警察庁

2020年02月14日、大阪市内でガールズバーなどを経営する男性が、六代目山口組系組長に用心棒代を支払ったとして、大阪府公安委員会は六代目山口組系組長に利益供与を受けないよう、経営者には利益供与をしないよう勧告した。経営者はこれまでに1000万円以上の用心棒代を払っていたとみられている。


スポンサーリンク


「“モリ”お願いします」ガールズバー経営者、暴力団組長に『用心棒代』1千万円超
2020/02/14 16:11

(カンテン 関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/529f258b3cd54806bc94f323f3b13802.html

「用心棒代1000万超」山口組系組長に再発防止命令 大阪府公安委
2020.2.14 19:44

(産経ニュース) https://www.sankei.com/west/news/200214/wst2002140027-n1.html



このニュースのまとめ

  • 2020年02月14日、大阪市内でガールズバーなどを経営する男性が、六代目山口組系組長に用心棒代を支払ったとして、大阪府公安委員会は大阪府暴力団排除条例に基づき、経営者男性に(30代)に利益供与をしないよう、六代目山口組系組長(50代)には利益供与を受けないよう、それぞれ勧告した。
  • 経営者の男性は2012年06月頃、別の飲食店関係者の紹介で知り合った六代目山口組系組長に対し、「独立して店を出しますのでモリお願いします、月5万円でいいですか?」などと自ら用心棒を依頼していた。
  • 2016年には「7店舗目を出すので35万円でお願いします」と申し出たが、六代目山口組系組長は「これ以上(店舗が)増えても月30万円でいい」と言い、経営者はこれまでに計1000万円以上の用心棒代を支払ったとみられている。



 ⇒ 関連記事