image

2017年09月21日、自民党の衆議院議員で総務大臣を務める野田聖子の夫が元暴力団員であると『週刊文春』が報じた。野田聖子の夫は会津小鉄会『昌山組』元幹部で、前科2犯の経歴があるという。


スポンサーリンク





野田聖子〈総務大臣〉 夫は元暴力団員〈会津小鉄会〉 “ファースト・ジェントルマン”候補の素顔
2017-09-21 05:00



(週刊文春WEB) http://shukan.bunshun.jp/articles/-/8593
(週刊文春デジタル) http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1336816










このニュースのまとめ

  • 2017年09月21日、自民党の衆議院議員の野田聖子総務大臣(57)の夫が元暴力団員であると、今週発売の週刊誌『週刊文春』が報じた。
  • 野田聖子は岐阜県議を経て1993年に衆議院議員に初当選し、岐阜1区を地盤に連続当選8回。これまでに郵政大臣、消費者担当大臣、自民党総務会長などを歴任し、現在は安倍内閣で総務大臣を務めていて、女性初の総理大臣も狙う大物政治家。
  • 野田聖子の夫の野田文信(50・旧姓:木村)は京都府に本部を置く会津小鉄会『昌山組』の幹部を務めた人物で、2000年に内紛抗争で昌山組が解散するとカタギになった。その後はIT企業の取締役、アダルトサイト会社経営、投資業、韓国料理店を経営するなど実業家となり、2007年頃に野田聖子と知り合い2011年に結婚。
  • 野田文信氏は1999年に車の交通違反で取り締まられた際、警察に実兄の免許証番号を伝えたとする私文書偽造の罪で逮捕され懲役1年。2005年にアダルトサイト会社を経営していた際、不特定多数にスパムメールを送り付けたとする有線電気通信法違反で逮捕され、50万円の罰金刑を受けていた。