【急展開】事件から9年  逮捕の“4つの根拠_とは?「餃子の王将」

餃子の王将を運営する王将フードサービスの大東隆行社長が、2013年12月に銃撃されて亡くなった事件で、警察は2022年10月27日、福岡県北九州市の独立組織『五代目工藤會』系幹部の逮捕状を取り、翌日に幹部を逮捕した。

現場付近の遺留品などの捜査で、以前からこの幹部の犯行が疑われていたが、これまで検挙には至っていなかった。事件は迷宮入りしたかに見えたが、事件から約9年の時を経て、ようやく初の逮捕者となった。


スポンサーリンク


「餃子の王将」社長射殺、工藤会系幹部に逮捕状 容疑で京都府警
2022年10月27日 23:40

(京都新聞) https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/907800

「餃子の王将」社長射殺で組員逮捕へ…たばこの吸い殻で新たな鑑定結果
2022/10/28 01:18

(読売新聞) https://www.yomiuri.co.jp/national/20221027-OYT1T50298/

【速報】「餃子の王将」社長射殺事件 暴力団「工藤会」系組幹部の男に逮捕状 京都府警
2022年10月28日 01:28



(関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/?id=02245

「王将」前社長殺害事件 工藤会系・組幹部の男に逮捕状
2022年10月28日(金) 05:48



(TBS) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/189455?display=1

【急展開】「餃子の王将」社長射殺 「工藤会」系組幹部に逮捕状…出店巡りトラブルか
2022/10/28 11:11



(テレビ朝日) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000273516.html

【解説】「餃子の王将」社長射殺事件 容疑者像や事件の構図は
2022年10月28日 13時21分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221028/k10013873501000.html

【速報】9年前の「餃子の王将」社長射殺事件 工藤会系幹部の田中幸雄容疑者を逮捕
2022年10月28日(金) 14:46



(TBS) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/189819?display=1

【解説】王将事件...『吸い殻DNA型一致』から逮捕までナゼ7年かかった?元刑事の小川泰平氏が"警察の捜査手法"を解説
2022/10/28 19:00



(毎日放送) https://www.mbs.jp/news/feature/kansai/article/2022/10/091582.shtml

王将事件の“背景”「容疑者は創業者の知人=A氏と関わりあった」ジャーナリスト指摘
2022/10/28 19:30



(毎日放送) https://www.mbs.jp/news/kansainews/20221028/GE00046558.shtml

【急展開】事件から9年  逮捕の“4つの根拠"とは?「餃子の王将」社長射殺事件 暴力団幹部を逮捕  過去の“不適切な取引”解消の取り組みは事件と関係?
2022年10月28日



(関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/feature/20221028-1/



このニュースのまとめ

  • 2013年12月19日早朝、京都府京都市山科区にある王将フードサービスの本社前で、社長の大東隆行さん(72)が心肺停止の状態で発見された。病院に搬送されたが、亡くなったことが確認された。
  • 大東さんは05時30分頃に自宅から車を自分で運転して出勤し、05時45分頃に本社の駐車場に車を止めて降りたところ、何者かが拳銃を発砲し、撃たれて亡くなったとみられている。大東さんは至近距離から銃弾を4発浴び、両胸や腹など、すべてが急所に命中していたという。
  • 王将フードサービスは中華料理チェーン店『餃子の王将』を経営する会社で、餃子の王将は全国で600店舗以上を展開し、中国にも出店していた。大東さんは餃子の王将の創業者である加藤朝雄初代社長の義弟で、2000年に四代目の社長に就任していた。
  • その後、犯人は逮捕されず、延べ26万人の捜査員が投入されたが捜査は難航。2015年12月、事件現場の付近で見つかった遺留品から検出されたDNA型が、福岡県北九州市の独立組織『五代目工藤會』系幹部のものと一致し、警察はこの幹部を別件で数回にわたって逮捕していたが、大東さんの事件の手掛かりは無かったという。
  • 王将フードサービスでは、2012年頃から反社会勢力との関係を調査する第三者委員会が内部調査をしており、2016年03月に王将の創業家と関係が深い人物が経営する企業グループと不適切な取引を繰り返していたとする報告書を発表した。不適切な取引は総額260億円にも上り、約209億円が流出し、そのうち約176億円は未回収だという。
  • この企業グループの経営者は、部落解放同盟の元トップだった上杉佐一郎の弟の上杉昌也さん。兄とともに王将の創業家と深い関りがあり、福岡でゴルフ場などを経営していたという。大東さんは未回収の残債を回収して取引を解消しようとしていたとされ、社内の対策が取締役会で報告された翌月に銃撃事件が起こっている。警察は2016年01月に上杉さんの関係会社を家宅捜索している。
  • 大東さん銃撃事件の背景には、上記の取引トラブルを解決して関係を切ろうとしたため狙われた、中国系マフィアとトラブルがあり狙われた、王将は社員にスパルタ教育をするブラック企業で、恨みを買っていたため狙われた、などの憶測が出ていた。
  • 2022年10月27日、警察は大東さんを銃撃した犯人として五代目工藤會『石田組』本部長の田中幸雄(56)の逮捕状を取った。現場付近に残されたタバコの吸い殻に付着したDNA型が一致したことや、現場からの逃走に使用されたとみられるバイクのハンドル部分に残った硝煙反応や、事件直前の足取りなどから容疑者として特定したという。
  • この幹部は、2003年にみかじめ料を渋るパチンコ店にトラックで突っ込み逮捕。2008年01月に福岡県福岡市博多区の路上で大手建設会社の社員が乗る車に向けて拳銃4発を発射したなどととして、2018年06月に逮捕され、2019年11月に銃刀法違反などの罪で懲役10年の判決を受けた。現在は福岡刑務所で服役している。
  • 2022年10月28日、五代目工藤會『石田組』本部長の田中幸雄(56)が、銃刀法違反などの疑いで逮捕された。警察の取り調べに対し田中は黙秘しているという。
  • 2022年10月29日、京都府警と福岡県警は、逮捕された田中幸雄の関係先など、計10箇所以上を家宅捜索し、王将と不適切な取引をしていた企業グループの元経営者である上杉昌也さん(78)への任意の事情聴取を行った。
  • 2022年11月02日までに、京都府警と福岡県警は、王将の創業者の長男の加藤潔さんらの自宅を家宅捜索し、加藤潔さんを任意で事情聴取した他、王将の元役員らからも任意で事情聴取した。



 ⇒ 関連記事 




スポンサーリンク