任侠山口組

2019年、任侠山口組総本部長補佐の『二代目姫野組』組長が、詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は暴力団であることを隠して銀行で口座を開設したというもので、口座は貸金業に使っていたとみられている。


スポンサーリンク


任侠山口組直系組長を起訴 口座不正開設の疑い 融資回収目的か
2019年3月20日 13時00分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20190320/k00/00m/040/071000c



このニュースのまとめ

  • 2019年、任侠山口組総本部長補佐で『二代目姫野組』組長の日高洋行(52)が、詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2013年02月に暴力団であることを隠して銀行で口座を開設し、通帳とキャッシュカードを騙し取った疑い。
  • 日高は風俗店経営者や賭博店経営者にお金を貸していて、知人の元組員に回収を依頼していた。元組員から計122万円が口座に振り込まれており、貸したお金の回収に口座を使っていたとみられる。
  • 2019年03月19日、詐欺の罪で起訴されていた日高洋行の初公判が大阪地裁で開かれ、日高は起訴内容を認め、「九州で知り合いの社長とかに金を貸していた。(通帳が)無ければ困ると思った」などと述べた。





スポンサーリンク