IMG_4054

2023年12月13日付で、絆會の本部事務所を使用禁止とする仮処分を、大阪地裁が決定した。

六代目山口組から分裂して結成された神戸山口組がさらに分裂して結成された絆會(旧・任侠山口組)は、結成当初は兵庫県尼崎市にある傘下事務所を本部としていたが、使用禁止となり民間業者に売却されたため、2023年07月に大阪府大阪市にある組事務所が本部と認定されていた。


スポンサーリンク


絆会本部事務所、使用禁止に 暴対法に基づき仮処分決定―大阪地裁
2023年12月21日14時34分

(時事通信) https://www.jiji.com/jc/article?k=2023122100523&g=soc

指定暴力団「絆会」大阪市・中央区の事務所に使用差し止めの仮処分命令 近隣住民の訴え受け大阪府暴追センターが申し立て
2023/12/21 17:42

(朝日放送) https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_23292.html


このニュースのまとめ

  • 2023年11月、大阪府暴力追放推進センターは大阪府大阪市中央区島之内1にある絆會の本部事務所について、近隣住民の委託を受け、暴力団対策法に基づいて使用の差し止めを求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。
  • 絆會(旧・任侠山口組)は、2015年08月に六代目山口組が分裂して結成された神戸山口組が、2017年04月にさらに分裂して結成された組織。神戸山口組の顔役となっていた織田絆誠をトップとし、神戸山口組の中核組織だった四代目山健組から約3割が参加し、他団体や引退していた元組員などを復帰させるなどして勢力を確保し、高い志を掲げて山口組の統一を目指していた。
  • 絆會本部事務所は結成当初、兵庫県尼崎市戸ノ内町3にある傘下組織だった四代目真鍋組の組事務所を使用し、2018年02月に兵庫県公安委員会が四代目真鍋組の本部を絆會の本部と認定。
  • 2018年06月に近隣住民の委託を受けた暴力団追放兵庫県民センターが、絆會の本部として認定されていた四代目真鍋組の組事務所の使用を禁止する仮処分を求めて神戸地裁に提訴し、09月に地裁が仮処分を決定して使用禁止となった。
  • その後、絆會の本部として認定されていた四代目真鍋組の組事務所は、2021年10月に民間業者に売却されて建物は解体されたが、警察庁のウェブサイトなどで主たる事務所として認定され続けていた。
  • 2023年07月、兵庫県公安委員会は絆會の本部事務所が、兵庫県尼崎市戸ノ内町3から大阪府大阪市中央区島之内1へ移転したと発表した。新たに絆會の本部と認定された建物は、絆會の織田絆誠会長が率いた組織の組事務所として使われていた建物だとみられる。
  • 仮処分が決定されると、この組事務所での定例会など会合の開催、組員の立ち入り、連絡員の駐在、紋章や表札の掲示などが禁止され、実質的に組事務所は使用禁止となる。
  • 2023年12月13日付で、大阪地裁は絆會の本部事務所について、使用を差し止める仮処分を決定し、21日に仮処分命令を出した。





使用禁止となった絆會の本部事務所


山口組三国志 織田絆誠という男 (講談社+α文庫)


 ⇒ 関連記事 



















スポンサーリンク