Roku

2020年03月05日までに、大阪府公安委員会は大阪府にある飲食店の経営者に対し、暴力団と知りながら店で六代目山口組系幹部の放免祝いを行ったとして、暴力団に利益供与をしないよう指導した。放免祝いを主催した六代目山口組系幹部にも指導した。

放免祝いを主催した幹部は、六代目山口組と神戸山口組の分裂抗争で服役していたという。


スポンサーリンク


「もうカタギさんには迷惑かけません」…暴力団幹部を『放免祝い』で指導
2020/03/05 16:22

(カンテレ 関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/e9075c80e841491b9e7fc792cd4ff228.html

放免祝いがバレて警察に謝罪の弁…現代ヤクザの渡世事情
2020/03/08 06:00

(日刊ゲンダイDIGITAL) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/270105



このニュースのまとめ

  • 2019年07月、六代目山口組系幹部(40代)は刑務所から出所した自らの放免祝いを、大阪府にある居酒屋で開催した。
  • 2020年03月05日までに、大阪府公安委員会は大阪府暴力団排除条例に基づき、飲食店経営者の女性(70代)に対し、暴力団に利益供与をしないよう指導書を交付した。放免祝いを主催した六代目山口組系幹部も指導した。
  • 六代目山口組系幹部の妻が「出所の宴会をしたいので、店を貸し切りにしてほしい」と飲食店経営者に持ち掛け、経営者は断ったが、「迷惑はかけないので」と言われ、開催を押し切られたという。
  • この居酒屋の常連客は「この店はこんな人を入れているのか」と言い、それから来店しなくなった。六代目山口組系幹部は「もうカタギさんには迷惑をかけません」と話しているという。



 ⇒ 関連記事 











忘れな草
忘れな草 (著)沖田臥竜