神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

カテゴリ: 任侠団体山口組

任侠団体山口組

※ この『任侠団体山口組系組員襲撃事件』と『牟田会会長と與組組長の乱闘事件』は別の事件でした。

2017年05月06日、任侠団体山口組の系列組員が神戸市中央区下山手通7の路上で襲撃されたという情報があった。組員は任侠団体山口組の関連施設の警戒のため車で巡回していたところ、別の車に煽られて暴行されたという。神戸山口組から分裂して新たに結成された任侠団体山口組は、さっそく系列組員が襲撃される事態となった。

2017年05月08日、この事件の関係先として神戸市兵庫区にある神戸山口組『四代目山健組』傘下『橋本会』の事務所に家宅捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

任侠団体山口組

※ この『牟田会会長と與組組長の乱闘事件』と『任侠団体山口組系組員襲撃事件』は別の事件でした。

2017年05月06日、任侠団体山口組『山健同志会』傘下『牟田会』会長と、神戸山口組『四代目山健組』本部長の傘下『與組』組長の2人が暴行の疑いで逮捕されたという情報があった。2人は2017年04月30日に偶然居合わせた飲食店で離脱について口論となり、乱闘に発展したとみられているようだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

oda2
神戸山口組を離脱して『任侠団体山口組』を結成した織田絆誠元神戸山口組若頭代行

2017年04月29日、神戸山口組が分裂するという衝撃的な情報があった。同日に四代目山健組の関連施設で神戸山口組の緊急集会が行われたが、神戸山口組若頭代行で四代目山健組副組長の織田絆誠ら数人の直参が欠席し、神戸山口組を脱退したという。織田絆誠は四代目山健組傘下の自身の派閥を含む約30団体を引き連れて離脱するとみられており、早ければ明日にも新組織を発足させる予定だという。

2015年08月末に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されてから約1年8箇月、13人だった直参は25人にまで増え、直参の離脱や引退はこれまで一度も無く、直系組長の数が減ることはなかった。六代目山口組の分裂~神戸山口組の結成で一番注目され、和解交渉を行ってきた織田絆誠を筆頭に直参数名が一気に離脱するということで、神戸山口組は結成して以来最大の危機を迎えている。

2017年04月30日、織田絆誠ら神戸山口組から離脱した団体の幹部が兵庫県尼崎市にある二代目古川組の本部に集まり、新組織『任俠団体山口組』を結成したとのことで、神戸山口組から離脱した新組織側が会合のあとの記者会見で新組織名を発表したとみられる。六代目山口組から分裂した神戸山口組がさらに分裂して任侠団体山口組が設立されるという、劇的な展開となった。続きを読む

↑このページのトップヘ