IMG_4983

2018年11月08日、元暴力団組員や元会社社長など3人を死亡させたとして逮捕されていた、兵庫県姫路市にあるパチンコ運営会社の実質経営者だった中村春根こと陳春根の、判決公判が開かれた。

陳春根は2009~2011年、実行役の上村隆と共謀して元暴力団組員や元会社社長を殺害したり、別の元暴力団組員を監禁して死亡させたりと、12の事件で19の罪に問われている。

裁判長は元会社社長の事件について、証拠が不十分などとして無罪を認定。それ以外は有罪とし、陳春根に無期懲役の判決を下した。求刑の死刑は回避された。

2019年03月15日、陳春根の指示で犯行を実行したとして逮捕されていた上村隆の判決公判が開かれ、裁判長は死刑の判決を下した。上村は陳春根の裏仕事を担っていたとみられ、報酬目当てでの犯行で、3人の死亡は全て上村の犯行だと認定された。

2021年01月28日、陳春根の控訴審の判決公判が開かれ、裁判長は地裁の無期懲役判決を支持した。弁護側は上告したが検察側が上告しなかったため、陳春根は今後、死刑判決が言い渡されることは無くなった。

2021年05月19日、上村隆の控訴審の判決公判が開かれ、裁判長は地裁の死刑判決を支持した。陳と上村の裁判は別々に行われ、一審の裁判員裁判で証拠採用などに差があるため、犯行を指示した主犯の陳春根が無期懲役となり、実行役の上村隆が死刑判決になるという、ねじれ判決が起きている。


スポンサーリンク


兵庫県警の捜査の一部「違法」 県に87万円賠償命令 神戸地裁
2015.10.29 23:18

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/151029/wst1510290108-n1.html

判決まで207日…過去最長の裁判員裁判、全面対立に
2018年4月16日 13時01分

(朝日新聞) https://www.asahi.com/articles/ASL494R7XL49PIHB01Q.html

「遺体なき殺人」初公判、韓国籍被告「私は無罪」と全面否認 最長207日裁判 神戸地裁姫路支部
2018.4.16 13:40

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/180416/wst1804160043-n1.html

証人名非開示は合憲 刑訴法規定、最高裁初判断
2018/7/5 19:14

(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32664740V00C18A7000000/

「陳被告が主導」検察側指摘 最長の裁判員裁判、中間論告
2018.7.7 09:30

(産経新聞) https://www.sankei.com/west/news/180707/wst1807070020-n1.html

最長の裁判員裁判、死刑求刑 検察「強固な殺意」
2018/10/15 20:35

(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36507090V11C18A0AC8Z00/

神戸地裁姫路支部で一部無罪判決 パチンコ店運営会社元実質経営者の男に無期懲役
2018年11月08日(木曜日) 17:10

(サンテレビ) http://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2018/11/08/4581/

審理期間が200日超 最長の裁判員裁判で無期懲役の判決
2018年11月8日 18時41分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181108/k10011703191000.html

過去最長の裁判員裁判、判決は無期懲役 神戸地裁姫路支部
2018.11.8 18:54

(産経ニュース) https://www.sankei.com/affairs/news/181108/afr1811080037-n1.html

“遺体なき殺人”47歳男に無期懲役の判決 神戸地裁姫路支部
2018/11/08 19:15

(MBS 毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20181108/GE000000000000025205.shtml

「遺体なき殺人」最長の裁判員裁判 韓国籍の男に「無期懲役」
2018年11月8日 木曜 午後7:45

(FNN) https://www.fnn.jp/posts/2018110819442806KTV

姫路の監禁・殺害 無期懲役判決不服、大阪高裁に控訴
2018年11月9日 18時24分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20181110/k00/00m/040/042000c

会社社長ら3人殺害などで死刑
2019年03月15日 18時03分

FullSizeRender

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20190315/2020003341.html

男性3人殺害、実行役に死刑判決 地裁姫路支部
2019.3.15 21:18

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/190315/wst1903150051-n1.html

遺体なき殺人、実行犯の男に死刑判決 焼却炉に人骨…3人の殺害を認定
2019/03/15 19:30

IMG_5423

(MBS 毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190315/GE000000000000027006.shtml

「悪質性際立つ」 3人死亡 男に死刑判決
2019年03月15日(金曜日) 22:59

(サンテレビ) http://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2019/03/15/9630/

姫路監禁殺害事件 二審も無期懲役判決 大阪高裁
2021/1/28 14:52

(神戸新聞NEXT) https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/202101/0014037504.shtml

最長裁判員裁判の2審も無期懲役
2021年01月28日 17時45分

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210128/2000040546.html


(追記)

実行犯は死刑・首謀者は無期、異例の「量刑ねじれ」…19日高裁判決
2021/05/18 08:47

(読売新聞) https://www.yomiuri.co.jp/national/20210518-OYT1T50067/

殺人や監禁致死などの罪 被告に指示役より重い死刑2審も維持
2021年05月19日 17時38分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210519/2000045813.html

男性3人を死亡させた罪に問われた男 1審の“死刑判決”を支持し控訴棄却 大阪高裁
2021/05/19 18:15



(毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20210519/GE00038359.shtml



このニュースのまとめ

  • 【事件①】 元山口組『山健組』傘下『村正会』組員の下山誠也さん(当時37)は、2010年09月に拉致られて建物に監禁され、自力で脱出していたが、2011年02月に自宅前で再度拉致され、首を絞められて殺害されたとみられる。兵庫県姫路市に駐車していた保冷車から遺体で発見された。陳春根は殺人・連れ去り・監禁傷害などの罪に問われている。
  • 【事件②】 元広告会社社長の前田巌さん(当時50)は、陳春根から10億円借りていたが返済が滞っており、2009年04月に東京都にある事務所から連れ出され、兵庫県姫路市にあるマンションの一室に置かれた檻の中に監禁され、2010年06月頃に拳銃などで殺害されたとみられている。遺体は見つかっていない。陳春根は殺人・監禁の罪に問われている。
  • 【事件③】 元山口組『山健組』傘下『村正会』幹部の富田こと厳大光さん(当時57)は、2010年04月に兵庫県姫路市のパチンコ店の駐車場で車に押し込まれ、兵庫県三木市の倉庫まで拉致られ、両手足や口を両面テープで縛られて窒息死したとみられている。遺体は見つかっていない。陳春根は連れ去り・監禁致死の罪に問われている。
  • 【事件④】 2009年08月、前田巌さんの部下だった男性(当時33)は、神奈川県鎌倉市で顔にナイフを突きつけられ、車に乗せられ連れ回され顔にケガをさせられたとみられている。陳春根は監禁傷害の罪に問われている。
  • 【事件⑤】 2010年08月、知人男性(当時30)は、兵庫県姫路市の路上で車に押し込まれ、手錠を掛けられるなどして兵庫県三木市の倉庫まで拉致られ、倉庫に置かれた箱の中に閉じ込められ、約1箇月のあいだ監禁されたとみられている。陳春根は監禁の罪に問われている。
  • 【事件⑥】 2009年01月、前田巌さんの会社の元役員の男性(当時35)は、貸付金の回収をめぐって東京都渋谷区の事務所に押しかけられ、「死にたいんか。殺すぞ」などと脅され、現金3万円を奪われたとされる。陳春根は恐喝の罪に問われている。
  • 2011年頃、パチンコ運営会社の実質経営者だった中村春根こと陳春根(40)らが指名手配された。
  • 2011年04月28日、陳春根と共謀していたとみられる陳の会社の元従業員の上村隆(44)が、広島県広島市にあるビジネスホテルの駐車場にいるところを発見され、逮捕された。
  • 2011年12月26日、中村春根こと陳春根が大阪府大阪市淀川区のホテルで逮捕された。2014年頃までにこれらの事件に関与したとみられる他の数人も逮捕された。
  • その後、逮捕されていた陳春根ら計3人が、違法な捜査で精神的に苦痛を受けたとして、兵庫県と国に計1300万円の損害賠償を求め、神戸地裁に提訴した。
  • 2015年10月29日、陳春根ら計3人が違法な捜査で損害賠償を求めていた訴訟の判決公判が神戸地裁で開かれ、裁判長は兵庫県警の捜査の一部に違法性を認定し、兵庫県に陳らそれぞれ10~33万円、計87万円の支払いを命じ、国への請求は棄却した。
  • 兵庫県警の捜査員は2011年02月~2012年01月、任意捜査の段階で陳以外の2人に対し、警察署の取調室やホテルに最大で4泊5日の宿泊をさせたり、「弁護士の言うことを聞いていたら最悪の結果になる」などと発言していた。陳は逮捕後にシャワーの水で濡れたまま移送され、取り調べを受けるなどされた。裁判長は「(宿泊を伴う取り調べについて)実質逮捕といえる違法な身柄拘束。(取り調べでの発言は)被告を不必要に混乱させ、弁護士との信頼関係の形成を妨害した。(濡れたまま移送されたことについては)精神的な苦痛を被った」などとした。
  • 2018年04月16日、7つの事件で11の罪に問われている陳春根の裁判員裁判の初公判が神戸地裁姫路支部で開かれ、陳春根は「すべての事件について私は無罪です」と述べ、無罪を主張した。検察側は「自ら経営するパチンコ店の関係者を暴力などで支配し、自分の手を汚さず配下の者に犯行を指示した。1999年に陳の父親が死亡した傷害致死事件にまつわる怨恨や、陳が広告会社に融資した資金の返済遅れなどのトラブルが事件の原因であり、陳が事件の首謀者だ」などと主張。弁護側は「仮に監禁や殺害などが行われたとしても、陳は現場におらず、指示もない。捜査機関は、全事件が陳の首謀と決めつけて捜査をした」などと主張した。
  • 2018年07月07日、陳春根の公判が神戸地裁姫路支部で開かれ、検察側は中間論告を行った。検察側は「陳は暴力や金銭で上村らを支配下に置いており、主従関係にあった。犯行ごとに専用の携帯電話を使って指示を出すなどした。陳の父親が亡くなった別の傷害致死事件に絡み、下山さんと巌さんから真相を聞き出そうとした。上村と下山さんら2人との間に接点は無く、陳の指示が無いと犯行は成立しない」などと主張した。
  • 2018年10月15日、陳春根の論告求刑公判が神戸地裁姫路支部で開かれた。検察側は、「父の死に対する怨恨や融資金の焦げ付きなどを背景に、陳春根が事件全体を主導した。自らは実行せず部下らに命じて2人を殺害し、1人を監禁中に死亡させた。強固な殺意に基づく計画的かつ執拗な犯行で、類例を見ない凶悪性だ。罪証隠滅を繰り返し、無反省な態度で更生意欲も認めらず、極刑以外は考えられない」などと述べ、死刑を求刑した。弁護側は、1件の逮捕監禁罪の共謀のみ起訴事実を認め、それ以外は無罪だとして、「懲役3年にとどまる」と主張した。
  • 2018年11月08日、殺人や逮捕監禁致死などの罪で起訴されていた、陳春根の判決公判が神戸地裁姫路支部で開かれ、裁判長は無期懲役の判決を下した。裁判長は、「金銭などで支配関係を築いた配下の者を都合よく利用した。自らは手を汚さず、発覚防止策も準備した。犯行は残虐かつ冷酷。命を軽視する姿勢が顕著で、人間の尊厳を顧みない犯行で刑事責任は極めて重く、計画性、執念深さは際立っているが、動機が利欲目的など最も悪質な部類ではない。更生は期待できないが、別の事件の判例と比べると、死刑を選択するのがやむを得ないとまでは言えない」などと述べた。
  • 遺体が見つかっていない2人については、前田巌さんの事件は「客観的状況から殺害したと考えられないこともない。遺体が発見されず死因も不明で、合理的疑いが残る。殺害現場とされる場所や関係先で、拳銃、薬莢、弾痕、血痕などが発見されておらず、証拠が不十分」などと述べ、生存の可能性も捨てきれないとして無罪を認定した。厳大光さんの事件は、兵庫県三木市にある倉庫で見つかった血痕のDNA型が厳さんと一致し、焼却炉から人骨のようなものも見つかったことから「常識に照らすと遺体が倉庫内で処分されたと考えて間違いない」として有罪と判断した。
  • 陳春根の裁判員裁判は、公判前整理手続きが72回行われ、最初の起訴から初公判まで6年以上かかった。裁判の公判は週4回のペースで行われることとなり、裁判員の候補となった501人のうち421人が辞退。初公判から1箇月の間に、裁判員に選ばれた6人のうち3人が辞任した。検察側と弁護側の双方があわせて120人以上の証人を法廷に呼ぶなど、初公判から判決まで207日、公判回数70回という、過去最長の裁判員裁判となった。
  • 陳春根は12の事件で起訴されて19の罪(殺人、逮捕監禁致死(2件)、逮捕監禁致傷、生命身体加害略取、強要、恐喝、有印私文書偽造・同行使など)に問われ、そのうち7事件の11罪が裁判員裁判で審理され、6事件の10罪が有罪となった。裁判員裁判の対象外である5事件の8罪でも起訴されており、別に審理が進められていて、2019年01月09日に判決が言い渡される予定。
  • 2019年03月15日、殺人や逮捕監禁致死などの罪で起訴されていた、上村隆の判決公判が神戸地裁姫路支部で開かれ、裁判長は死刑の判決を下した。これまでの公判で上村は3人の死亡や陳春根との共謀について否認していたが、「拳銃で殺害し遺体を焼却した」と上村から聞いたとする証言者の話などが決め手となり、3人の死亡は全て上村の犯行だと認定された。
  • 裁判長は3人全員の死亡について陳春根の関与も認定し、「『会社社長を拳銃で殺害する計画を打ち明けられた』とする関係者の証言の信用性は高い。上村は報酬目当てで陳の指示に従い、実行犯として重要かつ必要不可欠な役割だった。不合理な弁解を繰り返し、反省していない。各犯行の悪質性は際立っていて、更生の兆しも見られない。3人の人命が犠牲になった結果は重大。首謀者が他にいることをもって死刑を回避する理由にはならないし、死刑を回避すべき事情も見いだせない」などと述べた。
  • 上村隆の裁判員裁判は、裁判員の候補となった539人のうち449人が辞退。裁判員に選ばれた6人のうち2人が辞任した。初公判から判決まで166日で、裁判員裁判としては207日に及んだ陳の裁判に次いで過去2番目の長さとなった。同日に上村の弁護士は「我々の主張が認められず、再度、裁判所の判断を仰ぎたい」と述べ、即日控訴したことを明らかにした。
  • 2021年01月28日、陳春根の控訴審の判決公判が大阪高裁で開かれ、裁判長は無期懲役とした一審の神戸地裁姫路支部の判決を支持し、検察側と弁護側の双方の控訴を棄却した。裁判長は前田さんの事件について、「被害者の死因や死亡時期が不明で、衰弱などの結果で死亡した可能性を否定出来ず、被告が殺害したとは断定出来ないとした事実認定に誤りはない」などと述べた。
  • 2021年05月19日、上村隆の控訴審の判決公判が大阪高裁で開かれ、裁判長は死刑とした一審の神戸地裁姫路支部の判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。弁護側は「被告は従属的な関与だった。従属的だった被告の量刑が首謀者より重くなるのは不当」と主張していたが、裁判長は「別々に行われた裁判では証拠や事実認定が異なるため、不均衡だとは言えない。論理的、経験則に照らしても不合理なところは無い。強固な殺意が認められ、自らの意思で犯行に関与した。刑事責任は極めて重い。理不尽で冷酷な犯行態様で死刑はやむを得ない」などと述べた。
  • 前田巌さんの事件について、遺体が見つかっていないため証拠が乏しかったが、検察側は「上村から『陳の指示で前田さんを射殺し、報酬を受け取った』と打ち明けられた」という知人男性の証言を、有力な証拠としていた。検察側は両方の公判で知人男性の証人尋問を請求したが、陳の一審公判では、弁護側が「殺害を依頼したというのはまた聞きの話に過ぎない」として反対し、尋問が却下され証拠として採用されず、前田さんの事件については陳は無罪となった。上村の一審の公判では、前田さんを殺害したことを本人から直接聞いた話で信用が出来るとして、尋問が認められこの証言を根拠に有罪となった。