清原容疑者はいくらでも覚醒剤を入手できる立場にいた
2016年2月8日

(日刊ゲンダイDIGITAL) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/174958/1



この記事に猫組長や西岡研介らから苦言




















シャブ清原の記事を書くふりで各方面に火をつけて回る溝口敦氏(74)の過激さに脱帽!
2016.02.09

(R-ZONE) http://r-zone.me/2016/02/74.html



生島マリカが事実無根だと記事の内容を否定




生島マリカが溝口敦と日刊現代を相手に訴訟

株式会社日刊現代及び溝口敦氏に対する訴訟提起のお知らせ
2016-03-02 22:17:42

(生島マリカ ブログ 是日々神経衰弱なり) https://ameblo.jp/marika999blog135/entry-12134962719.html











裁判の経緯







 ⇒ この記事の後半はコチラ 
暴力団取材の第一人者『溝口敦』が敗訴、作家『生島マリカ』への名誉毀損 ②