IMG_5118

2018年12月14日に開催されたとみられる、神戸山口組『太田興業』の納会の様子を撮影した、貴重な内部映像をネット上で見ることが出来る。太田興業は一度解散したが再結成され、現在は神戸山口組の有力な直系組織として活動している。

太田興業の太田守正組長は、1964年頃に三代目山口組『山健組』傘下『健竜会』に加入して山口組入り。初代~三代目の山健組で要職を歴任し、2005年04月に五代目山口組の直参に昇格。2008年10月頃に太田組長が六代目山口組から除籍されて引退、太田興業は解散した。

2015年08月末に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されると、太田組長は渡世に復帰し、2015年12月頃に太田興業を再結成。神戸山口組に加入し、太田組長は舎弟頭補佐に就任した。


スポンサーリンク








平成30年度 神戸山口組 太田興業 納会の儀は

黙祷
開式の辞
綱領宣言
組員代表挨拶
親分の御言葉
組指針発表
諸事報告
閉会の辞

の流れで行われた。



FullSizeRender


納会に先立ち、物故者のご冥福をお祈りし、勾留や服役している組員の社会復帰を祈願して黙祷。



IMG_5113


司会進行の山口若頭補佐から開式の辞が述べられる。



IMG_5115


新井若頭補佐が綱領宣言を先導。


綱領

神戸山口組は侠道精神に則り国家社会の興隆に貢献せんことを期す
依って組員は左の各項を体現することを要す

一、内を固むるに和親合一を最も尊ぶ
一、外は接するに愛念を持し信義を重んず
一、長幼の序を弁え礼に依って終始す
一、世に処するに己の節を守り譏を招かず
一、先人の経験を聞き人格の向上をはかる

以上 神戸山口組 太田興業



IMG_5117


組員を代表して綾川若頭が親分にご挨拶。


平成30年度、納会に際しまして、一言御挨拶させていただきます。

太田興業、再起結成早3年が過ぎ、世間では3つの山口組が存在していることで、色々と多難なる出来事が起こっておりますが、我々、太田興業組員に際しましては、皆様方の強い信念と意志の下、親分はもとより、組員の各々方のおかげを持ちまして、世間に太田興業の誇りと、侠道精神を伝えることが出来ていることを津々と感じる次第です。

ことわざにもあるように、石の上にも3年とは言いますが、言葉は易く、実行は容易いものではありません。これもひとえに親分の人徳があればこそ叶えられたことだと、日々感謝を忘れることの無いように、来年も親分にはお体を十分に配慮していただき、ますますのご健勝と皆様方のご清栄を祈願いたしまして、甚だ簡単ではございますが、組員代表の挨拶とさせていただきます。

平成30年12月14日、綾川三智雄。



IMG_5118


太田組長から組員にお言葉。


(途中から)私は、今の太田興業がみな和気あいあいで、もの凄い良い雰囲気で今日まで来ていると思います。

別に誰が謗りあうこと無く、他所のとこの組でもね、やっぱり大きくなっていくと派閥とか色んなんなるんですよね。

今の太田興業に関しては、今私が見る限りは、そういう事が一切無いし、みんな和気あいあいで、ほんまに私もありがたく思っております。

私も一所懸命がんばりますので、皆さんも宜しくお願いします。



IMG_5116


川口若頭補佐が平成31年度の組指針を発表。


平成31年度 神戸山口組 組指針

一心一意


心を一つにして、共に思い励むこと


平成31年度 太田興業 組指針

一念不動

何事にも左右されることが無いさま



IMG_5120


金岡本部長が諸事報告。

ここで太田興業の役職と構成員の人数が発表される。


最後に、閉会の辞を司会の山口若頭補佐が述べた後、中平若頭補佐が一本締めを行うところで、動画は終了する。



 ⇒ 関連記事 
神戸山口組舎弟頭補佐 太田興業『太田守正』組長の経歴